呪術廻戦

呪術廻戦132話ネタバレ最新話確定速報!虎杖VS真人の黒閃対決でついに決着か?!

呪術廻戦 132話 最新話 ネタバレ 確定 考察 感想
Pocket

前話の呪術廻戦では、真人の遍殺即霊体の恐ろしさの一部をまざまざと見せつけられましたね。

あの人間離れした身体能力の虎杖が、防ぐのが精一杯の状態でした。

更に身体自体が岩のように頑丈になり、攻撃が通らないというのも厄介です。

とはいえ虎杖や釘崎、東堂、それぞれが力を駆使してきた結果、真人自身のダメージも着実に大きくなり、限界が近付いてきています。

決着の時はもうすぐ目の前に?

この記事では「呪術廻戦132話ネタバレ最新話考察!虎杖VS真人の黒閃対決でついに決着か?!」と題しまして、132話の展開を考察していきたいと思います!

この記事はネタバレを含んだ内容となりますのでご注意ください。

また、最新132話のネタバレ情報も入り次第この記事で追記して参りますので、是非チェックしてみてください!

ところで、最近では漫画村の代替のような無断アップロードしているサイトを多く見かけますが、違法で危険なサイトであるのはご存じですか?

以下に違法サイト名の一覧を載せておきますが、ウイルス感染などの恐れが非常に高いので絶対に利用しないでおきましょう!

≫【注意】呪術廻戦が読める海賊版サイト

もし、呪術廻戦の最新漫画を今すぐ無料で読みたい人は、公式アプリU-NEXTで読むことを強くお勧めします。

呪術廻戦 ネタバレ 速報 確定 最新話なんと、U-NEXTでは無料お試し期間が31日間とどこよりも長いため呪術廻戦を存分に楽しむことができます。

さらに、無料期間中でも600円分のポイントがもらえますので、最新刊であろうが無料で読むことができ、しかもTVアニメだって見放題!

登録してすぐにポイントがもらえて、さらに漫画の最新刊が無料で読めるサービスはなかなかありません。

安心して無料で漫画が読めるU-NEXTの無料キャンペーンを利用して、あなたもこの良さをぜひ体感してみてくださいね。

呪術廻戦 ネタバレ 速報 確定 最新話

※カンタン登録だから1分ですぐ読める!

  

呪術廻戦132話ネタバレ最新話考察!

まずは前話のおさらいから!

新しく遍殺即霊体へと進化した真人。

どう変化したのかを虎杖は注意深く観察します。

真人は口だけになった顔でにやにやと笑いながら、黒閃を経てついに魂の本質を掴んだと虎杖に話します。

そして仕上げに虎杖を殺して初めてこの世に生まれ堕ちると言って真人が攻撃を始めました。

一撃で地面はえぐれ、虎杖の反撃も防がれてしまいます。

パワーもスピードも上がり、肉体まで強固になっています。

肉弾戦の末に脇腹に入れたボディブローも全くダメージが入りません。

虎杖は真人がこれまでとは次元の違う強さに進化してしまったことを痛感しました。

真人は虎杖の頭を正面から掴んで地面に叩きつけます。

地面はひび割れて大きく穴が空き、地下の空間に地面ごと落ちてしまいました。

しかし虎杖は諦めません。

これまでと同じ攻撃が通用しないのなら、最大出力の黒閃をぶつけなければ勝てないと決意しますが、その時虎杖の膝がガクガクと痙攣し肉体の限界を訴えます。

しかし真人もまた領域展開直後の黒閃が響いており、身体がわずかに崩れて口からも吐血しました。

真人はお互い元気いっぱいだなと声をかけます。

そして二人はお互いに止めを刺すべく拳を構えて動きました。

ここで132話に続きます!

虎杖はどう真人と戦うのか、真人との決着まであとどのくらい?決着のその後は?

呪術廻戦の今後の展開をこれまでのエピソードから推理していきたいと思います!

