呪術廻戦

呪術廻戦134話ネタバレ確定と感想!夏油が呪霊操術で虎杖を狙う!?

呪術廻戦 134話 最新話 ネタバレ 確定 考察 感想
Pocket

呪術廻戦134話ネタバレ確定と感想!夏油が虎杖を狙う!?

前話の呪術廻戦では、真人を追い詰めた虎杖が、突然現れた偽夏油により再びピンチに!

獄門彊も既に動かせるようになっており、現在は偽夏油が所持しているようです。

日下部・パンダ、冥冥・憂憂の生存が確認できたのは朗報でしたが、今後の不穏な流れを感じさせる伏線も…

更にせっかく倒した真人も黒い玉に変えられてしまいます。

さすが呪術廻戦、そう簡単に事態を解決させる気はないようです。

このまま真人を奪われてしまうのか?五条奪還は本当に不可能?虎杖の安否は?

この記事では「呪術廻戦134話ネタバレ確定と感想!夏油が呪霊操術で虎杖を狙う!?」と題しまして、134話の展開を考察していきたいと思います!

ネタバレを含んだ内容となりますのでご注意ください。

また、最新134話のネタバレ情報も入り次第追記して参ります!

是非チェックしてみてくださいね!

ところで、最近では漫画村の代替のような無断アップロードしているサイトを多く見かけますが、違法で危険なサイトであるのはご存じですか?

以下に違法サイト名の一覧を載せておきますが、ウイルス感染などの恐れが非常に高いので絶対に利用しないでおきましょう!

もし、呪術廻戦の最新漫画を今すぐ無料で読みたい人は、公式アプリU-NEXTで読むことを強くお勧めします。

呪術廻戦 ネタバレ 速報 確定 最新話なんと、U-NEXTでは無料お試し期間が31日間とどこよりも長いため呪術廻戦を存分に楽しむことができます。

さらに、無料期間中でも600円分のポイントがもらえますので、最新刊であろうが無料で読むことができ、しかもTVアニメだって見放題!

登録してすぐにポイントがもらえて、さらに漫画の最新刊が無料で読めるサービスはなかなかありません。

安心して無料で漫画が読めるU-NEXTの無料キャンペーンを利用して、あなたもこの良さをぜひ体感してみてくださいね。

呪術廻戦 ネタバレ 速報 確定 最新話

※カンタン登録だから1分ですぐ読める!

 

呪術廻戦134話ネタバレ最新話考察!

まずは前話のおさらいから!

