呪術廻戦

呪術廻戦ネタバレ143話確定と感想!乙骨は味方!8つのルールを定めた”死滅回游”が始まる!

呪術廻戦 143話 最新話 ネタバレ 確定 考察 感想
Pocket

呪術廻戦ネタバレ143話の最新確定速報第二報が入りました!

こちらの記事では呪術廻戦143話のネタバレ確定速報をお送りしていきます!

ついに私達呪術廻戦ファンが待ちに待った展開の呪術廻戦最新143話!

乙骨のこれまでの振る舞い、その理由が呪術廻戦143話では語られます。

脹相に打ち倒された直哉のその後も気になる所ですよね。

呪術廻戦143話ではなんと伏黒恵も復活するという読み応えのある展開!

本当に呪術廻戦は心休まる暇がありませんね(≧▽≦)

この記事は「呪術廻戦ネタバレ143話確定と感想!乙骨は味方!8つのルールを定めた”死滅回游”が始まる!」と題しまして、呪術廻戦最新143話のネタバレ確定速報をお届けしていきたいと思います!

これまでの呪術廻戦のネタバレを含んだ内容となりますのでご注意ください。

また、呪術廻戦最新143話のネタバレ確定速報は記事後半にてお送りし、情報が入り次第随時更新して参ります!

是非チェックしてみてください!

ところで、最近では漫画村の代替のような無断アップロードしているサイトを多く見かけますが、違法で危険なサイトであるのはご存じですか?

以下に違法サイト名の一覧を載せておきますが、ウイルス感染などの恐れが非常に高いので絶対に利用しないでおきましょう!

もし、呪術廻戦の最新漫画を今すぐ無料で読みたい人は、公式アプリU-NEXTで読むことを強くお勧めします。

呪術廻戦 ネタバレ 速報 確定 最新話

なんと、U-NEXTでは無料お試し期間が31日間とどこよりも長いため呪術廻戦を存分に楽しむことができます。

さらに、無料期間中でも600円分のポイントがもらえますので、最新刊であろうが無料で読むことができ、しかもTVアニメだって見放題!

登録してすぐにポイントがもらえて、さらに漫画の最新刊が無料で読めるサービスはなかなかありません。

安心して無料で漫画が読めるU-NEXTの無料キャンペーンを利用して、あなたもこの良さをぜひ体感してみてくださいね。

呪術廻戦 ネタバレ 速報 確定 最新話

※カンタン登録だから1分ですぐ読める! 

 

Contents

呪術廻戦143話ネタバレ最新話考察!

呪術廻戦最新143話ネタバレ考察に入るに当たって、まずは前話のおさらいから!

『赤鱗躍動・載』によって身体能力を上げ直哉に対抗する脹相。

しかしカウンターを見越して動いていた直哉に刺され脹相は右脇腹から大量に出血してしまいます!

兄としての生き様を語る脹相と兄弟を嫌う直哉の対比が、呪術廻戦前話の2人の会話によりくっきりと浮かび上がりました。

脹相は自分から出た大量の血液を操り直哉に攻撃を仕掛けますが、直哉は術式の24fpsのトレースがあるから切り抜けられると考えます。

そこで脹相のオリジナル術式『超新星』が発動

直哉に大きなダメージを与える事に成功します。

ところが脹相の背後に突如乙骨が現れ、片手の一撃で脹相をダウンさせるのです!

乙骨のもう片方の手には虎杖を引きずっていました。

相変わらず無表情のまま、乙骨は直哉に「辛そうですね」と声をかけ呪術廻戦前話は終了。

脹相の必殺技で直哉を撃破し見えた希望が、また一瞬にして砕かれた呪術廻戦前話でした。

呪術廻戦前話で特に気になるポイントは以下の通りです!

  • 脹相が右脇腹から大量に出血
  • 直哉が脹相にダウンさせられた
  • 乙骨が意識のない虎杖を引きずっていた

以上を中心に呪術廻戦143話について考察していきたいと思います!