 

【最新132話】呪術廻戦ネタバレ考察|虎杖の最大出力の黒閃を出せるのか?

以前七海が黒閃を狙って出せる術師はいないと話していました。

また別の時では、虎杖は黒い火花に愛されているというナレーションが入っていました。

そして現在、虎杖は黒閃を自分のタイミングで、それも最大出力で出そうとしています。

黒閃をコントロール出来ればこの戦いは制したも同然です。

果たしてそんなことが可能なのでしょうか?

恐らく習得は出来るものの、一発では難しいと思われます。

前話ではお互いに打ち込みにかかる描写で終わっていましたが、ここで虎杖が決める可能性は低いと思います。

タイミング的に見てここは黒閃の相打ち。

真人も食らいますが、普通の黒閃では倒れるには至りません。

真人の遍殺即霊体もまだその力の全てを見せてはいないので、ここで真人が魂の本当の姿というのを存分に発揮。

攻撃を畳み掛ける真人に押され、虎杖は本当の生命の危機を感じます。

虎杖はいよいよ後がなくなり、崖っぷちに立たされたことで覚醒。

一瞬の隙をついて真人に最大出力の黒閃を決める。

よって、簡単には決められず一度追い込まれたるものの、最後には黒閃のコントロールを身に着けることが出来ると予想します!

 

【最新132話】呪術廻戦ネタバレ考察|真人の進化は成功?失敗?

真人の遍殺即霊体は、進化したといっても術式そのものは同じはずです。

真人の術は魂の形を変えることで変化はないと思います。

虎杖に術式で攻撃すれば宿難の魂に触れるという状況も変化はなく、真人は結局の所虎杖相手には肉弾戦で挑むほかありません。

では今回の進化とはどういうものでしょうか?

魂の本当の形、本質を理解したという真人。

恐らく魂の形に合わせて身体を変質させたことで100%の力を発揮できる身体になったということではないかと考えています。

これまでのエピソードを見ていると、度々”魂と身体のどちらが先か”というテーマが論じられています。

真人はこれに魂が先だと断言しています。

だからこそ今回の最終形態も魂の形に身体が合わせる、という魂優先の選択をしました。

しかしこれまで、真人の考えに矛盾するような出来事がこの渋谷事変で起こってきました。

死後の夏油の身体が自分を乗っ取った人間を殺そうと首を締めたこと、肉体の情報しか降霊させなかったはずの伏黒父が人格を持って肉体の持ち主を乗っ取ったこと等。

ここがポイントになるのではないかと考えます。

魂と肉体は後先なく、相互に独立し、また影響し合って存在する対等なものというのが、この世界の摂理なのではないでしょうか。

とすると真人が魂に合わせて肉体を変質させたことは実際のところは進化ではなく退化だったといえます。

今のところはスピード、パワー等能力が上がった様子しか分かりませんが、どこかで綻びが出てきてしまうと思います。

よって、真人の進化は失敗に終わると予想します!

 

【最新132話】呪術廻戦ネタバレ考察|対真人戦決着まであとどのくらい?

真人との戦いは大きな犠牲を払ってきました。

七海、釘崎、東堂それぞれ失ったものはとても大きなものでしたが、着実に真人の命も削り取って来ています。

今は本当にあと一歩の所です。

少し前に真人が自分の魂を残り4割と見積もってから、東堂虎杖両者から一発ずつ黒閃を食らっています。

虎杖の黒閃は領域展後であったため、特にダメージが大きいようです。

対して虎杖は1割程度と目算されてから、東堂のおかげであまり大きな技は食らっていません。

今や虎杖と真人の魂の割合はそう変わりないところまで来ていると思われます。

恐らくお互いにあと1発か2発で本当に終わるでしょう。

よって、真人との決着まで残り3話と予想します。

虎杖が1発、真人が2発食らい、ギリギリの所でどうにか真人を下すと思います。

 

【最新132話】呪術廻戦ネタバレ考察|決着がついたその後は?

