呪術廻戦

呪術廻戦ネタバレ144話確定と感想!天元がついに顕現!禪院真希の生存が確定!

呪術廻戦 144話 最新話 ネタバレ 確定 考察 感想
Pocket

呪術廻戦ネタバレ144話の最新確定速報第三報が入りました!

こちらの記事では呪術廻戦144話のネタバレ確定速報をお送りしていきます!

またまた怒涛の展開が繰り広げられる呪術廻戦144話!

呪術廻戦最新話の144話では、なんと呪術高専と世界の要とも言える天元が虎杖達の前に顕現する事がわかりました!(≧▽≦)ノ”

えっもう?とその登場に驚く方も多いかもしれません。

脹相も無事に現れ、ストーリー上でも重要な事を語ってくれます。

瀕死の状態だった禪院真希も生存確定し、今の詳細な姿が呪術廻戦144話で明らかに!

呪術廻戦最新話では毎回声が出る程驚かされるので、ぜひ心して最後までご覧ください(^_^)/

この記事は「呪術廻戦ネタバレ144話確定と感想!天元がついに顕現!禪院真希の生存が確定!」と題しまして、呪術廻戦最新144話のネタバレ確定速報をお届けしていきたいと思います!

これまでの呪術廻戦のネタバレを含んだ内容となりますのでご注意ください。

また、呪術廻戦最新144話のネタバレ確定速報は記事後半にてお送りし、情報が入り次第随時更新して参ります!

是非チェックしてみてください!

ところで、最近では漫画村の代替のような無断アップロードしているサイトを多く見かけますが、違法で危険なサイトであるのはご存じですか?

以下に違法サイト名の一覧を載せておきますが、ウイルス感染などの恐れが非常に高いので絶対に利用しないでおきましょう!

もし、呪術廻戦の最新漫画を今すぐ無料で読みたい人は、公式アプリU-NEXTで読むことを強くお勧めします。

呪術廻戦 ネタバレ 速報 確定 最新話

なんと、U-NEXTでは無料お試し期間が31日間とどこよりも長いため呪術廻戦を存分に楽しむことができます。

さらに、無料期間中でも600円分のポイントがもらえますので、最新刊であろうが無料で読むことができ、しかもTVアニメだって見放題!

登録してすぐにポイントがもらえて、さらに漫画の最新刊が無料で読めるサービスはなかなかありません。

安心して無料で漫画が読めるU-NEXTの無料キャンペーンを利用して、あなたもこの良さをぜひ体感してみてくださいね。

呪術廻戦 ネタバレ 速報 確定 最新話

※カンタン登録だから1分ですぐ読める! 

 

呪術廻戦144話ネタバレ最新話考察!

呪術廻戦最新144話ネタバレ考察に入るに当たって、まずは前話のおさらいから!

脹相との戦いに倒れた直哉の元に、虎杖を連れた乙骨が現れます。

激しく嘔吐する直哉は、出血量から脹相が受肉体である事に気付きますが、為す術がありません。

そこで乙骨は直哉に「上層部に虎杖が死んだと報告すれば助ける」と裏取引を提案します。

場面は変わり、虎杖の祖父が虎杖父のと言い争いしている回想シーンに。

祖父は「(香織は死んだのだから)あの女だけはやめておけ」と警告するのですが、赤ん坊の虎杖を抱えた仁は聞く耳を持ちません。

そこに偽夏油の様に額に傷痕のある女性が現れにこやかに祖父に話しかけるのでした!

このシーンには全読者が「えっ!」と声が出てしまったのではないでしょうか(;・∀・)<アナタダレ?

ハッと目を覚ます虎杖は、傍らでこちらを見つめる乙骨がいる状況に戸惑います。

それを見て「よかった~」と顔を崩して笑う乙骨…そう、以前の乙骨が戻ってきました!

