呪術廻戦

呪術廻戦133話ネタバレ確定と感想!夏油が真人を吸収?!

呪術廻戦 133話 最新話 ネタバレ 確定 考察 感想
Pocket

前話の呪術廻戦では、ようやく長かった真人との戦いに決着がつきましたね!

これまで人を追い詰め弄ぶことしかしたことの無かった真人が、初めて追い詰められる立場となった姿が印象的でした。

しかしこの局面で現れたのが夏油!

物語はどう転んで行くのか?!

133話はかなり大きなターニングポイントになりそうですね!

この記事では「呪術廻戦133話ネタバレ確定最新話速報!夏油が真人を吸収?!」と題しまして、133話の展開を考察していきたいと思います!

この記事はネタバレを含んだ内容となりますのでご注意ください。

また、最新133話のネタバレ情報も入り次第この記事で追記して参ります。

是非チェックしてみてくださいね!

ところで、最近では漫画村の代替のような無断アップロードしているサイトを多く見かけますが、違法で危険なサイトであるのはご存じですか?

以下に違法サイト名の一覧を載せておきますが、ウイルス感染などの恐れが非常に高いので絶対に利用しないでおきましょう!

もし、呪術廻戦の最新漫画を今すぐ無料で読みたい人は、公式アプリU-NEXTで読むことを強くお勧めします。

呪術廻戦 ネタバレ 速報 確定 最新話なんと、U-NEXTでは無料お試し期間が31日間とどこよりも長いため呪術廻戦を存分に楽しむことができます。

さらに、無料期間中でも600円分のポイントがもらえますので、最新刊であろうが無料で読むことができ、しかもTVアニメだって見放題!

登録してすぐにポイントがもらえて、さらに漫画の最新刊が無料で読めるサービスはなかなかありません。

安心して無料で漫画が読めるU-NEXTの無料キャンペーンを利用して、あなたもこの良さをぜひ体感してみてくださいね。

呪術廻戦 ネタバレ 速報 確定 最新話

※カンタン登録だから1分ですぐ読める!

 

呪術廻戦133話ネタバレ最新話考察!


まずは前話のおさらいから!

互いに限界が近い状態で最後のトドメを狙います。

真人は虎杖の攻撃が当たる部分を出来る限り小さくして衝撃を抑え、カウンターで虎杖の首に黒閃を入れようとしました。

その思惑通り、真人はほとんどダメージを負わずに攻撃を繰り出しました。

しかし勝利を確信した次の瞬間、真人の身体が大きく仰け反ります。

拳が当たった後に入る二度目の衝撃、逕庭拳です。

虎杖は呪力の制御が出来るようになって以来失っていた逕庭拳を、脹相との戦いで取り戻していました。

真人は攻撃を外し、地上から東堂が声をかけます。

失った左手を掲げ、拍手とは魂の喝采だと言って不義遊戯を行おうとする東堂。

真人が入れ替えを警戒して振り返りますが、実際には何も起こりませんでした。

東堂は術式を失ってなお、虎杖を手助けするために真人に渾身のハッタリをかます!

虎杖はこのチャンスを逃さず、真人に最大出力の黒閃を叩き込み、真人は遍殺即霊体を保てないほどのダメージを負って地面に膝をつきます。

つづいて虎杖が真人に迫り、真人を殺すことに意味も理由もないと言います。

虎杖は自分が大きな何かの歯車となり、錆付くまで役割を果たすのだと言って真人に殺意を向けました。

真人は身を翻して虎杖から逃げ出します。

虎杖と真人の姿は、狩りをする狼とうさぎのようでした。

しかし虎杖が追いつくよりも先に真人の前に夏油が現れます。

真人が夏油の名前を呼んで見上げると、夏油は”助けてあげようか”と真人に微笑みかけました。

夏油の目的とは?冥冥はどうなった?虎杖と夏油はこのあとどうなる?五条奪還の行方は?

気になる今後を考察していきたいと思います!

 

【最新133話】呪術廻戦ネタバレ考察|夏油の目的とは?

命からがら逃げる真人の目の前に現れた夏油。

ただ真人のピンチを救うためでは無さそうです。

真人と夏油の関係は、五条封印という利害関係の一致によって手を結んだだけの一時的な同盟関係でした。

術師だけの世界を作ることを目的としている夏油。

この夏油は偽物ですので真の目的が他にある可能性もありますが、ひとまずこれを信じると最終的には真人と夏油は敵対するはずの相手です。

以前漏瑚を助けに言った花御を嘲るような発言もありましたので、ただ真人を助けに来ることは無いでしょう。

よって目的は一つ、夏油の術式を使って真人を取り込むためではないでしょうか?

