呪術廻戦

呪術廻戦ネタバレ最新145話確定と感想!獄門疆解除法判明!偽夏油の本名が明らかに!

呪術廻戦 145話 最新話 ネタバレ 確定 考察 感想
Pocket

呪術廻戦ネタバレ145話の最新確定速報第三報が入りました!

こちらの記事では呪術廻戦145話のネタバレ確定速報をお送りしていきます!

前回の呪術廻戦144話で現れた天元がついに獄門疆などの秘密について語ります!

メロンパンこと偽夏油の本名も気になりますよね。

毎回新事実が明かされていく呪術廻戦最新話ですが、今回もページをめくる手が止まりません!

この記事は「呪術廻戦ネタバレ最新145話確定と感想!獄門疆解除法判明!偽夏油の本名が明らかに!」と題しまして、呪術廻戦最新145話のネタバレ確定速報をお届けしていきたいと思います!

これまでの呪術廻戦のネタバレを含んだ内容となりますのでご注意ください。

また、呪術廻戦最新145話のネタバレ確定速報は情報が入り次第随時更新して参ります!

是非チェックしてみてください!

ところで、最近では漫画村の代替のような無断アップロードしているサイトを多く見かけますが、違法で危険なサイトであるのはご存じですか?

以下に違法サイト名の一覧を載せておきますが、ウイルス感染などの恐れが非常に高いので絶対に利用しないでおきましょう!

もし、呪術廻戦の最新漫画を今すぐ無料で読みたい人は、公式アプリU-NEXTで読むことを強くお勧めします。

呪術廻戦 ネタバレ 速報 確定 最新話

なんと、U-NEXTでは無料お試し期間が31日間とどこよりも長いため呪術廻戦を存分に楽しむことができます。

さらに、無料期間中でも600円分のポイントがもらえますので、最新刊であろうが無料で読むことができ、しかもTVアニメだって見放題!

登録してすぐにポイントがもらえて、さらに漫画の最新刊が無料で読めるサービスはなかなかありません。

安心して無料で漫画が読めるU-NEXTの無料キャンペーンを利用して、あなたもこの良さをぜひ体感してみてくださいね。

呪術廻戦 ネタバレ 速報 確定 最新話

※カンタン登録だから1分ですぐ読める! 

 

呪術廻戦145話ネタバレ確定最新話速報!


早速!呪術廻戦145話ネタバレ確定超速報第三報が入りました!

タイトルは『裏』

  • 偽夏油の本名は『羂索(けんじゃく)』
  • 天元の老化は加速していた!
  • 偽夏油の企みは人類と天元の同化!
  • 天元と同化した人間は”新しい存在”
  • 呪霊操術の術式対象である天元!
  • 運命を変えたのは11年前の禪院甚爾!
  • 死滅回游は同化前の”慣らし”!
  • 脹相と九十九が天元の元に残る!
  • 獄門疆解放には『天逆鉾』『黒縄』どちらかが必要!

早速見ていきましょう!

※呪術廻戦【最新145話】発売日の最新情報は週刊少年ジャンプ公式ホームページ、または公式ツイッターにて告知がありますのでそちらをご確認ください。

 

呪術廻戦145話ネタバレ確定最新速報|偽夏油の本名は『羂索(けんじゃく)』

なんと呪術廻戦145話で偽夏油の本名が『羂索(けんじゃく)』と判明

突如背後に現れた天元に驚く一同に代わり、「私には挨拶なしかい?」と天元に声をかける九十九由貴。

初対面じゃないだろうと答える天元に対し、九十九は『何故薨星宮を閉じた』と尋ねます。

すると天元は「羂索(けんじゃく)に九十九が同調している事を警戒した」とさらっと偽夏油の本名を口にするのです!

名前に聞き覚えのない九十九はオウム返しで「羂索?」と疑問を投げかけます。

羂索とはかつての加茂憲倫、そして現在は夏油の肉体に宿る術師との事。

『慈悲の羂(けん)』に『救済の索(さく)』と書くこの名前を九十九は皮肉にもなってないと呆れました。

いきなりとんでもない事実が判明した呪術廻戦145話!

一体羂索とはどんな術師なのでしょうか。

きっとイケm(以下自粛)

 

呪術廻戦145話ネタバレ確定最新速報|天元の老化は加速していた!

星漿体と同化できなかった天元の老化は加速していた事がわかりました。

天元と九十九の会話を皆が聞いている中「天元様はなんでそんな感じなの?」と虎杖が口を挟みます。

虎杖の突然な天元への失礼な見た目いじり(笑)が発動するも、不死であって不老ではないから君も500年老いればこうなるよ、と優しく4つの眼で微笑み返す天元。

それに対し「マジでか」と軽く返す虎杖が凄いな…と思うのは私だけでしょうか(色んな意味で)

11年前に星漿体との同化に失敗してからというもの、老化は加速、個としての自我は消えて天地そのものが自我となったと語る天元。

天内理子が暗殺され、それでも安定している天元を感じ『新しい星漿体が生まれたか、もう1人いるか』と夏油に告げていた九十九ですが、どうやら違ったようです。

どうりで”声”が増えない訳だ、と九十九は呟きました。

星漿体と同化するとその分声が増えていくのでしょうか。

天元の声がアニメでどう表現されるのか気になる所です。

 

呪術廻戦145話ネタバレ確定最新速報|偽夏油の企みは人類と天元の同化!