以前海外に行った乙骨は五条悟に虎杖の面倒を見るよう言われていたので、処刑人のフリをしていたと説明する乙骨。

上層部を信頼させる為に虎杖を殺す「縛り」を設けた為、一度本当に殺しその瞬間に反転術式で回復させたのだと種明かしするのでした。

そこに伏黒が登場し、虎杖に助けを求めます。(←貴重な伏黒のデレが見られます)

偽夏油に呪術師にされた姉の津美紀が、『死滅回游』という死のゲームに巻き込まれたというのです。

『死滅回游』についての8つのルールが発表された所で呪術廻戦前話は終了となりました。

呪術廻戦前話で特に気になるポイントは以下の通りです!

  • 乙骨が味方として虎杖を救った
  • 直哉に乙骨が上層部を欺くよう持ち掛けた
  • 虎杖の母にも額に傷痕があった
  • 8つのルールがある『死滅回游』の開始

以上を中心に呪術廻戦144話について考察していきたいと思います!

 

【最新144話】呪術廻戦ネタバレ考察|脹相が虎杖を探しに行く?

呪術廻戦144話での脹相の今後の動きとは、『虎杖を探しに行く』ではないでしょうか。

前回の呪術廻戦で乙骨は味方だったと判明し、虎杖も無事生きていたことがわかりました。

乙骨が味方だったという事は、今の所虎杖の味方である脹相にとどめを刺すことはないと考察します。

倒れた脹相はもしかしたらそのまま放置されるかもしれません。

意識を取り戻した脹相は、当然虎杖がいない事に焦りを感じるでしょう。

弟がいなくなったとあれば、脹相は絶対に死に物狂いで虎杖を探し始めると断言できます。

だって脹相は虎杖の圧倒的お兄ちゃんだから!

呪術廻戦144話では脹相のお兄ちゃんっぷりをまた見られると期待します(≧▽≦)

もしかすると脹相もまた、虎杖を追いかけ死滅回游に参戦するかもしれませんね。

「お兄ちゃん」に命をかけている脹相、ぜひうちにも欲しいです(*^^*)

 

【最新144話】呪術廻戦ネタバレ考察|直哉が虎杖にとどめを刺す?

呪術廻戦144話では、ダウンしたかに見えた直哉が虎杖にとどめを刺そうとすると予想します!

直哉は脹相に痛手を喰らいダウン、いい所は乙骨に全て持っていかれたとあっては直哉の性格上プライドが許さないと考えて良いでしょう。

敵の多そうな直哉ですから禪院家当主として親類縁者に力を見せつける為にも、何かしらの手柄を立てたいはず。

せめて行方が分からなくなる前のこのタイミングで虎杖を攻撃、自分が殺した事にすれば対面が保てると考えるのではないでしょうか。

そこで復活したばかりの虎杖に力を振り絞って不意打ちで攻撃、とどめを刺そうとすると考察します!

ハッキリ言って卑怯以外の何物でもありませんが、追い詰められた状況、そして直哉の性格なら…正直やってもおかしくないですよね^^

傷付いた直哉が呪術廻戦144話でどう動くか注目です。

まあでも、直哉ならやりそうですがきっと乙骨パイセンに返り討ちに遭うと思います^^

そしてあっさり謝る→死滅回游参戦!の流れになる気がしますね。

 

【最新144話】呪術廻戦ネタバレ考察|九十九と乙骨は実は仲間?

呪術廻戦144話では、九十九と乙骨が水面下で協力していると予想します!

処刑人として登場した乙骨憂太はこれまでの呪術廻戦で実は味方だという事が判明しました。

また更に以前の呪術廻戦では九十九由貴は「ラルゥ」の動く時間を稼ぐ、と言っています。

ラルゥとは夏油が五条に殺される前、つまり加茂憲倫が乗っ取る前の夏油が集めた呪術師の中にいた一人です。

一方で乙骨は以前の扉絵でミゲルと海外らしき場所にいる描写がされていました。

乙骨は0巻で夏油と激しく対立していましたが、ラルゥもミゲルも夏油一派の呪術師です。

そのラルゥとミゲルがそれぞれ夏油と対立する九十九と乙骨と繋がりがある。

つまり、ラルゥやミゲルを通して九十九と乙骨も繋がっていると考えられるのではないでしょうか!

