呪術廻戦

呪術廻戦130話ネタバレ確定最新速報!真人の領域展開が東堂を襲う!

Pocket

呪術廻戦前回では、虎杖と東堂を相手に真人が猛攻を仕掛けていました。

二人の攻撃が真人にギリギリで躱されるのと同じく、東堂の能力で真人の攻撃も何とか避け続けています。

この後に及んで「幾魂異性体」という新しい改造人間まで出てきました。

そして真人の命がけの領域展開。

何度も最後と口にしているように、真人も覚悟を決めて一か八かの戦いを仕掛けているようです。

果たして東堂は真人の領域展開から逃れることはできるのか?!そしてこの戦いの行方は!

というわけで今回は「呪術廻戦130話ネタバレ確定最新速報!真人の領域展開が東堂を襲う!」と題して130話の展開を考察していきたいと思います!

ところで、最近では漫画を無断アップロードしているサイトを多く見かけますが、違法で危険なサイトであるのはご存じですか?

以下に違法サイト名の一覧を載せておきますが、ウイルス感染などの恐れが非常に高いので絶対に利用しないでおきましょう!

≫違法サイト一覧

もし、呪術廻戦の最新漫画を今すぐ無料で読みたい人は、公式アプリU-NEXTで読むことを強くお勧めします。

呪術廻戦 ネタバレ 速報 確定 最新話なんと、U-NEXTでは無料お試し期間が31日間とどこよりも長いため呪術廻戦を存分に楽しむことができます。

さらに、無料期間中でも600円分のポイントがもらえますので、最新刊であろうが無料で読むことができ、しかもTVアニメだって見放題!

登録してすぐにポイントがもらえて、さらに漫画の最新刊が無料で読めるサービスはなかなかありません。

安心して無料で漫画が読めるU-NEXTの無料キャンペーンを利用して、あなたもこの良さをぜひ体感してみてくださいね。

呪術廻戦 ネタバレ 速報 確定 最新話

※カンタン登録だから1分ですぐ読める!

 

呪術廻戦130話ネタバレ最新考察!


まずは129話のおさらいから!

真人は虎杖との最後の呪い合いだと言って虎杖に狙いを定めます。

しかし東堂がそれを許さず入れ替えを使って虎杖との連携攻撃。

真人は東堂を離すために多重魂「幾魂異性体」といいう新しい改造人間を繰り出しました。

東堂はこれを分身のようなものと考え、真人の2割程度の力と予想しますが、受けた攻撃は遥かに強力でした。

東堂は不意を付かれて改造人間に吹っ飛ばされます。

しかし改造人間には弱点があり、パワーに反して身体は脆いようです。

入れ替えで反撃すると一発で死んでしまいました。

しかし倒した側から同じものがもう2体現れ、東堂は一時足止めをされてしまいます。

その間に真人は虎杖に攻撃を畳み掛けます。

虎杖も負けじと応戦しますがほぼ互角。

そこに改造人間も倒した東堂が戻ってきました。

真人は厄介な東堂をどうにかしなければなりません。

領域展開を考えましたが、虎杖を入れれば宿難の逆鱗に触れます。

真人にはターゲットを絞るような技術もありません。

(25話で真人は虎杖抜きで七海に領域展開を行っていたので、ここは後日作者から訂正が入りました。同じ手は虎杖に警戒されているので使えないという意味です)

考えた末真人は五条の攻撃を真似て、わずか0.2秒の領域展開を行いました。

これは真人の命を懸けた一か八かの賭けです。

ここで129話は終わります。

毎話ごとにどんどん盛り上がっていきますね!

真人の領域展開は宿難にの逆鱗に触れるのか、東堂は耐えられるのか?もしも東堂が戦線離脱した場合虎杖に勝ち目はあるのか?など、考察していきたいと思います!

 

【最新130話】呪術廻戦ネタバレ考察|真人の領域展開は宿難の逆鱗に触れる?