真人そのものに価値はなくとも、術式には利用価値があります。

その価値とは、真人の術式には人間を改造して術師に作り変えることが出来るもの。

これを使えば夏油の目的はよりスムーズに達成されるでしょう。

本来皆殺しにするはずだった一般人を殺すことなく呪霊の生まれない世界にすることが出来ます。

夏油は元々真人が勝とうが負けようが、虎杖との戦闘の後はかなり消耗しているはずだと読んでいたのでしょう。

真人が弱体化したタイミングで乗っ取りを狙うところまでがこの渋谷事変の目的だった、という設定もあり得ます。

 

【最新133話】呪術廻戦ネタバレ考察|冥冥はどうなった?

前回の夏油登場時は、冥冥と会敵した所でした。

これから戦闘に入るというところで場面は途切れ、以降一切描かれていません。

冥冥は無事でいるのでしょうか?

夏油がここに無傷でいるということは冥冥は負けてしまった確率が高いでしょう。

生死は分かりませんが、夏油が無傷で現れたということはそれほど圧倒的な実力差で負けてしまったということかもしれません。

よって最も高い可能性としては、瀕死または死亡。

ただもう一つだけ別の可能性も考えられます。

夏油がいくら強いと言っても冥冥は一級呪術師です。

命懸けの戦闘を行って、怪我どころか夏油の袈裟一つ汚れていないという状態があり得るでしょうか?

冥冥は自他共に認める守銭奴であり、命は用益潜在力とさえ言い切る人です。

夏油に高専よりも用益潜在力がある、または夏油の目指す世界の方が自分にとって都合が良いと判断した場合、寝返る可能性があります。

同行していた弟の憂憂も命の価値は姉の利用価値に比例するという価値観の持ち主ですので当然冥冥に従うでしょう。

そのため、冥冥は場面を描かれることもなく圧倒的大差で敗北してしまった、または呪詛師側に寝返ったと予測します。

 

【最新133話】呪術廻戦ネタバレ考察|虎杖と夏油の今後は?

虎杖は真人に勝利したものの、もはや戦闘どころかまともに攻撃も受けられない状態です。

かと言って東堂の術式もない状況では、夏油に狙われては逃亡すら危うい様子。

そもそも夏油は虎杖・宿難をどう考えているのでしょうか?

生前の夏油の目的は術師だけの世界を作り、呪霊の生まれない社会を作ることでした。

夏油の昔の仲間が、偽物と分かった上で協力している所を見ると、ひとまずは夏油と同じ目的、または夏油の志が邪魔にならない目的、ということになると思います。

その場合は虎杖と宿難には利用価値があるので手を出さない可能性が高いでしょう。

また、下手に手出しをして宿難に出てこられても厄介なはずです。

とはいえもっとシンプルに逆恨みや世界の混乱を求める等、秩序抜きの理由で動いている場合は予測不能ですので、絶対に安全とは言い切れません。

その場合は京都勢による増援や、治療をうけた伏黒の助っ人などが見られるのではないでしょうか?

 

【最新133話】呪術廻戦ネタバレ考察|五条奪還の行方は

今回の渋谷事変の大きな出来事はこの真人戦を持って大体片付いたように思います。

夏油も姿を現しましたので、残るは真人の最後と五条奪還についてのみですね。

五条が敵の手に渡ると、五条のワガママで融通を効かせていた呪術師界の様々な事柄が一気に覆ります。

虎杖の死刑延期もその一つ。

虎杖たちとしては何としても五条を取られてはならないのですが、そもそも獄門彊が動かせるようになったかどうかがポイントになります。

五条が封印された副都心線ホームと虎杖たちのいる場所はそれほど距離は離れていません。

そもそも五条が封印後ここまで粘るというのも想定外のことで、本来は目的さえ達してしまえばさっさと退散する予定だったのではないでしょうか。

呪霊グループはほぼ壊滅しており、呪詛師グループも分裂、また宿難と漏瑚の戦いに巻き込まれて生死不明の状態。

夏油にはこのまま戦闘を続けるメリットはありません。

獄門彊が既に動かせるのであれば、既に夏油の懐には獄門彊があり、今は撤退前についでに真人を取り込んでおこうと出てきたことになります。

対して、まだ獄門彊が動かせないのであれば、真人の敗北によって虎杖及びその他呪術師が獄門彊の元に辿り着くリスクを恐れて対処しに来たことになります。

1つ目であれば五条を奪還することは極めて難しくなるでしょう。

増援が来たとしても、恐らく真人だけ取り込まれてさっさと逃げてしまいそう。

その場合物語が立ち行かなくなってしまうので、私は2つ目の説を推します。

2つ目の獄門彊が未だ動かせない場合、虎杖の危険は増しますが、五条奪還のチャンスは上がるでしょう!