九十九と乙骨が水面下で協力体制を取っていれば、もしかしたら五条悟を解放できるかもという希望が見えてきます!

呪術廻戦144話では九十九と乙骨、そしてラルゥとミゲルの行動に期待です!

 

呪術廻戦144話ネタバレ確定最新話速報!

早速!呪術廻戦144話ネタバレ確定速報第三報が入りました!

タイトルは『あの場所』

  • 天元のビジュアルが明らかに!
  • 虎杖が乙骨に宿儺の殺害を依頼!
  • 九十九の案で薨星宮へ向かう!
  • 問題は薨星宮へ続く扉を”隠す”結界!
  • 釘崎野薔薇の死亡を察する虎杖!
  • 脹相が打開策を提案!
  • 禪院真紀の生存が確定!
  • 残りの呪胎九相図は薨星宮にある!
  • 薨星宮に残る”血痕”!
  • ”全知の術師”天元がついに現れる!

早速見ていきましょう!

※呪術廻戦【最新144話】発売日の最新情報は週刊少年ジャンプ公式ホームページ、または公式ツイッターにて告知がありますのでそちらをご確認ください。

 

呪術廻戦144話ネタバレ確定最新速報|天元のビジュアルが明らかに!

初めて天元のビジュアルが呪術廻戦144話で明らかになります!

これまで話の上で語られる事はあってもその姿は謎に包まれていた天元。

呪術廻戦144話のラストで初めて登場した天元は全身白づくめ、腕組みをして裸足で虎杖達の前に現れます。

首元まですっぽりと覆われた、袋状のその服はまるで飛行するムササビの様な…何とも形容しがたいファッション(笑)

肝心の顔ですが、円筒状の頭(覆面?)にたるんだ皮膚、そこに瞳のない四つの眼が配置されています。

鼻はなく、その下にばっくりと開いた口には、四角い歯がびっしりと生えている何とも面妖な姿…!

もちろん髪なんか生えておらず、長年生きた異形の者感がハンパありません。

……思ってたんと違う!(T_T)

筆者の中では天元は夏油の様なすらっとした姿に、五条先生の様な美しい銀髪で穏やかに微笑んでいたので…(勝手な妄想)

でもめっちゃ呪力量ありそうですし、ラスボス感がすごいです!←謎のフォロー

呪術廻戦144話では、初めて明らかになる天元のそのビジュアルを注視してください!

 

 

呪術廻戦144話ネタバレ確定最新速報|虎杖が乙骨に宿儺の殺害を依頼!

虎杖が乙骨に宿儺の殺害を依頼する事が呪術廻戦144話でわかりました!

呪術廻戦前話での伏黒とのやり取りに、祖父の『人を助けろ』という言葉を思い出す虎杖。

そして隣で話を聞いていた乙骨に「宿儺が伏黒で何か企んでる」と話しかけます。

渋谷で宿儺に肉体を乗っ取られたのは多分一度に指を10本も食わされたからだと虎杖は推察。

「後5本指食っても宿儺に乗っ取られないと思うけど、次宿儺に代わったら迷わず殺してくれ」と乙骨にお願いをします。

先輩なら出来ると思う、と全幅の信頼を寄せる虎杖。

それに乙骨は「死力(ベスト)を尽くすよ」と無表情のまま答えるのでした。

呪術廻戦144話で交わされるこの約束は、後々の呪術廻戦の伏線ともなりそうです。

 

呪術廻戦144話ネタバレ確定最新速報|九十九の案で薨星宮へ向かう!

