呪術廻戦

呪術廻戦131話ネタバレ確定最新速報!進化した真人の遍殺即霊体に虎杖ピンチ!

呪術廻戦 131話 最新話 ネタバレ 確定 考察 感想
Pocket

呪術廻戦131話ネタバレ確定最新速報!進化した真人の遍殺即霊体に虎杖ピンチ!

前回の呪術廻戦もすごい展開でしたね!

真人の領域展開はやはり手強い!

東堂は不義遊戯に必要な手を失ってしまいました。

不意をついて反撃するも更に真人は新しく「遍殺即霊体」に羽化してしまい、まだ得体の知れない能力を秘めているようです。

虎杖はこのピンチをどう乗り切るのか?!

最新131話が待ち遠しいです!

それでは「呪術廻戦131話ネタバレ確定最新速報!進化した真人の遍殺即霊体に虎杖ピンチ!」と題して131話の考察をしていきます!

最新話のネタバレ情報も後日こちらでご紹介していきますのでお楽しみに!

ところで、最近では漫画村の代替のような無断アップロードしているサイトを多く見かけますが、違法で危険なサイトであるのはご存じですか?

以下に違法サイト名の一覧を載せておきますが、ウイルス感染などの恐れが非常に高いので絶対に利用しないでおきましょう!

≫【注意】呪術廻戦が読める海賊版サイト

もし、呪術廻戦の最新漫画を今すぐ無料で読みたい人は、公式アプリU-NEXTで読むことを強くお勧めします。

呪術廻戦 ネタバレ 速報 確定 最新話なんと、U-NEXTでは無料お試し期間が31日間とどこよりも長いため呪術廻戦を存分に楽しむことができます。

さらに、無料期間中でも600円分のポイントがもらえますので、最新刊であろうが無料で読むことができ、しかもTVアニメだって見放題!

登録してすぐにポイントがもらえて、さらに漫画の最新刊が無料で読めるサービスはなかなかありません。

安心して無料で漫画が読めるU-NEXTの無料キャンペーンを利用して、あなたもこの良さをぜひ体感してみてくださいね。

呪術廻戦 ネタバレ 速報 確定 最新話

※カンタン登録だから1分ですぐ読める!

  

呪術廻戦131話ネタバレ最新考察!

まずは前話のおさらいから!

真人が一か八か行った領域展開に、東堂は九十九由基直伝の簡易領域で、虎杖は先に真人を祓うべく動きました。

しかし真人は黒閃による覚醒状態で、生得領域の具現化と術式の発動という2つの工程を省略。

一瞬のスピード勝負は真人が制する結果となりました。

0.2秒の刹那、真人は宿難と対峙します。

今回の領域展開は宿難を怒らせるまでは至りませんでした。

ただ笑って見ている宿難に真人は、虎杖を殺すのは自分だと宣言します。

この領域展開で真人の無為転変は東堂の左手を狙いました。

ボコボコと膨れ始めた自分の手を見て東堂は瞬時に手首から先を切り落とします。

しかしその間に真人が目の前に迫っていました。

領域展開の直後は術式を発動できず、真人は黒閃で東堂を狙います。

東堂はこれを、とっさに呪力を腹に集中させることで守り、ダメージを最小限に抑えました。

しかしそれでも大量に吐血してしまい、片手ではもう不義遊戯も使えません。

時間を置いて術式を回復させた真人が、無為転変で止めを刺そうと正面から東堂に迫ります。

その瞬間、東堂がつけていたペンダントの紐がこれまで受けた攻撃で傷が入り、切れて地面に落ちました。

そのペンダントはロケットになっており、落ちた衝撃で開いて中が見えます。

そこには東堂の推しアイドル高田ちゃんの写真、そして虎杖の笑顔の写真が…。

さすがの真人もこれには気を取られ、一瞬隙が出来ました。

すかさず東堂が右手で真人の手のひらを叩いて術式発動!