時間は少し戻り、東堂と新田が渋谷についた所から始まります。

東堂は先に副都心線ホームに五条を取り返しに来ていました。

しかしそこに獄門彊は既にありません。

五条は偽夏油の手にあると判断し、すぐに奪還ではなく味方の救助と敵の戦力を削ぐことに目的を切り替える東堂。

新田を連れて虎杖の元に急ぎます。

日下部とパンダのその後も描かれました。

二人とも大きな怪我はないようです。

パンダが瓦礫の下敷きになっている日下部を助けに駆け寄りました。

すると日下部は虎杖について、話が違うと苦言を呈します。

本来虎杖は宿難を制御できることを前提として死刑までに猶予を与えられていました。

しかし日下部が見たものは、宿難に身体を乗っ取られた虎杖です。

説得しようとするパンダを遮り、日下部は虎杖の死刑に賛成するとはっきり断言しました。

再び場面が変わり、今度は偽夏油と戦っていたはずの冥冥に切り替わります。

冥冥と憂憂はマレーシアに飛んでいました。

二人とも怪我をした様子もなく、のんびりと寛いでいます。

誰かから冥冥に電話が入り、その内容によると二人は夏油との戦いに破れて、命を落とす前に憂憂の能力でここまで逃げてきたようです。

冥冥は既に五条は取り戻せないものと考え、経済への打撃から自分の資産が被害に及ばないよう国外にお金を動かしていました。

次に描かれたのは脹相のその後です。

虎杖との戦闘中、存在しない記憶によってパニックに陥り逃走して以降行方が分かっていませんでした。

脹相は田園都市線のホームでまだ混乱から抜け出せずに膝を抱いて座り込んでいます。

虎杖は何者か、自分は何者かを見失い自問を続けながら、その答えを求めてフラフラと立ち上がり歩き出しました。

そしていよいよ前話の続きです。

偽夏油が真人に助けを申し出た所でした。

虎杖は真人が偽夏油の名前を呼ぶのを聞き、特徴を見て目の前にいるのが五條悟を封印した黒幕だと気付きました。

そしてその男が目の前にいるということは獄門彊はもう動かせる状態で、所持しているはず。

そう答えを導き出した虎杖の標的は真人から偽夏油に切り替わりました。

虎杖は五条先生を返せと言いながら偽夏油に向かって走り出しますが、偽夏油は余裕の表情で地震の呪霊を使って攻撃をします。

地面に大きな穴が開き、虎杖が一瞬落ちたかと思うと穴は消えて地面に身体が叩きつけられる。

何が起こったかを把握する前に今度はムカデのようなものが何匹も巻き付き、なんとか力でそれを引きちぎるも、再び地面の穴が虎杖を襲いました。

ただでさえ真人との戦闘に傷ついていた虎杖の身体は血まみれで地面に這いつくばり、それでもまだ偽夏油に返せと訴えます。

我ながら流石と言うべきか、宿難の器タフだね

偽夏油は虎杖を見て感心したように言いました。

その隙に真人が偽夏油に襲いかかろうとしましたが、すぐに躱されます。

知ってたさ だって俺は人間(オマエら)から生まれたんだから

真人はその言葉を最後に偽夏油に手の平大の黒い玉に変えられてしまいました。

偽夏油が玉を手に持ち、これからの世界の話を続けようと言ったところで前話は終了。

この時の最後の煽りは「終わる事変、変わる世界ーーー!」でした。

ついに渋谷事変の締めくくりになります。

味方の安否が判明した部分は朗報でしたね!

ただそれ以上に無数の伏線が散りばめられた重要な回だったように思います。

この伏線を読み解きながら、渋谷事変の結末を予想していきましょう!

 

【最新134話】呪術廻戦ネタバレ考察|真人の自我はどうなる?

真人は偽夏油によって黒い玉に変えられてしまいました。

恐らくあれが偽夏油が呪霊を飲み込む際の形状なのでしょう。

あの状態で真人の自我は残るのでしょうか?

現在の偽夏油の扱う呪霊には真人ほど言葉を操り、自我がはっきりしたものはありません。

そのため確証はありませんが、恐らく真人の自我は消えるか、偽夏油に影響が無いほど小さくなってしまうと考えられます。

理由は前話で真人が見せた行動です。

真人は偽夏油が虎杖に攻撃を加える間に攻撃をしようと狙いました。

失敗に終わりましたが無為転変を行おうとしていたのだと思います。

加えて避けられた時のセリフです。

知ってたさ だって俺は人間(オマエら)から生まれたんだから

この知っていたこととは何でしょうか。

真人は人間が人間を恐れる心から生まれた呪いです。

その真人だから知っていたことと言えば、人間の恐ろしさに起因する物事ということになります。

人の恐ろしさといえば、裏切り、企み、冷酷さや貪欲さ等…。

そこから真人が知っていたと言うなら、やはり偽夏油の裏切りのことだと思います。

始めから偽夏油が自分を吸収する所まで計画していたことを真人は知っていた。

だから今虎杖がやられたからと言って自分が助かる訳では無い。

むしろ確実に自分の終わりが見えており、偽夏油を攻撃するより他に手段が無かったのだと思います。

それすらあっさりと避けられて、本当に出来ることが無くなった時に出たこのセリフは、自分は騙されたわけではない、という人への恐怖から生まれた呪いとしての最後のプライドだったのかもしれません。

そこまで真人が捨て身になったということが、飲み込まれたら最後、もう真人が真人として残ることは無いという証だと思います。

 

【最新134話】呪術廻戦ネタバレ考察|夏油の言葉の意味とは?

我ながら流石と言うべきか、宿難の器タフだね

偽夏油が前話でボロボロになりながらもまだ意識のある虎杖にかけた言葉です。

この言葉はかなり不可解ですよね。

我ながらという言葉はどこにかかっているのでしょうか?