呪術廻戦144話では天元に会う為、九十九の案で薨星宮(こうせいぐう)に向かう事が判明

以前の呪術廻戦では「味方という訳ではない」と話していた九十九。

最新話の呪術廻戦144話で実は伏黒に話をしていた事がわかりました。

高専に戻り、天元に獄門疆の封印の解き方、そして加茂憲倫の具体的な目的と今後の出方を聞きに行くと言う伏黒。

死滅回游は未曽有の呪術テロであり、事態を収拾する為にはこの2つの回答がマストだと伏黒は断言します。

そして、それに答えられるのは天元しかいないと言うのでした。

虎杖が「あの人…九十九さんは知らないかな」と尋ねると、伏黒は九十九とはもう話したがこれは九十九の案だと教えます。

九十九は今、上層部と関わりたくないから高専に潜伏していると続けて話す伏黒。

特級呪術師・九十九がとりあえず味方として伏黒と連絡を取っていたとわかる呪術廻戦144話。

同時に九十九が今、高専に潜伏している事も明らかになりました。

薨星宮に向かう、というのは呪術廻戦のストーリーの核心に近付いてきている気がしますね!

 

呪術廻戦144話ネタバレ確定最新速報|問題は薨星宮へ続く扉を”隠す”結界!

天元に会う為の問題、それは薨星宮へ続く扉を”隠す”結界であると呪術廻戦144話で言及されます。

それまで虎杖と伏黒の会話を黙って聞いていた乙骨。

ここで「問題は天元の”隠す”結界だ」と口を挟みます。

「シャッフルが繰り返される千以上の扉の内、1つだけが天元のいる薨星宮へ繋がっている」と、天元の結界について語る乙骨。

天元の結界とは『守護する』事よりも『隠す』事に特化しています。

シャッフルが繰り返される千の扉、とはそれだけの数の寺社仏閣の事。

数多存在する寺社仏閣の内、たった一つが呪物を保管する『忌庫』と『薨星宮』へと繋がっているという事です。

「それを引き当てなきゃ天元…様に会えねぇわけか」と思案する虎杖。

呼び捨てにしかけて慌てて敬称を付ける虎杖、ちょっとかわいいですね(*^^*)

闇雲にドアを開けて偶然を引き当てるのを待つ暇はありません。

呪術廻戦144話で出た妙案に思える九十九の案ですが、早くも壁に当たってしまいました。

天元に会う為には一体どうすればよいのでしょうか。

 

呪術廻戦144話ネタバレ確定最新速報|釘崎野薔薇の死亡を察する虎杖!

渋谷事変で左目が吹き飛んだ釘崎野薔薇が死亡していると虎杖が察するシーンが呪術廻戦144話で描かれます!

薨星宮へ向かうと話す伏黒に、「やっぱ今聞くわ」と言いにくそうに話しかける虎杖。

珍しく言い淀む虎杖に伏黒は不思議そうにします。

「釘崎はどうなった」と聞く虎杖に、返事をせず黙り込む伏黒……

虎杖はその様子に釘崎がダメだったと理解し、左こぶしを握り締め「そうか わかった…」と何とか絞り出すのでした。

呪術廻戦144話では釘崎が死亡したと受け取れる描写がされてしまいました(>_<)

野薔薇ちゃん、本当に死んでしまったんでしょうか…

彼女の鋭いツッコミが好きだったのですが(´;ω;`)ウゥゥ

 

呪術廻戦144話ネタバレ確定最新速報|脹相が打開策を提案!

呪術廻戦144話では無事だった脹相が薨星宮へ向かう問題への打開策を提案します!

伏黒の表情から釘崎の死を悟り、左手をぎゅっと握り締めたその時。

突然脹相が伏黒の真横にぬっと現れ(めっちゃ顔近い)、「その”隠す”結界とやら 何とかなるかもしれんぞ」と語り掛けます。

それには伏黒も驚いて後ずさり(笑)

なかなか見ものの表情です(^_^)/

そんな伏黒に構わず、脹相にどういう事かと尋ねる虎杖。

脹相はその問いに対し、『以前真人が宿儺の指と呪胎九相図を盗み出したのと同じ事をする』のだと提案します。

『同じ事』とはどういう事なのでしょうか。

呪術廻戦144話では脹相の無事もハッキリしましたね。

脹相のにわかファン(筆者)も床をローリングして喜びました!