偽夏油の中身『羂索』の企みとは、人類を進化させる為に天元と同化させる事だと呪術廻戦145話で明らかに!

伏黒と乙骨は羂索の目的と獄門疆解除の方法を聞きに来たと天元に告げ、知ってる事を話して貰えないかと頼みます。

対して天元は話す代わりに乙骨・九十九・呪胎九相図の内、2人は薨星宮に残り、天元の護衛をする事を条件だとしました。

「不死なんですよね」と護衛の必要性に疑問を感じる乙骨。

九十九も『護衛の期間も理由も明かさないのはフェアじゃない』と不満を述べます。

意に介せず羂索について語る天元は「あの子の目的は日本全土を対象とした人類への進化の強制だ」と断言。

それについて伏黒は、羂索が何故天元の結界を使い無為転変で日本の人間を全員術師にしなかったのか問いかけるのでした。

天元はそれは単に呪力不足であり、『うずまき』で精製した呪力は術師に還元できないので術式で1人ずつ進化を促すには余りに効率が悪いからだと答えます。

最後に「羂索が取る進化手段は人類と私との同化だ」と言い切るのでした。

呪術廻戦145話では偽夏油の中身、羂索の具体的な目的が天元によって明らかにされました。

 

呪術廻戦145話ネタバレ確定最新速報|天元と同化した人間は”新しい存在”

天元と同化した人間は”新しい存在”になると呪術廻戦145話で天元が語ります。

『同化は星漿体にしか出来ないハズだ』と話についていこうとする虎杖。

しかし11年前に進化を始めた天元は、今なら星漿体以外と同化できなくもないと言います。

そこまでずっと黙って話を聞いていた脹相は、1人しかいない天元がどうやって複数人と同化するんだと疑問を投げかけました。

それに対し目の前にいる自分ですら自分でなく、進化した自分は至る所にあると話す天元。

「天地そのものが私の自我なんだ」と天元は語り、同化した人間は術師という壁を超えそこにいてそこにいない新しい存在の形だと言い放ちました。

新しい存在の形…概念の様なものでしょうか。

なかなか話が難しくなってきました(^-^;

 

呪術廻戦145話ネタバレ確定最新速報|呪霊操術の術式対象である天元!

なんと呪術廻戦145話ではとんでもない事実、天元は呪霊操術の術式対象であるという事がわかりました!

天地そのものへと進化後、結界術があったから形と理性を保てているという天元。

しかし人類が進化してその内の1人でも暴走すると世界は終わりだと大変な事を言い出します!

「何故」と尋ねる九十九に対し、「個としての境界がないんだ 悪意の伝播は一瞬さ」と事も無げに答える天元。

そうなれば一億人分の穢れが世界に流れ出て、渋谷事変の時の東京の混乱が世界で再現されると言うのです。

何のためにと理由を問う虎杖に、天元は「さぁね」「私に人の心までは分からない」とやはり軽い調子で答えました。

「でもそれって天元様が同化を拒否すればいいだけじゃないっスか?」と真希は問います。

そこが問題なんだ、と前置きする天元。

進化を果たした今の天元は組成としては人間より呪霊に近く、自分は呪霊操術の術式対象だ、と告げました。

その一言に戦慄が走る一同。

「羂索の術師としての実力を考慮すると 接触した時点で取り込まれるかもしれない

だから本体は薨星宮で全てを拒絶している、と恐ろしい事実を天元は皆に語りました。

羂索は天元に次ぐ結界術の使い手で、薨星宮の封印もいつ解かれるかわからない…

だから全て話す代わりに護衛を、という事だったのです。

進化して取り込まれるんじゃ…本当にそれは進化なんでしょうか( ;∀;)

 

呪術廻戦145話ネタバレ確定最新速報|運命を変えたのは11年前の禪院甚爾!

天元の運命を変えたのはなんと11年前の禪院甚爾であると呪術廻戦145話で判明!