真人の目の前には拳を構えた虎杖が!

黒閃!!

真人の顔面に攻撃が決まり、地面に倒れます。

しかし倒れぎわに再び多重魂「幾魂異性体」を出しました。

虎杖がこの改造人間に足止めされているうちに、真人はサナギのような形に変わります。

虎杖がなんとか改造人間を倒して真人の方に向かいますが、時既に遅く、真人はサナギから羽化を終え「遍殺即霊体」に姿を変えていました。

顔面は口のみ、体つきもがっしりとしてトカゲのような太いしっぽが生えています。

そこで次回に続きます。

この期に及んでまだ進化する真人!!もはや術式の使えない東堂はこのまま戦線離脱となるのか?虎杖はこのピンチをどう乗り切るのか?

手強すぎる真人に勝つ道をなんとか模索していきたいと思います!

 

【最新131話】呪術廻戦ネタバレ考察|遍殺即霊体とは?

黒閃で覚醒状態に至っている真人、メキメキ成長していきますね…。

まだ他と比べて生まれたばかりの呪霊なので成長期なんですかね。

さて、今回初登場した真人の「遍殺即霊体」

これは真人が自身に無為転変を行って進化した形です。

真人はこれまで魂の知覚、魂の輪郭を掴むといった言葉を使っていましたが、ここにきて、魂の本質を掴んだそうです。

これまで表面的に意識していたものを、中身、深層の理解に及んだということでしょうか?

これまでも姿形を変えることはしていましてが、足をウサギに、腕を鳥に、など欲しい能力に合わせて変化といった感じでした。

わざわざ無為転変を行ったということは、これまでの魂を好きな形に変えるものではこの姿になれないということですね。

恐らく、自分の魂の本来の形を理解した、ということではないかと思います。

その姿が遍殺即霊体なのではないでしょうか。

本来の魂に合わせて体が変化したのであれば全ての能力が”底上げされた”、正確に言えば”本来の力を取り戻した”状態なのだと思います。

能力はもちろんのこと、これまでも真人はスピード、アジリティ等並外れた戦闘センスを持っていました。

これが軒並みレベルアップした状態と考えると恐ろしいですね。

 

【最新131話】呪術廻戦ネタバレ考察|東堂は戦闘不能になるのか?

左手を失い、右手も真人の手に触れたことで火傷のように爛れてしまった東堂。

恐らくもう術式は使えません。

触れられたらアウトの真人に対して不義遊戯なしの片手で向かっていくのは自殺行為です。

逆に人質に取られて足手まといになってしまう可能性まであります。

恐らく東堂も無策で向かっていくことは無いでしょう。

失った左手に関しては、反転術式であれば今後戻る可能性はあります。

無為転変には反転術式が効きませんが、今回はそれより先に切り落としていますので、恐らく回復可能だと思います。

ということはやはり今回の戦闘では東堂は戦線離脱するのでしょうか?

恐らく、まだ何かあると思います。

他人とでも手を叩けば術式が発動するのであれば、虎杖とハイタッチで真人と東堂を入れ替えて攻撃。

または散々不義遊戯で不意を突かれて手を叩く音に過敏になっていると思うので、フェイントや気を逸らすといった使い方も出来るかもしれません。

しばらくは虎杖と真人の一騎討ちだとは思いますが、まだまだ東堂の予測不能なミラクルにも期待したいですね。

 

【最新131話】呪術廻戦ネタバレ考察|虎杖に勝てる望みはあるの?