夏油が虎杖に気を取られている内に京都勢か伏黒が獄門彊の元へ到着。

気付いた五条が抵抗をやめて移動可能になり、獄門彊を回収。

夏油がなんの見張りもなしに離れるとは考えにくいので、何かしらの呪霊はついていると思われます。

ポイントは夏油が戻る前に片付けられるかどうか。

その間虎杖の所にも救援が入り、夏油と戦闘する。

途中で夏油が獄門彊を奪われることに気付いて引き返すも、虎杖たちの足止めによって無事に帳の外へ獄門彊を運び出します。

これまで生死不明だった呪術師側のメンバーたちも集まってきたため、夏油はやむなく一時撤退。

五条は封印されたまま回収されるものの、夏油は逃してしまうという締めくくりを予想します。

 

【呪術廻戦133話】ネタバレ確定速報!

12月19日現在ネタバレ情報が入りましたのでお届けしていきます!

  • 真人戦の少し前の出来事
  • 虎杖の死刑
  • 冥冥の行方
  • 脹相の自問
  • 夏油と虎杖

 

呪術廻戦133話ネタバレ確定最新速報|真人戦の少し前の出来事

23時09分、五条が封印された東京メトロ渋谷駅B5階副都心線ホームに、東堂と新田が到着していました。

未だ一般人が五条の領域展開によって頭上を見上げて固まっています。

新田は周囲の人が生きているかどうかに気を取られていましたが、東堂は周囲ではなく床にできた穴を見ていました。

そこは獄門彊が留まっていた床です。

どうやら夏油傑は 既に獄門彊を持ち去ったようだな

その言葉に動揺する新田でしたが、指を鳴らして切り替えろと言う東堂。

この時点で戦いは五條悟を取り戻す戦いではなく、出来る限り敵戦力を削ぐ戦いに目的が変わる!

東堂は状況が変わったことを説明して新田を諌め、先を急ぎました。

急ごう虎杖(ブラザー)なら近くに来ているはずだ

新田はその言葉を聞いて東堂が本当の兄弟のことを言っていると勘違いします。

 

呪術廻戦133話ネタバレ確定最新速報|虎杖の死刑

23時28分渋谷ストリーム前では、パンダがゴリラモードとなって瓦礫の山のなかで日下部を探して走り回っていました。

日下部は瓦礫の下で刀を抱いて倒れていましたが無事なようです。

パンダが日下部を見つけて駆け寄ると日下部は虎杖について、話が違うとパンダを責めます。

パンダはあれば宿難で虎杖じゃないと説明しようとしますが日下部はそれを遮りました。

肉体の主導権は虎杖にあるはずでしたが、日下部の目の前に現れたのは宿難が虎杖を乗っ取った姿でした。

日下部はパンダに宣言します。

五条が消えて今後虎杖にどんな処分が下ろうと

俺がオマエらにつくことはない

日下部は虎杖の死刑に賛成するとはっきりと断言しました。

 

呪術廻戦133話ネタバレ確定最新速報|冥冥の行方

現地時間22時36分マレーシアクアラルンプール。

冥冥は日本を離れてマレーシアに飛んでいました。

ベッドで憂憂に添い寝しながらすまなかったねと憂憂を労っています。

このまま同じベッドで寝ようかと冥冥がからかい、姉の言葉に顔を赤くしてうろたえる憂憂。

二人がじゃれ合っているところに冥冥の携帯が鳴りました。

先に冥冥がかけた電話の相手からの折返しです。

マレーシアは夜ですが、電話の相手は時差があり、現在朝のようです。

今マレーシアにいることを相手に話す冥冥。

冥冥は殺されかけて、憂憂の術式を使って日本からマレーシアに逃亡したそうです。

更に冥冥は相手に日本の株と東京の不動産はすべて売り払ったほうがいいと忠告し、自分はすでに円建ての資産も替えたと伝えました。

五条奪還は不可能と考えて、いち早く経済への打撃から資産を保護する方向に動いている冥冥。

 

呪術廻戦133話ネタバレ確定最新速報|脹相の自問

23時28分、場所は再び日本に戻り、田園都市線のホームへ。

脹相は壁に寄りかかりながら膝を抱いて座り込み、虚空をしばらく見つめ、行かなければ、と言って虚ろな顔つきのまま腰を上げます。

虎杖悠二 オマエは何者だ

知らなければ 俺は何だ?