ここまで虎杖に攻撃をして来たのですから、自分の攻撃力に我ながら流石と褒めるのでは後ろの言葉と辻褄が合いません。

そのまま考えるなら、虎杖の身体がタフなことに自賛しているということになります。

これまで虎杖の異常な身体能力や身体の頑丈さは生まれつきということで受け入れられてきました。

しかしここに来て、生まれつきなどではなく、偽夏油の手によって虎杖の身体が丈夫にされたという可能性が出てきたのです。

そうなると物語の始まりからすべてが覆ります。

虎杖はたまたま宿難の器となったのではなく、偽夏油によって宿難の器にするために用意されていた。

とすると虎杖の物心つく前から偽夏油の手が入っていた事になります。

全て偽夏油の計画通りに進んでいるのなら、虎杖の学校に宿難の指が置かれていた事も偶然では無かったのかもしれません。

偽夏油の目的はまだ分かりませんが、ここまで手を回しているのであれば、宿難の完全復活が目的の一つという線が濃厚になってきましたね。

 

【最新134話】呪術廻戦ネタバレ考察|夏油は虎杖をどうする?

虎杖を宿難の器にしたのは偽夏油、という仮定でいくと、偽夏油には虎杖を利用した計画があるはずです。

宿難の復活そのものが目的では無いと思うので、復活させた上で何かに利用する予定なのだと思います。

まだ虎杖の飲み込んだ指の数は足りていないので恐らく殺すことは無いでしょう。

むしろ、このまま連れ去りを図ろうとするかもしれません。

前話でも出てきましたが、虎杖の死刑が現実的になって来ています。

五条の奪還はほぼ不可能になり、今回のことで死刑反対派はより少なくなるでしょう。

偽夏油がこれだけ計画的な人間なら今後虎杖が待ち受けることも予測できているはずです。

仮に虎杖が処刑されてしまうと、偽夏油の目的も果たせなくなってしまいます。

今現在長々と虎杖に呪霊操術の話やこれからの世界の話をしているのも、連れ去りのためかもしれません。

虎杖の命が奪われることは無いにしても、偽夏油が虎杖に接触していることには目的があるはずなので、油断できない状況です。

 

【最新134話】呪術廻戦ネタバレ考察|渋谷事変の締めくくりは?

煽りにもある通り、渋谷事変終結まであと僅かです。

これまで、獄門彊は回収できても開門と五条救出には至らないと予想してきましたが、どうやら獄門彊の回収すら叶いそうにありません。

偽夏油がこのまま五条を奪い、日本の呪術師界が引っくり返るという未来がほぼ確定になってしまいました。

せめて虎杖だけはなんとかこのピンチを乗り切って欲しいものです。

そこで前話の伏線、脹相が重要な役割になってくると予想します。

脹相の存在しない記憶では虎杖は彼の大事な弟の一人になっていました。

混乱しながらも虎杖と自分の謎を解こうと歩き出していたので、やがて虎杖の元に辿り着くでしょう。

彼の到着するタイミングが恐らく虎杖の最大の危機の瞬間になると予想します。

この渋谷事変の中で唯一偽夏油の思惑外で起こったのが脹相のことです。

混乱しながらも、どうしても虎杖が弟だという記憶から逃げ切れず、とっさに虎杖を庇ってしまう脹相。

偽夏油がその妨害に驚くと、そこに京都校の助っ人が到着。

計画上今戦闘を行う必要はないいと判断して、偽夏油はさっさとその場から撤退してしまうと思います。

脹相は死亡しますが、間際に存在しない記憶のことを虎杖に話し、虎杖が自身の謎のことを知る。

こうして渋谷事変は終結し、虎杖は京都校のメンバーに身柄を保護されて次の展開を待つことになると予想します。

 

【呪術廻戦134話】ネタバレ確定速報

ネタバレ確定情報が入りました!

  • 偽夏油呪術の抽出!
  • 京都勢参戦!
  • 極の番「うずまき」!
  • 脹相が偽夏油の正体を暴く!?

 

呪術廻戦134話ネタバレ確定最新速報|偽夏油呪術の抽出!