真人との戦いが終わるとその後ストーリーはどうなるでしょうか?

まず虎杖はこれ以上戦うことは難しいでしょう。

東堂の負傷もあり、この二人は家入の元へ向かうと思います。

もしも家入の現在の描写があればもしかしたら釘崎や伊地知などの状況も確認できるかもしれません。

そして次の場面は偽夏油のストーリーだと予想します。

冥冥との戦いはどうなってしまったのでしょうか?

恐らく冥冥では偽夏油には勝てません。

最悪の場合既に死亡している可能性もあり得ます。

五条の抵抗がどれだけもつかはわかりませんが、獄門彊が動かせるようになれば即座に夏油は撤退してしまうでしょう。

よって真人戦後の展開は、五条を奪還するのが先か、夏油が持ち逃げするのが先か、この勝負になると思われます。

 

【呪術廻戦132話】ネタバレ確定速報!

12月4日現在ネタバレ情報が入りましたのでお届けしていきます!

  • 虎杖が決めたのは逕庭拳?!
  • 東堂の不義遊戯!
  • 追い詰められた真人
  • 夏油登場

 

呪術廻戦132話ネタバレ確定最新速報|虎杖が決めたのは逕庭拳?!

真人と虎杖がお互いに攻撃を入れる所から始まります。

真人は虎杖の拳が迫る左半身を極力小さく変形させることでダメージを抑え、カウンターで自分の黒閃を虎杖の首に入れようと狙いを定めました。

読みどおり虎杖の攻撃は入りますが、ほとんど真人にダメージはありません。

真人は俺の勝ちだと勝利を確信します。

しかし真人の黒閃が入るよりも前に真人は遅れて来た衝撃に身体をのけぞらせます。

虎杖がこの局面で打ったのは黒閃ではなく逕庭拳だったのです。

逕庭拳は虎杖の悪癖によって偶発的に生まれた技でしたが、黒閃の習得によって失われていました。

しかし脹相との戦闘で虎杖は再び逕庭拳手に入れていました。

 

呪術廻戦132話ネタバレ確定最新速報|東堂の不義遊戯!

二人の様子を地上から見下ろしていた東堂。

東堂は二人に向かって手を掲げます。

腕なんて飾りさ 拍手とは 魂の喝采!!

そう言うと東堂は右手と失った左手で手を叩きました。

真人はハッとして東堂を振り返ります。

しかし入れ替えは起こっていません。

俺の不義遊戯は もう死んでいる

東堂の最後のハッタリでした。

東堂は悲しげな目で両手を見つめます。

東堂が作った隙を虎杖は逃しませんでした。

虎杖は今度こそ最大出力の黒閃を真人の腹に叩き込みます。

 

呪術廻戦132話ネタバレ確定最新速報|追い詰められた真人

真人はかろうじて生き残ったものの、元の姿に戻ってしまいました。

もう改造人間のストックも使い切っています。

膝をつく真人を虎杖が冷たい目で見下ろします。

虎杖は真人に、認めるよと声をかけました。

俺はオマエだ 俺はオマエを否定したかった

今は違う ただオマエを殺す

虎杖の純粋な殺意が真人に向けられます。

自分は大きな何かの歯車に過ぎないという虎杖。

虎杖はもう真人を殺すことに意味も理由も求めず、歯車として自分の役割を果たすために真人を倒そうとします。

真人は虎杖に恐怖を覚えて背を向けて逃げ出しました。

その姿はまるでうさぎのようです。

対して虎杖の姿はうさぎを追い詰める狼でした。

 

呪術廻戦132話ネタバレ確定最新速報|夏油登場

雪原の中で野生の動物が行う狩りのように虎杖は真人を追いかけます。

そして真人が逃げた先に現れたのは夏油でした。

髪を振り乱し、口や鼻から血を流している真人は縋るような目つきで夏油を見上げます。

これで助かると思ったのでしょう。

夏油!!と呼びかけると夏油は冷酷な笑みを真人に向けました。

助けてあげようか

 

ここで134話は終了です。

ハラハラする展開になってしまいました!