虎杖との存在しない記憶に未だに混乱している様子。

 

呪術廻戦133話ネタバレ確定最新速報|夏油と虎杖

23時36分、渋谷警察署宇多川交番跡、132話の最後に場面が移ります。

助けてあげようかと夏油が真人に言いました。

真人が夏油の名前を呼ぶのを聞いて虎杖が反応します。

袈裟に額の傷、夏油という名前、その男がここにいるということは獄門彊が動かせるようになったということです。

それを悟って虎杖は夏油を睨み、返せと言いました。

標的を真人から夏油に切り替えて突っ込んでいく虎杖。

五条先生を返せと叫びながら走る虎杖をよそに夏油は余裕の笑みを浮かべます。

鯰が地震と結び付けられ 怪異として語られたのは江戸時代

地中の大鯰が動くことで地震が起こると信じられていたんだ

夏油がそう言って左手から鯰を出すと、その瞬間虎杖は何かに押し付けられるように地面に叩きつけられ、地面に大きく穴が空きました。

何が起こったかわからない虎杖に対し、夏油は君が勝手にひっくり返っただけだと言います。

夏油はそのまま呪霊操術について語り出しました。

呪霊操術の強みは手数の多さにあり、準一級異様の呪霊を複数使役して、術式を攻略されてもまた新しい呪霊を放てばいい。

攻略の間を与えずに畳み掛けてもいい、と言って今度は虎杖の身体にムカデのようなものが巻き付きます。

これを力づくで払いのけようとしますが、再び鯰の呪術で地面に叩きつけられました。

去年の百鬼夜行でも新宿と京都に戦力を分散させなければ勝っていたのは乙骨でなく彼だっただろう、と夏油は余裕の表情で虎杖に話し続けます。

…返せ!!

血まみれになっても夏油を睨みつけ叫ぶ虎杖を見下ろして、夏油はタフだねと感心します。

その間に真人が夏油に触れようとしますが、あっさりと躱されてしまいました。

真人は夏油に向かって言います。

知ってたさ だって俺は オマエらから生まれたんだから

その言葉を最後に真人は夏油によって黒い玉に変えられてしまいました。

続けようか これからの世界の話を

夏油が球体の真人を手に持って不吉に笑う夏油。

ここで133話は終了です。

今回はいろんなキャラクターに視点が移ったことで渋谷事変の全容が見えてきたように思います。

生死不明のキャラクターの安否がわかり安心した所もありましたが、いよいよ五条の奪還も難しくなり、虎杖の命さえ危うい状況です。

大きくストーリーが動いた133話、今後の展開から目が離せません!

次回の呪術廻戦もお楽しみに!

≫呪術廻戦134話ネタバレ

 

【最新133話】呪術廻戦ネタバレまとめ


最新133話についてネタバレを元に考察して参りました。

瀕死の真人の元に突然現れた夏油。

彼の目的は、戦闘で疲弊した真人を取り込むためだと考えます。

真人の能力は一般人にも呪力を使えるように改造することが出来るので、夏油が術師のみの世界を求めているのであれば非常に利用価値の高いものです。

もしかすると最初から夏油の狙い通りで、真人の回収は渋谷事変の第二の目的だったのかもしれません。

前回夏油が登場した際は冥冥と戦闘を開始する所でした。

順当に考えれば描かれることすら無く冥冥が夏油に敗北したと考えるのが妥当でしょう。

ただし、夏油に怪我どころか汚れ一つ無い所を見ると、冥冥が呪詛師側に寝返った可能性もあります。

夏油が高専や五条以上に冥冥に報酬を払った、または夏油の目的が冥冥にとって都合が良かった場合、呪詛師への寝返りもあり得ると思います。

さて、この後虎杖は夏油と戦闘になるのでしょうか。

既に満身創痍な虎杖と東堂がこれ以上夏油とやり合うのはリスクが高すぎます。

また、夏油にとっても虎杖の生命の危機に宿難が出てくると厄介ですので、恐らく手を出さないと思います。

ただし、何らかの理由で夏油が虎杖を狙う場合は救援が入ると思います。

可能性としては京都校か治療を終えた伏黒辺りでしょう。

渋谷事変もそろそろ終わりに差し掛かって来た頃と思われますが、果たして最大の目的である五条奪還は叶うのでしょうか。

これは、現在獄門彊が動かせる状態にあるかどうかがポイントになります。

もし既に獄門彊が動かせる状態なら、五条は夏油の懐の中です。

その場合は五条を奪還することは極めて難しくなります。

ですが仮に五条がまだ抵抗を続けているのであれば、僅かに希望が見えてきます。

夏油が離れている隙に京都校が渋谷に到着、または伏黒の治療が完了、二手に別れて五条の奪還に挑みます。

もう一方は虎杖の救援に。

夏油が気付いて防ごうとするのを虎杖たちが止めて五条を奪還。

他の呪術師も集まってきたのを見て夏油撤退、という流れになると予想します。

さて、「呪術廻戦133話ネタバレ確定最新話速報!夏油が真人を吸収?!」と題して最新133話について考察してみました。

いかがでしたでしょうか?

未だ謎の多い夏油、その目的が明らかになるのでしょうか?

真人は吸収されてしまうのか?虎杖、五条の運命の行方は?!

今から133話のネタバレが待ち遠しいですね!

情報が入り次第ネタバレ最新速報にどんどん追加してまいります。

楽しみにお待ちください!