真人の魂の羽化というものはまだ詳しくわかりません。

しかしこれまでより格段にレベルアップしてしまったのは確かです。

もはや魂を1割ほどに削られた虎杖が、あとどのくらいダメージに耐えられるのかもわかりません。

状況は圧倒的に不利です。

対して、ここまで虎杖は黒閃を連続で使い、東堂や真人と同じようにゾーンに入っているにも関わらずそれほど変化を感じる動きはありません。

これは虎杖がなにか大きな進化を遂げるための嵐の前の静けさのように見えます。

恐らく真人はこれが最終形態です。

ここまで進化した真人に今まで通りの虎杖ではまず間違いなく勝てません。

ここ数話、東堂の存在感に隠れて虎杖があまり言葉を発していないことも気になります。

もしかするともう虎杖の中では何らかの成長が始まっていて、準備をしている可能性もあります。

順当に考えればこのレベルアップとは、宿難の術式が表れることです。

前話の宿難の不敵な笑みもその伏線だとすると説明がつきます。

宿難は真人がこれから虎杖の術式によって死ぬことが分かっていたから、わざわざ無為転変に反応する必要を感じなかったのかもしれません。

 

【最新131話】呪術廻戦ネタバレ考察|虎杖と真人の戦いはどうなる?

今回の戦いで虎杖の勝利を持って決着がつくことに確信が持てました。

真人は最後の呪い合いだと口にしていたので、今回が最終決戦であろうと予想してきました。

ただ、第三者介入による真人回収の線だけが可能性として僅かに残ってたのです。

そのためこれまで虎杖が勝利する可能性が高い、という考察しか出来ませんでした。

しかし前話の内容でこの予測が確信に変わりました。

真人はこの戦いで祓われます。

なぜなら真人が最終形態に進化してしまったからです。

真人のこれまでの最大の武器は伸び代です。

常にこちらを翻弄し、土壇場で成長する力を見せてきました。

夏油からもそういう意味で期待されているところがあったと思います。

しかし今回ここまで進化してしまった以上、もう生き残らせる意味はありません。

夏油からしても、ダメージを負った真人を助けるメリットはありません。

利用価値がないとして見捨ててしまうでしょう。

呪霊の仲間もほぼ壊滅してしまったため、立て直しも難しく、真人はもう後がありません。

ただしそう簡単に祓わせてくれる相手ではありませんので、覚醒した虎杖がどう真人に立ち向かうのかが見所ですね!!

 

【呪術廻戦131話】ネタバレ確定速報!

11月27日現在、ネタバレ速報が入りましたのでご紹介していきたいと思います!

  • 真人の遍殺即霊体
  • 翻弄される虎杖
  • 最大出力の黒閃
  • 互いに限界に近付く身体

 

呪術廻戦131話ネタバレ確定最新速報|真人の遍殺即霊体

虎杖は真人の新しい姿を警戒して注意深く観察します。

しかしこれまでの変形と何が違うのかはわからないままです。

黒閃を経て、真人は自分の本当の剥き出しの魂を理解したと言います。

そして余裕の笑みを浮かべながら、仕上げはこれからだと言いました。

オマエを殺して 俺は初めてこの世に生まれ落ちる

そう言って真人は攻撃に入りました。

 

呪術廻戦131話ネタバレ確定最新速報|虎杖、正体のわからない攻撃に翻弄される

激しい打ち合いの中で虎杖は何とか真人に攻撃を入れようと次々に拳や蹴りを繰り出します。

しかし真人の後頭部や肘の後ろから出る真っ黒な鞭のようなものが虎杖の攻撃を受け止め、縛って動きを止めたり細かく斬りつけるような攻撃も行います。

一瞬動きを止められた右足の膝に今度はしっぽで鋭い攻撃が入ります。

すぐに反撃に入り、真正面からボディブローを叩き込みますが、真人の身体は固く変形しており、ビクともしません。

攻撃した腕を払われて目にも止まらぬ連撃が振るわれ、虎杖は防ぐことしか出来ません。

続けざまに正面から頭を掴んで地面に叩きつけられました。

虎杖を中心に地面が抉られるように大きく沈み、広がったヒビがその驚異的なパワーを物語っています。

 