 

【最新143話】呪術廻戦ネタバレ考察|直哉は乙骨に倒される?

筆者は直哉は呪術廻戦143話で乙骨に倒されるのではないかと予想します!

呪術廻戦の京都校との交流試合辺りでは、海外に行った五条悟は乙骨に会いに行っていると漫道コバヤシで芥見先生が明言しています。

つまり乙骨が虎杖の処刑人というのは実はフェイクで本当は虎杖の味方なのではないでしょうか。

虎杖を刺した理由は定かではありませんが、きっと乙骨に何か考えがあっての事。

そしてもし乙骨が虎杖の味方であれば、伏黒恵や虎杖に危害を加えようとする直哉は邪魔な存在となります。

丁度良く、直哉は呪術廻戦前話で脹相に打ちのめされ弱っています。

呪術廻戦143話では乙骨があっさりと邪魔な直哉を倒す可能性があるのではないでしょうか。

性格はクズと言われている直哉ですが、筆者個人としては直哉好きなので居なくなると悲しいです…性格はクズですが。(大事なので2回言っておきます)

虎杖を引きずった乙骨の行動、そこに呪術廻戦143話は注目したいと思います!

直哉には出来れば虫の息でもイイから生きていて欲しい…直哉、頑張って逃げるんですよ。

 

【最新143話】呪術廻戦ネタバレ考察|虎杖は死亡する?

呪術廻戦143話では『虎杖は死亡する事はないと予想します!

以前の呪術廻戦では乙骨の刀により心臓辺りを一突きにされた虎杖。

虎杖の心臓がなくても宿儺は生きていける事は、以前の呪術廻戦で描かれていました。

しかし虎杖の命は伏黒恵への切り札として使う事が出来るため、少なくとも今はまだ宿儺も虎杖を生かしておきたいのではないでしょうか。

刺された箇所は宿儺が反転術式で治療し、虎杖は生存。

使えるカードはしっかりとっておきそうな宿儺なので、この展開は有り得ると思います。

宿儺が呪術廻戦143話でどう動くのか気になりますね。

 

【最新143話】呪術廻戦ネタバレ考察|乙骨の目的は宿儺討伐?

以前の呪術廻戦で『虎杖を殺す』と上層部にはっきりと言った乙骨ですが、真の目的は『宿儺だけを討伐』する事ではないでしょうか!

これまでの呪術廻戦で乙骨が虎杖を刺したのは、一撃で致命傷を与える事で宿儺を引きずり出す手段と考えます。

本誌の呪術廻戦に登場した乙骨は0巻の時とは違い、表情からして目的達成の為には慈悲もなく動いてしまいそうです。

しかし「ごめんね」と虎杖に言っている所を見ると、持って生まれた性格としてやはり乙骨は根は優しいのではないでしょうか。

上層部を騙しつつ、宿儺だけを排除して虎杖を生かす。

海外で経験を積んだはずの乙骨なら、何か方法があるのかもしれません。

五条悟が海外に行っていたのも乙骨と会っていたからと芥見先生が言っていたので、そこで何かしら策を練っている可能性もあるのではないでしょうか。

呪術廻戦143話では、乙骨の言動に注目です!

 

【最新143話】呪術廻戦ネタバレ考察|宿儺が乙骨に奇襲を仕掛ける?

意識のない虎杖に代わり、呪術廻戦143話では宿儺が乙骨に奇襲を仕掛ける展開を予想します!

呪術廻戦前話では、乙骨が虎杖のフードを持って引きずっていました。

後ろ姿しか描かれていませんでしたが、虎杖は明らかに意識のない状態に見えます。

しかしこれは宿儺の作戦で、死んだフリをしていると考察!

宿儺は乙骨が直哉と合流した時を見計らって、2人同時に攻撃を仕掛けようとしているのではないでしょうか。

すぐに乙骨だけ攻撃した場合、直哉は逃亡してしまう可能性があります。

そうなると応援を連れてくる、もしくは伏黒恵を殺しに行ってしまうかもしれないなど宿儺にとっても面倒な事になりかねません。

宿儺はそこで乙骨と直哉が揃うまで様子を伺っているのではないでしょうか。

呪術廻戦143話では宿儺の不意打ちの攻撃が逆転の希望となるかもしれませんね。

 

【最新143話】呪術廻戦ネタバレ考察|脹相は失血死する?