星漿体との同化を阻止し、天元を進化、そして呪霊操術で取り込み操る。

羂索は少なくとも千年は術師をやっているはずなのに…何故今なんだ!と九十九が吐き捨てる様に言いました。

九十九に向け『天元』『星漿体』『六眼』は全て因果で繋がっているという天元は、今までの経緯を語ります。

羂索は二度六眼の術師に敗れていて、しかも二度目は星漿体も六眼も生後一か月以内に殺したとの事。

それでも同化当日に星漿体と六眼は現れたと言います。

その後は羂索は六眼を封印する方針に変え、獄門疆を探すようになったとの事。

六眼持ちは同時に2人現れないので、封印してしまえば良いからです。

「だが11年前予期せぬ事が起こった 禪院甚爾の介入だ」

天与呪縛で呪力から脱却した甚爾が3つの因果を破壊、そしてその場には呪霊操術を持つ夏油もいて、偶然にも獄門疆以外のピースが揃った訳です。

さらに6年前には獄門疆も羂索の手に渡り、計画は完成。

なんという偶然…絶望的な経緯が呪術廻戦145話で判明してしまいました。

 

呪術廻戦145話ネタバレ確定最新速報|死滅回游は同化前の”慣らし”!

呪術廻戦145話でまた新たな事実、死滅回游は天元との同化前の”慣らし”である事がわかりました。

現時点では自分と星漿体以外が同化しても不完全なものとなるという天元。

  1. 泳者(プレイヤー)の呪力
  2. 結界(コロニー)
  3. 結界で結んだ境界

死滅回游はこの3つを使い日本の人間を彼岸へ渡す儀式だそうなのです。

しかしこれだけの儀式を行うには、羂索自体も”縛り”があるはずだと天元は言います。

その一つとして死滅回游の管理者は羂索ではないとの事。

という事は羂索を殺しても死滅回游は終わらず、泳者が全員死ぬ、もしくは全員が参加拒否して死ぬ、どちらかでしか死滅回游は終わらない事になります。

総則(ルール)にある『永続』は儀式を中断させない為の保険だ、と天元は言いました。

となると…と、乙骨は「死滅回游に参加して津美紀さんやゲームに消極的な人が死滅回游を抜けるルールを追加するしかない」と決意。

呪術廻戦145話では、死滅回游が天元と同化する為の儀式だとわかり、その為に虎杖達も死滅回游に参加する事となりました。

 

呪術廻戦145話ネタバレ確定最新速報|脹相と九十九が天元の元に残る!

天元は質問に答えるには誰かが天元の元に残り、護衛する事を条件としました。

脹相と九十九由貴が天元と共に残る事を承諾。

お蔭で虎杖達は情報を得る事が出来ました。

情報の詳細が待たれます!

 

呪術廻戦145話ネタバレ確定最新速報|獄門疆解放には『天逆鉾』『黒縄』どちらかが必要!

獄門疆解放の為には2つ有る内の1つのアイテムが必要と判明!

それは『天逆鉾』『黒縄』です。

  • 『天逆鉾(あまのさかほこ)』…あらゆる術式を強制解除
  • 『黒縄(こくじょう)』…あらゆる術式効果を乱し相殺する

このどちらかが獄門疆解除には必要だと天元は語ります。

しかし天逆鉾は11年前五条悟が海外出張の際に封印、もしくは破壊してしまい、黒縄も昨年五条悟が全て消してしまったとの事。

これには虎杖も伏黒も「何してんの!」とツッコまざるを得ませんでした(笑)

乙骨とミゲルは以前海外で黒縄を探しましたが無駄足になったそう。

以前の呪術廻戦で扉絵で海外とおぼしき場所に乙骨とミゲルがいましたが、獄門疆解放のアイテムを探していたんですね。

獄門疆解放にはアイテムが必要と判明した呪術廻戦145話。

新たな情報を得た虎杖達ですが、果たして鍵は見つかるのでしょうか…

>>呪術廻戦ネタバレ146話最新情報

呪術廻戦145話ネタバレの感想

呪術廻戦145話は人知を超えたなかなか難解なお話でしたね(^-^;

しかし11年前の天内理子の事件から全てが始まっていた、しかも甚爾がそのきっかけだったなんて…過去と現在が繋がった非常に衝撃的な回でした。

もし伏黒が『父親が禪院甚爾』と知ったら、どんな風に感じるかちょっと心配です(T_T)

そして、天元様のあのビジュアルは覆面じゃなかった事も非常に衝撃的でした←そこかよ

今後は『死滅回游編』になっていくと思いますが、今いる仲間は絶対に生き残ってほしい~ッ!と切望した呪術廻戦145話でした。

 

【最新145話】呪術廻戦ネタバレまとめ

『呪術廻戦ネタバレ最新145話確定と感想!獄門疆解除法判明!偽夏油の本名が明らかに!』と題し、最新話の呪術廻戦145話の内容をご紹介して参りました。

いかがでしたでしょうか?

ついに獄門疆解除について明らかになり、五条先生が解放される希望が見えてきました!

しかし肝心のカギはどこにあるのでしょうか…一難去ってまた一難とはこのことです(^-^;

なかなか本命(五条先生)には辿り着けませんが、まだまだ期待して希望に満ちた展開を待ちたいと思います!

『呪術廻戦ネタバレ最新145話確定と感想!獄門疆解除法判明!偽夏油の本名が明らかに!』以上ここまでとさせて頂きます。

今後の呪術廻戦もお楽しみに!