前話の続きから、偽夏油は虎杖に長々と語って聞かせています。

説明を始めたのは極の番という技について。

極の番とは領域を除いた術式の奥義です。

偽夏油が操る呪霊操術の極の番は「うずまき」といい、取り込んだ呪霊を一つにまとめて高密度の呪力を相手にぶつける技。

そこで説明を止めて、偽夏油がクックッと笑い出しました。

何を笑っているのかと虎杖が聞くと、急にらしいことを始めてしまったなと思って、と答えが返ってきました。

うずまきについての説明が続きます。

この技は強力であっても、反面呪霊操術の強みである手数の多さを捨てる諸刃の剣です。

偽夏油はあまりこの技に魅力を感じていなかったと言います。

つらつらと語られるのを、虎杖は黙って聞き続けました。

しかしうずまきとは準1級以上の呪霊を使用した時にこそ、その真価を発揮する技。

偽夏油は真人の玉を見つめ、呪術の抽出だと言いながら一気に玉を口に入れて丸飲みにしました。

 

呪術廻戦134話ネタバレ確定最新速報|京都勢参戦!

真人を飲み込んで上を見上げた姿勢のまま偽夏油は虎杖に馬鹿だなと言いました。

偽夏油の上空には渋谷に到着した西宮が箒で飛んでいました。

虎杖は彼らがいることを感じ取って時間稼ぎをしていたのです。

しかしそれも全て見抜いていた偽夏油は、加茂が放った矢が降り注ぐのを全て躱してしまいます。

避けた所を今度は禪院真依が狙撃。

その弾丸も呪霊を使って簡単に防がれてしまいます。

受け止めた弾丸を手に取って余裕たっぷりに狙撃銃を褒めました。

その後ろで構えていたは三輪です。

三輪は昔のことを思い返し、術師となったきっかけや思いを心の中で語ります。

今までの全てとこれからの未来を乗せて、もう二度と刀を振るえなくなってもいいと、全てをかけて三輪が抜刀。

シン・陰流の刃が偽夏油に迫ります。

しかしそれさえ偽夏油は素手で刀を受けてあっけなく刀身を折ってしまいます。

 

呪術廻戦134話ネタバレ確定最新速報|極の番「うずまき」!

偽夏油が三輪に、極の番「うずまき」を発動しました。

渦上に捻れた大きな呪霊の塊が現れ、真人のツギハギの線がところどころに見えています。

次の瞬間、三輪のいた場所の地面が砕けて爆発したかのように飛び散りました。

大きく深い穴がぽっかりと空きます。

間一髪、三輪は西宮と歌姫が庇ってうずまきから逃し、更に3人の前では日下部が刀を構えて盾となっています。

虎杖の元にはパンダが助けに来ていました。

宿難から虎杖に戻っていることを確認して、パンダは虎杖によく戻ったと声をかけます。

後ろからやってきた加茂が、五条を偽夏油が持っていることをパンダに確認。

偽夏油が何者かについてはパンダも外側が夏油傑であることしか答えられません。

 

呪術廻戦134話ネタバレ確定最新速報|脹相が偽夏油の正体を暴く!?

そこに乱入してきたのは脹相です。

脹相は周囲には目もくれず、偽夏油を激し良い目つきで睨みつけました。

脹相には3人の親がいます。

母と母を孕ませた呪霊と、そしてその間に血を混ぜて母を弄んだ憎むべき男。

脹相が思い浮かべる男とは、加茂憲倫のことです。

憲倫の額には、偽夏油と同じ縫い目の線が入っていました。

脹相は加茂憲倫の名前を叫び、その名前を聞いた術師全員がざわめきます。

加茂憲倫とは加茂家の汚点であり、史上最悪の術師のことです。

これが本当なら150歳を超えているはず。

到底信じられる話ではありません。

しかし夏油の中身が加茂憲倫だとすれば、結界術、術具の所持、肉体を乗り換える術式等これまでの全ての謎に理由がつきます。

更に驚くべきことに、加茂憲倫という名前すら数ある名の一つに過ぎないと言います。

よくも俺に虎杖を!弟を!
殺させようとしたな!!

憲倫に脹相が突っ込んでいきました。

しかし脹相と憲倫の間に突然脇から裏梅が割り込みます。

どけ!!俺はお兄ちゃんだぞ!!

ここで134話終了です!