衝撃の展開が描かれた呪術廻戦前話でしたが、呪術廻戦143話で脹相は呪力不足で失血死する事はないと予想します!

脹相が直哉に刺され大量出血し、直哉に「死にかけ」とまで言われた呪術廻戦前話。

呪胎九相図は呪力を血液に変えられる特異体質なので、基本的に失血死はしません

しかし裏を返せば『呪力が無くなれば失血死する』という事で、それを予想している呪術廻戦ファンもいるのではないでしょうか。

直哉との戦いで深い傷を受けた上に脹相のオリジナル術式『超新星』でもかなりの呪力を使ったはず。

呪術廻戦前話の時点では確かに深い傷と呪力不足で失血死してもおかしくない状況ではあります。

ですが乙骨が引きずる虎杖を見た時、兄弟想いの脹相なら必ず怒りを発するはず。

いわゆる『火事場の馬鹿力』の様な力を発揮し、傷も回復するのではないでしょうか!

筆者の期待もだいぶ入った予想ですが、呪術廻戦143話での脹相の『お兄ちゃん力』に期待したい所です!

 

【最新143話】呪術廻戦ネタバレ考察|伏黒恵が領域展開で虎杖を助ける?

呪術廻戦最新143話では復活した伏黒恵が領域展開を発動し、窮地の虎杖を助けると予想!

虎杖はこれまでの呪術廻戦でついに処刑人乙骨と直接対峙、激しい戦いの末胸を刺されてしまいました。

現在は虎杖の生死すらわからない状態です。

そこで復活した伏黒恵の登場!

伏黒恵は気配を消し乙骨と虎杖の闘いを見ていて、秘かに攻撃の機会を伺っているのではないかと考察します。

そしてタイミングを見計らって領域展開『嵌合暗翳庭』を発動

領域内なら無限に術式を使える嵌合暗翳庭であれば、乙骨の『五条越えの呪力量』にも対抗できるのではないでしょうか!

或いは不意を突いた領域展開で出来る乙骨の一瞬の隙を狙い、体制を立て直す為虎杖を回収して逃亡!

呪術廻戦最新143話では、復活した伏黒恵の再登場に期待です!

 

【最新143話】呪術廻戦ネタバレ考察|乙骨憂太が上層部を裏切る?

これまでの呪術廻戦では味方で登場すると期待されていた乙骨憂太が、なんと虎杖の処刑人として本誌に現れ、読者を驚かせました。

「虎杖悠二は僕が殺します」と自ら率先して任務を受けたかに見える乙骨憂太。

これは上層部を信頼させる為の嘘で、呪術廻戦143話では密かに虎杖達の味方として動くと予想します!

上層部は乙骨憂太を呼び出した際に、呪霊をいくら倒しても信頼出来るという事にはならないと話していましたね。

与えられた任務を断るというのは乙骨の立場上難しいと思います。

という事はすぐに信頼させる態度を示さなくてはならなかったと考えて良いでしょう。

つまり乙骨憂太は表向き上層部の言う事を聞いたフリをして、裏では虎杖達の助けになるように動くのではないかと予想できます!

海外では乙骨憂太は夏油派のミゲルと共にいたという事ですが、この辺りにも伏線が詰まっていると考えられるのではないでしょうか。

虎杖を刺した事も実はフェイクで何かしらの策があるように思えてなりません。

呪術廻戦143話では乙骨憂太がどの様に動いていくのかに注目です!

 

呪術廻戦143話ネタバレ確定最新話速報!

早速!呪術廻戦143話ネタバレ確定速報第二報が入りました!