呪術廻戦131話ネタバレ確定最新速報|最大出力の黒閃

異次元の強さに変わってしまった真人。

これに対抗するには黒閃しかありません。

それも打撃のタイミングに100%の呪力を乗せる最大出力の黒閃でねじ伏せるしか無いと虎杖は考えます。

しかし虎杖は突然膝に力が入らなくなり、ガクンとバランスを崩します。

それは先程しっぽで傷つけられた右膝でした。

ガクガクと痙攣して痺れたようになっている膝を虎杖はガンガンと拳で殴って感覚を取り戻そうとします。

虎杖の身体はもう限界が近付いていました。

 

呪術廻戦131話ネタバレ確定最新速報|双方に蓄積されたダメージ

虎杖の様子を見てほくそ笑む真人でしたが、真人もまた左肘の鞭がボロッと崩れ、口からわずかに吐血しました。

一瞬とはいえ領域展開直後に虎杖に入れられた黒閃が真人の身体に響いているようです。

真人はお互い元気いっぱいだなと虎杖に声をかけました。

虎杖は拳を握りしめて呪力を拳に溜めます。

真人も動き出し、虎杖に襲いかかりますが、その手をまず虎杖が払い、黒閃の体制に入ります。

真人も同じく黒閃の姿勢で、二人は向き合って同時に拳を握りしめました。

果たしてどちらの拳が相手に届くのか?!

ここで131話は終了です。

虎杖真人双方が限界ギリギリの状態で、今度こそトドメ刺すべく動きました。

今度こそこの戦いの結末を見届けることが出来るのでしょうか?

次回132話もお楽しみに!

 

【最新130話】呪術廻戦ネタバレまとめ

真人は魂の羽化を遂げて遍殺即霊体という新しい姿に進化してしまいました。

これまでは魂の輪郭を知覚して操っていたものを、魂の本質を理解することで自分に無為転変を施して本来の姿になったようです。

真人はこれによって底上げされた本来の力を手に入れたことになります。
真人の最終形態と言えるでしょう。

東堂は左手を失い、どうにか反撃するも同じ手はもう通じません。

事実上ほぼ戦力外になってしまいました。

下手に参戦すれば足手まといになることからしばらくは虎杖と真人の一騎討ちが予想されます。

しかし東堂がこのまま終わるとも考えにくく、彼の予測不能なミラクルを引き寄せる才能を、ここぞという場面で発揮してくれることを期待しています。

さて、ここまで進化した真人に虎杖は勝てる見込みはあるのでしょうか。

これまで黒閃による覚醒で成長してきた真人に対して、虎杖は特に大きなレベルアップを見せていません。

虎杖が覚醒して、大きなレベルアップを遂げることが必要になります。

東堂の存在感に隠れてしばらく虎杖に脚光が当たっていませんし、ここ数話は口数も少なくなっています。

順当に行けばここから宿難の術式が現れると思われます。

前話で宿難が無為転変に対して何もせず不敵な笑みで真人を見ていたことにも繋がります。

すでに宿難は真人が祓われる未来を確信していたため、わざわざ自分で手を下そうとしなかったのかもしれません。

よって、この真人と虎杖の戦いは真人の敗北で幕を下ろすと思います。

これまでは、虎杖が追い詰めたとしても第三者の手で真人が回収され、またパワーアップして現れるという可能性がありました。

しかし前話の展開で、ここまで進化してしまった真人にはもう伸び代はありません。

夏油にとっても他の特級呪霊が壊滅状態にも関わらずわざわざ真人を助けるメリットはありません。

真人とはここできっちりと決着がつくと思います。

しかし真人は本当にしぶといので、虎杖にはこの最後の局面を頑張って乗り越えて欲しいですね。

さて、「呪術廻戦131話ネタバレ最新考察!進化した真人の遍殺即霊体に虎杖ピンチ!」と題して考察して参りました!

呪術廻戦の中でも長かった真人戦、ようやく本当に終わりが見えてきたように思います。

虎杖の覚醒も楽しみです!

最新131話のネタバレ情報が今から待ち遠しいですね!

次回もお楽しみに!