目まぐるしい回でしたね。

真人は吸収され呪術を抽出。

極の番という新たな奥義の登場。

偽夏油の正体が判明し、それすら乗っ取った後の姿で、本来の正体はまだ別にある様子。

そして脹相と虎杖の関係!

全ての謎が明らかになる日が待ち遠しいですね!

次回の呪術廻戦もお楽しみに!

呪術廻戦135話ネタバレ確定最新話速報!

 

【最新134話】呪術廻戦ネタバレまとめ

『呪術廻戦134話ネタバレ確定と感想!夏油が呪霊操術で虎杖を狙う!?』と題してお届けしてきました。

怒涛の展開から最新134話を予想して参りました。

前話で真人は夏油によって黒い玉に変えられてしまいます。

これから夏油に飲み込まれる真人に自我は残るのでしょうか?

前話で偽夏油を攻撃しようと狙った所を見ると、真人にはもうそれしか道が残されていなかったのでしょう。

つまり始めから偽夏油は真人の吸収を計画に組み込んでおり、真人もまたそれを知っていたことになります。

その上で偽夏油を狙ったということは、もう飲み込まれたら最後だということの証です。

真人はこのまま自我を失い、夏油に操られる呪術の一つになってしまうでしょう。

次に偽夏油の不可解なセリフについて。

前話で偽夏油は虎杖の身体がタフな事を、我ながら流石と自賛していました。

虎杖の身体が丈夫なことは生まれつきとされてきましたが、この言葉からすると、偽夏油の手によって頑丈な身体にされていたようです。

それはつまり、虎杖が偽夏油によって宿難の器となるべく用意された存在だったということになります。

宿難の指が虎杖の高校にあったことからもう偶然では無く、偽夏油によって受肉に至るよう操られていたのでしょう。

その目的はまだ分かりませんが、物語が根底から覆る事実です。

偽夏油はそうして器として育てた虎杖と接触して、これからどうするつもりなのでしょうか?

まだ目的を達成する状態には思えませんので、ここで殺すことは無いと思います。

だとすれば、今長々と虎杖に話しかけていることには何か意味があるはずです。

私は偽夏油の目的は虎杖の連れ去りと予想します。

これほど用意周到で計画的な偽夏油が、五条封印後、虎杖に死刑の可能性が高まることを予測していないとは思えません。

しかし、ここで虎杖を殺されてしまっては計画は無駄になってしまいます。

よって、ここで虎杖を引き込む、または拉致という形で保護しようと狙うでしょう。

では、この渋谷事変は偽夏油の狙い通りに集結してしまうのか。

もはや五条の奪還はほぼ不可能ですが、これ以上悪い状況になることだけは避けたいですよね。

そこでポイントとなる存在が脹相だと思います。

前話の伏線で、脹相が存在しない記憶に混乱したまま、その答えを求めて虎杖を探しに行く様子が描かれていました。

脹相が虎杖の元に辿り着くタイミングが虎杖に偽夏油が迫るその時だと予想します。

今回の渋谷事変の中で脹相の存在しない記憶だけが偽夏油の想定外の出来事でした。

よって偽夏油の企みが挫かれるとすればここしかないと思います。

脹相は混乱しつつも虎杖が危機に陥っているのを見てとっさに見を呈して庇ってしまう。

それを見て驚く偽夏油、そして京都校の面々が現場に到着します。

今後の計画を考えるとここは深追いするところでは無いと判断して偽夏油はあっさりと撤退。

脹相はここで死亡しますが、死ぬ間際に虎杖と話し、虎杖は自身に関する存在しない記憶のことを知る。

その後虎杖は京都勢に身柄を保護されて物語は次の展開に進む、と予想します!

さて、『呪術廻戦134話ネタバレ確定と感想!夏油が呪霊操術で虎杖を狙う!?』と題して最新134話について考察してみました。

いかがでしたでしょうか?

本当にここから五条のいない世界となってしまうとしたら、これまでの話は正に序章!

虎杖には厳しい展開が続きそうでハラハラしてしまいます!

134話のネタバレが待ち遠しいですね!

ネタバレ情報は入り次第ネタバレ最新速報にどんどん追加してまいります。

楽しみにお待ちください!