タイトルは『もう一回』

  • 乙骨が虎杖の味方と判明!
  • 直哉と乙骨の裏取引!
  • 虎杖の両親の名前が明らかに!
  • 母の額にも傷痕があった!
  • 乙骨は虎杖を殺した理由は『縛り』!
  • 反転術式で乙骨が虎杖を蘇生!
  • 虎杖の”自分の存在意義”への葛藤!
  • 伏黒恵が虎杖に助けを求める!
  • 偽夏油が”死滅回游”を開始!

早速見ていきましょう!

※呪術廻戦【最新143話】発売日の最新情報は週刊少年ジャンプ公式ホームページ、または公式ツイッターにて告知がありますのでそちらをご確認ください。

 

呪術廻戦143話ネタバレ確定最新速報|乙骨が虎杖の味方と判明!

乙骨は2重スパイで実は虎杖の味方であったと呪術廻戦143話で判明します!

以前『漫道コバヤシ』で芥見先生が「海外で五条悟は乙骨に会っている」と言った通り、五条悟は乙骨に話をしていました。

その内容は「自分に何かあったら高専1年2年の面倒を見て欲しい」という事です!

五条悟は『特に1年の虎杖悠二は憂太と同じで一度秘匿死刑が決まった身だから注意を払ってもらえると助かる』と虎杖に注目するよう伝えていました。

つまり乙骨は虎杖の味方

乙骨は上層部を欺く為に、気が進まないながらも悪役を演じなければならなかったのでした。

「何かって…女性関係ですか?」と聞く乙骨と「…憂太も冗談言うようになったんだね」と返す五条悟。

それにさらに『五条先生に「何か」って想像つかない』という乙骨。

ですよね!全人類がそう思ってました!

五条悟は「ちょっと嫌な予感がする」と言っていたので、今の現状を何かしら予感していたのかもしれません。

ファン待望の『乙骨は実は味方』の展開がついに来ましたね。

一気に現状打開と五条悟解放の希望が溢れた呪術廻戦143話です!

 

呪術廻戦143話ネタバレ確定最新速報|直哉と乙骨の裏取引!

直哉と乙骨の重要な裏取引が呪術廻戦143話で行われます。

それは『虎杖の死を上層部に報告する代わりに直哉の命を助ける』という内容です!

辛そうですねと声をかけた乙骨に「見下すなや」と睨み付ける直哉。

しかし直哉は突然吐き気を催し、嘔吐してしまいます。

混乱する直哉は「赤血操術にこんな効果が…?」と混乱しますが、術式効果ではなく出血量から脹相が人間ではないと気付くのです。

直哉は脹相が受肉体であり「人外の血が入ったから肉体がそれを拒絶した」と結論を出すのでした。

苦しむ直哉に「治しましょうか?」と声をかける乙骨。

そこで乙骨は直哉に『上層部に虎杖が死んだと嘘をつけば反転術式で治してやる』と提案するのです!

呪術廻戦143話ではストーリーの分岐点ともいえる乙骨の提案がなされました。

受けるかどうかで今後の呪術廻戦の展開が変わってきますね。

というか、死んじゃうと悲しいので直哉にはぜひ乙骨の提案を受けて欲しいです。

 

呪術廻戦143話ネタバレ確定最新速報|虎杖の両親の名前が明らかに!

虎杖が赤ちゃんの時の回想シーンが描かれる呪術廻戦143話では、両親の名前が判明します!

父親が「仁」、母親は「香織」です。

回想シーンでは虎杖の祖父が仁と言い争いをしていました。

祖父は仁に「どう生きようとオマエの勝手だ だがあの女だけはやめとけ 死ぬぞ」と警告します。

幼い頃の記憶は覚えているものだから悠二の前で変な事を言わないで欲しいと、愛おしそうにおくるみに包まれた赤ちゃんの虎杖を掲げる仁。

呪術廻戦143話で初めて虎杖の父親『仁』が登場しました。

虎杖出生の秘密の核心を突いてきた呪術廻戦143話に動悸が止まりません(^-^;

 

呪術廻戦143話ネタバレ確定最新速報|母の額にも傷痕があった!