お帰りお兄ちゃん!

 

呪術廻戦144話ネタバレ確定最新速報|禪院真希の生存が確定!

釘崎と対照的に、呪術廻戦144話では禪院真希の生存が確定します!

場面は変わり、鳥居が並ぶどこかの神社。

隠し床を開いた様な階段を下るとその先には扉があります。

虎杖達はその扉を開け中に進むと、そこは生活感のある部屋。

テレビなどの家財道具が揃い、ソファで九十九が寛いでいる所を見ると、恐らく潜伏していた部屋なのでしょう。

足を組んでにこやかにソファ座る九十九の傍らにはなんと、禪院真希の姿が!

「久しぶり…って訳でもねぇか」とぶっきらぼうに言う真希と、笑みを浮かべてひらひらと手を振る九十九。

驚いた乙骨は真希の名を呼んで駆け寄り「もう動いていいの?」と問いかけると、真希も「問題ねぇ」と答えます。

真希は右目に包帯をして髪はショートに、そして激しい火傷の跡が顔中(恐らく全身に)に残っている痛々しい姿。

それでも生存確定して登場してくれたのには真希ちゃんファンも嬉しいですね!(^_^)/

九十九によると、反転術式でも火傷の跡は残るとの事。

最後の最後は呪いの耐性ではなく生来の肉体の強度で真希は生き、直毘人は死亡に至ったのでした。

当主の事は残念だったねと語る九十九に対し「別に競ってたわけじゃないっスよ」と複雑な面持ちで話す真希。

真希は天与呪縛のフィジカルギフテッドのお蔭で生き残る事が出来ました。

辛い思いをしてきた天与呪縛のお蔭で助かるというのも皮肉なものですが…

呪術廻戦144話で確定した禪院真希の生存!

仲間が戻ってくるのは本当に嬉しいですね(T_T)

 

呪術廻戦144話ネタバレ確定最新速報|残りの呪胎九相図は薨星宮にある!

脹相・壊相・血塗以外の残りの呪胎九相図は薨星宮にあると判明する呪術廻戦144話!

自分の話に逸れてしまった事に「天元様の結界の話は」と伏黒に話しかける真希。

それは…と答えようとする伏黒に、脹相は伏黒の肩を叩きながら「俺から話そう」と語りだします。

扉から薨星宮へ向かう途中に呪具や呪物を保管する忌庫があると話す脹相。

そこに【膿爛相・青瘀相・噉相・散相・骨相・焼相】の残りの弟6人の亡骸があるというのです。

なんと呪術廻戦144話で呪胎九相図の残りがどこにあるのかも明らかになりました!

亡骸でも6人揃えば脹相の術式の副次的効果で気配は分かるはずと脹相は話します。

つまりそれを辿って薨星宮に向かうという事でしょう、「Good」と喜ぶ九十九。

真希はそれはいいとしてコイツは誰だ?と、突然現れて語る脹相が気になる様子です。

説明に困る虎杖達ですが、「とりあえず俺の兄貴ってことで…」と戸惑いつつ何とか説明する虎杖。

衝撃が走って目を見開く脹相。

「悠二―――!」と大絶叫する脹相に、行こう、と無視して虎杖は伏黒の背中に手を当て歩き始めるのでした。

お兄ちゃん!悠二に兄貴と呼ばれて良かったねえ良かったねえ(笑)

脹相は本当にお兄ちゃんである事が生きがい且つ喜びなんですね^^

 

呪術廻戦144話ネタバレ確定最新速報|薨星宮に残る”血痕”!