東堂の切ない表情も胸に刺さります。

次回がたのしみですね

お楽しみに!

≫呪術廻戦133話ネタバレ確定最新話速報!

 

【最新132話】呪術廻戦ネタバレまとめ

最新132話についてネタバレを元に考察して参りました。

遍殺即霊体となって更に手強い敵となった真人!

虎杖は最大出力の黒閃でなければ勝てないと判断し、真人に向かっていきます。

虎杖はこの黒閃を決めることが出来るのでしょうか?

七海によると黒閃は狙って出せるものではないようです。

しかし虎杖は以前”黒い火花に愛されている”と描写されています。

虎杖と黒閃は相性が良いのでしょう。

とはいえ簡単にコントロールが出来るとは思えません。

二人は既に身体も魂もかなり追い込まれていますが、ここで一度お互い相打ちとなり、後一発で本当に終わるという命の危機が虎杖を覚醒に導くと予想します。

今回真人は魂の本質を掴み、最終形態とも言える遍殺即霊体となって存分にその力を見せてくれましたが、果たしてそれは正しかったのかという点においても疑問が残ります。

この遍殺即霊体は魂の本質の姿に合わせて身体を変質させることで、真人の力を100%発揮するというものだと思います。

しかし進化したからと言って術式が変質するわけでは無いので依然虎杖に術式は使えません。

肉弾戦のみとなっています。

スピード、パワーなどもちろん格段に進化してはいますが、今回の羽化には問題があります。

これまでのストーリーの中で度々魂が先か身体が先か、という話が持ち上がっています。

真人はこれを魂だと断言しており、今回の遍殺即霊体もその影響を受けて魂を優先した結果となっています。

しかしこれまで、特に渋谷事変において、この真人の考えと矛盾する出来事が起こっています。

まず夏油の身体が、自分の死体を乗っ取った相手を殺そうと脳の持ち主に反して勝手に動いたこと。

もう一つは、肉体の情報だけ降ろされたはずの伏黒父が人格を持って元の身体の持ち主を乗っ取ったことです。

これらが示すことを考えると、魂と肉体は後も先もなく、影響し合う対等なもの、というのがこの世界の摂理なのでしょう。

そうすると真人のしたことは果たして正しかったのでしょうか?

今のところは全体的にレベルが上がったように見えますが、どこかに綻びが出てしまい、真人の進化は失敗に終わるのではないかと思います。

このことと、虎杖の黒閃覚醒のことを考えると、真人との決着はあと3話と予想します。

真人はここまで多くの犠牲を出してきましたが、その分着実に真人の魂も削られてきました。

本当の終わりを迎えるまであと一歩の所でしょう。

さて、それではこの真人戦が決着した場合その後の呪術廻戦はどうなるのでしょうか?

一番気になるのはやはり夏油の所です。

冥冥と会敵したところでしたが、この戦いの結果は長く描かれていません。

冥冥が夏油に勝てるとは考えにくいので、負傷または逃亡、最悪の場合死亡もあり得るかもしれません。

現在は五条が粘っているおかげで獄門彊が動かせず留まっていますが、状況が変われば夏油はすぐにでも五条を回収して撤退してしまうと思います。

よってこの後は五条奪還と夏油の撤退のどちらが早いかの勝負になるでしょう。

さて、「呪術廻戦132話ネタバレ最新話考察!虎杖VS真人の黒閃対決でついに決着か?!」と題して最新132話について考察してみました。

いかがでしたでしょうか?

真人との因縁の戦いは一体どう決着するのか!

今から132話のネタバレが待ち遠しいですね!

情報が入り次第ネタバレ確定速報にどんどん追加してまいります。

楽しみにお待ちください!