初めて虎杖の両親について描かれた呪術廻戦143話ですが、なんと虎杖の母の額にも夏油のような傷痕があったと判明!

警告するも聞く耳を持たない仁に対し、さらに祖父は言葉を続けます。

仁が赤ちゃんを欲しがっているのも知っているし、香織とその願いが叶わなかったのも知っている。

しかし香織が死んだのは…と言いかけた所で「お義父さん」と声をかける女性が登場。

ほほ笑みながら何のお話ですか、と穏やかに話すその額には偽夏油の様な傷痕があったのです!

なんと虎杖の母親は死んでいる事が判明!

では額に傷のあるこの女性は一体…(;’∀’)

呪術廻戦143話では驚くべき新事実がたくさん明らかになり、筆者も混乱しています(;’∀’)

 

呪術廻戦143話ネタバレ確定最新速報|乙骨は虎杖を殺した理由は『縛り』!

乙骨が虎杖を殺した理由は上層部との『縛り』があった為と呪術廻戦143話で明らかになりました!

両親の記憶を見てハッと目覚めた虎杖は、傍らに乙骨が座っている事に気付きます。

「あれ?俺…」と乙骨を見て不思議そうにする虎杖。

その瞬間、「よかった~~~」とへなへなと脱力して乙骨が笑います。

戦闘時の無表情とは違い、以前の乙骨の笑顔がそこにはありました。

全く状況が掴めず『???』となる虎杖。

他に執行人を立てられたり虎杖の情報を絶たれるよりは、自分が執行人として立ち回る方がベストだと判断したと乙骨は虎杖に説明していきます。

総監部とは『執行人として認めてもらう代わりに虎杖を「殺す」縛りを結んだ』と真実を明かす乙骨。

呪術廻戦143話では執行人として現れた理由を乙骨が明らかにしました。

みんな~やっとみんなの乙骨憂太が帰ってきましたよ~!

強キャラの乙骨もいいですが、やはり人間らしい乙骨の方が彼らしいですよね(*^-^*)

 

呪術廻戦143話ネタバレ確定最新速報|反転術式で乙骨が虎杖を蘇生!

乙骨の反転術式で虎杖を殺した瞬間に蘇生させたと呪術廻戦143話でわかりました!

総監部と虎杖を殺す縛りを設けた乙骨。

「だから一度殺した 本当にごめんね」と乙骨らしく虎杖に謝ります。

じゃあなんで生きてんだと不思議がる虎杖に、心臓が止まると同時に反転術式で一気に治癒したと種明かしをする乙骨。

乙骨は以前虎杖の話を聞いていた事と、自分が正のエネルギーをそのままアウトプット出来る事を知っている人は少ないからいけると思ったと説明します。

ここまで手間をかけて自分を助ける理由を尋ねる虎杖に、困り顔で『自分が大切にしている人達が虎杖を大切にしているから』と語る乙骨。

自身の身の上を話し、虎杖が背負った力は虎杖の力ではないから悪くないと諭すのでした。

呪術廻戦143話では、乙骨が虎杖を殺し、そして蘇生したからくりについて明らかになりました。

 

呪術廻戦143話ネタバレ確定最新速報|虎杖の”自分の存在意義”への葛藤!

宿儺を取り込み、人を殺した虎杖が『自分の存在意義』について葛藤する姿が呪術廻戦143話で描かれました。

乙骨に諭されるも、俯いたまま虎杖は「そういう問題じゃなくって 俺は人を―」と話し始めた所に伏黒が現れ虎杖に声を掛けます

さっさと高専に行くぞとこともなげに言う伏黒に、今までを「なかった事にするな」と遮る虎杖。

虎杖と伏黒のやり取りを傍で見ていた乙骨は、虎杖の迷いを感じ取っていました。

自分は人を殺し、また自分のせいで大勢死んだと吐き捨てる様に叫ぶ虎杖。

『俺たちのせいだ』と伏黒はハッキリと言い返すのでした。

”呪術師を裁けるものは居ない、だから存在意義を示し続けなければならず、それは虎杖の行動原理だったはずだ”

そう虎杖に諭す伏黒。

虎杖の自分を責める気持ちを半分請負い、そして励ます男の熱い友情( ;∀;)

こういうの見ると「男の子っていいな~」と思います^^

呪術廻戦143話ではいつも前向きで明るい虎杖の、本音と葛藤が垣間見えました。

 

呪術廻戦143話ネタバレ確定最新速報|伏黒恵が虎杖に助けを求める!