薨星宮に過去の死闘の”血痕”が残っていると呪術廻戦144話で描かれました。

虎杖達が向かった先の扉を指し「あれだ」と断言する脹相。

「間違いない この先に弟たちが眠っている」とハッキリと気配を感じている様子。

「開けるぞ」と念を押して扉を開けた虎杖が驚きの表情を浮かべます。

そこは部屋ではなく、枯れた無数の木が生えた森が広がっていました。

呆然とする虎杖に、「降りよう 奥に薨星宮へと続く昇降機があるんだ」と九十九は言います。

天内理子と夏油が以前の呪術廻戦でこの昇降機を使っていましたね!

九十九に促されるまま眼下の枯れ木の森へ降りた虎杖達は、さらに奥へ。

そこに現れる倉庫の前で虎杖が「脹相」と声をかけると、「わかってる」と返す脹相。

虎杖はシャッターに手をかけ脹相に後で迎えに来る、と声をかけます。

先へと進み昇降機で降りると、虎杖は床に血痕があるのを発見。

何かあったのかなと呟く虎杖に、11年も前の話さと返す九十九。

恐らく星漿隊である天内理子の事件を指しているのでしょう。

「今思えば全ての歪みはあの時始まったのかもしれない」と九十九は呟きます。

その脳裏に、呪霊をまとわせ剣を振るう甚爾の姿が浮かぶのでした。

そこで言葉を切る九十九に、乙骨や真希には何の事か理解できません。

『全ての歪み』―九十九の独り言に、呪術廻戦144話ではさらに謎が深まるのでした。

 

呪術廻戦144話ネタバレ確定最新速報|”全知の術師”天元がついに顕現!

ついに、呪術廻戦144話で”全知の術師”天元が虎杖達の前に顕現する事がわかりました!

『本殿はこの先だ』という九十九に、トンネルを進む虎杖達。

ようやくそのトンネルを抜けると、最終的に真っ白な何もない空間へと辿り着きます。

「クソッ」「なんもねぇ」「これが本殿?」と戸惑う虎杖達に「私たちを拒絶しているのさ」と冷静に呟く九十九。

天元は現に干渉しないが六眼を封印された今なら接触が可能と踏んだんだが、と九十九は説明します。

拒絶されているのは自分自身かと訝しみ、「見通しが甘かった」と話す九十九。

難しい表情の伏黒に、乙骨が戻ろうと提案したその瞬間。

「帰るのか?」と背後から誰かの声がします。

振り返る虎杖達の視線の先には、天元が立っていました!

「初めまして 禪院の子 道真の血 呪胎九相図そして 宿儺の器」と、虎杖達に声をかけた所で呪術廻戦144話は終了となりました。

これまで謎のベールに包まれていた天元が呪術廻戦144話でついに登場!

一体天元は何を語るのか…今後の展開が気になって仕方ありません!

>>呪術廻戦ネタバレ145話最新速報!

 

【最新144話】呪術廻戦ネタバレまとめ

『呪術廻戦ネタバレ144話確定と感想!天元がついに顕現!禪院真希の生存が確定!』と題し、最新話の呪術廻戦144話の内容をご紹介して参りました。

いかがでしたでしょうか?

呪術廻戦144話ではまた新たな情報が公開され、ファンも息つく暇がありませんね。

仲間が生きていると本当にほっとするので、真希ちゃんが生きていてくれて嬉しい限りです!

謎の多い高専の中枢とも言える天元が出てきた事で、呪術廻戦が着実にクライマックスに向かっているんだな~と実感しますね。

果たして天元は虎杖達に獄門疆の解除法を教えてくれるのでしょうか。

筆者が愛しの五条先生に会える日は果たして来るのでしょうか!(切実)

次号の呪術廻戦は休載、再開は19号という事ですので皆さん予習して待ちましょう^^

『呪術廻戦ネタバレ144話確定と感想!天元がついに顕現!禪院真希の生存が確定!』以上ここまでとさせて頂きます。

今後の呪術廻戦もお楽しみに!