呪術廻戦143話でついに伏黒恵が再登場し虎杖に助けを求めます

伏黒に諭されるも、自分が隣にいる限りずっと伏黒が苦しむことになると叫ぶ虎杖

そこで「まずは俺を助けろ」と真剣な表情で虎杖に助けを求めるのでした。

虎杖は思いもよらない伏黒の言葉に目を見開きます。

そして「オマエの力が必要だ」と虎杖に頼む伏黒。

恵ちゃんの命令からのデレがすごい(笑)

ついに全復活で再登場した伏黒恵

多くの伏黒恵ファンの歓声が聞こえそうな呪術廻戦143話になりました。

しかし伏黒のセリフからはひっ迫した状況が伺えます。

一難去ってまた一難、といった感じですね。

 

呪術廻戦143話ネタバレ確定最新速報|偽夏油が”死滅回游”を開始!

大量の呪霊を放った後の行動が不明だった偽夏油が、呪術廻戦143話ではついに死のゲーム『死滅回游』を開始します!

なんとそこに呪術師として目覚めた伏黒の姉、伏黒津美紀が参加する事に。

だから伏黒は虎杖に助けを求めたのでした。

『死滅回游』とは、『誰かを殺してポイントを得る』など正に”死のゲーム”に相応しいと言わざるを得ない8つのルールが設定されています。

『死滅回游』8つのルール

  1. プレイヤーは術式覚醒から19日以内に結界にて死滅回游の参加を誓う必要がある。
  2. 前項に違反したプレイヤーからは術式がはく奪される。
  3. 非プレイヤーは結界に侵入した時点でプレイヤーとなり、死滅回游参加の宣誓をしたものとみなされる。
  4. プレイヤーは他のプレイヤーの命を断つことでポイントを獲得する。
  5. ポイントとは管理者によって設定された生命の価値であり、呪術師は5点、非術師は1点とする。
  6. プレイヤーは管理者と交渉し自分に懸けられたポイントを除いて100ポイント消費でルールを追加できる。
  7. 管理者は死滅回游の永続に著しく障る場合を除き、前項によるルール追加を認めなければならない。
  8. 参加またはポイント獲得から19日以内にポイントの変動がない場合、そのプレイヤーから術式がはく奪される。

虎杖達は死のゲーム『死滅回游』から津美紀を無事救出できるのでしょうか。

8つのルールが詳しく発表された所で呪術廻戦143話は終了となりました。

>>呪術廻戦ネタバレ144話最新速報!

 

【最新143話】呪術廻戦ネタバレまとめ

『呪術廻戦ネタバレ143話確定と感想!乙骨は味方!8つのルールを定めた”死滅回游”が始まる!』と題し、最新話の呪術廻戦143話の内容をご紹介して参りました。

いかがでしたでしょうか?

最新の呪術廻戦143話では読んでて思わず声が出てしまう程驚いた方も多いかもしれません。

希望として語られていた『乙骨味方説』がついに呪術廻戦143話で現実のものとなり、筆者も嬉しい雄叫びを上げました(*’▽’)<ヨッシャァァァァ

これで獄門疆奪回、そして五条悟センセイの解放に向けて一歩前進したのではないでしょうか。

虎杖にも味方が増えて嬉しい限りです。

出生の秘密も呪術廻戦最新話で更に詳しく語られるとイイですね!

『呪術廻戦ネタバレ143話確定と感想!乙骨は味方!8つのルールを定めた”死滅回游”が始まる!』以上ここまでとさせて頂きます。

今後の呪術廻戦もお楽しみに!