129話のラスト、宿難は0.2秒の領域展開を行いました。

以前五条から受けた攻撃を真似たようですね。

真人の領域展開は「自閉円頓裹」という「無為転変」が必中となるほぼ即死の技。

129話で真人も恐れていたように、「無為転変」を虎杖に行うと自動的に宿難の魂にも触れてしまうことになります。

以前これで真人は宿難の魂に触れてはじき出されています。

領域展開にまともに虎杖を入れれば無事では済まないでしょう。

よって真人は0.2秒という一瞬の領域展開で宿難に見逃して貰える可能性に賭けました。

真人のこの賭けは果たしてうまくいくのでしょうか。

宿難にとっては恐らくこの戦いで誰が死のうとどうでもいいことです。

本当に真人が宿難に無遠慮に触れれば一瞬で命を奪ってしまうでしょう。

しかし今回は真人から宿難への畏怖の念があり、最大限宿難を恐れた上での0.2秒。

加えて宿難は虎杖を喜ばせることは基本的にしません。

恐らく真人を殺すことはないでしょう。

ただし、前回虎杖に「無為天変」を仕掛けた際、宿難は真人にはっきりとこう言っています。

一度は許す 二度はない

宿難は邪悪ではありますが、有言実行で秩序型のキャラクターです。

はっきりとこう言葉にしている以上、無条件で許すことは恐らくありません。

よって、真人は0.2秒分のツケを払わされることになる、ただし命を奪うほどのものではない、という結果になると思います。




【最新130話】呪術廻戦ネタバレ考察|東堂は「自閉円頓裹」をどう逃れるのか!

「無為転変」を必中させる領域展開「自閉円頓裹」

この「無為天変」を防ぐには自分の魂の輪郭を知覚し、なおかつ呪力で魂を防御しなければなりません。

これが出来るのは一級以上の呪術師の中でも更に限られた術師のみです。

東堂は一級呪術師ですので能力的に可能性はあります。

ただしこればっかりは素質による所が大きく、可能性は良くて五分五分でしょうか。

東堂のことですから、高田ちゃんに捧げる魂を日々磨いているので防御できた、なんて無茶な理屈で助かってしまいそうな気もします。

もう一つ気になるのが、「存在しない記憶」についてです。

東堂は味方の中で唯一「存在しない記憶」を持っています。

まだ謎の多すぎる伏線ではありますが、これが虎杖に関係したものであることは確かでしょう。

仮にこの記憶が脳でなく魂に刻むものであった場合、東堂の魂は虎杖によって一度干渉されていることになります。

「存在しない記憶」は虎杖の無意識の術式ではという説が有力ですが、もし魂に干渉できるものだとすれば、他人の魂の輪郭を知覚して呪力で防御するという荒業もあり得る…?

さすがに仮説に仮説を重ねた予想ですので可能性は低いですが、東堂には助けられ続けている虎杖ですので、ここで命を救うところも見てみたいですね。

 

【最新130話】呪術廻戦ネタバレ考察|東堂なしで虎杖に望みはある?

東堂が仮に命を落とす、または戦闘不能にされてしまったとします。

その場合虎杖が真人に勝つ望みはあるのでしょうか。

そもそも今回こうして命懸けの賭けをしてでも真人が領域展開を行ったのは、それほど東堂が邪魔だという証です。

早く東堂をどうにかしなければ自分が負けてしまうからこそ、こういった無茶をする結果になったのだと思います。

真人は決着を急いでいるんですね。

それは長期戦になればなるほど自分の不利になると核心があることの表れでしょう。

つまり、逆に言えば東堂を今失えば真人の勝率が跳ね上がることになります。

また、虎杖は東堂に檄を飛ばされ、釘崎生存の僅かな希望を見出してやっと立っている状態です。

再び目の前で仲間が倒れる姿を見てしまったら、今度こそ虎杖の精神は崩壊するでしょう。

戦闘の有利不利以前に虎杖自身が戦闘不能に陥ってしまいます。

よって、もしも東堂を失った場合、虎杖にはもう真人に勝つ可能性は残されていないと思います。

 

【最新130話】呪術廻戦ネタバレ考察|虎杖が真人に勝利するために必要な条件とは

まずは先程も述べたように東堂の生存が必要不可欠です。

東堂自身の力か、虎杖の助けか、何らかの形で東堂が今回の危機をしなければいけません。

それから虎杖自身がこれ以上攻撃を受けないことです。

虎杖の魂の残りは良くて1割です。

もう攻撃を受ける余裕は残されていません。

東堂の能力は大変心強いものの、一度のミスが命取りとなります。

虎杖が死ねば東堂だけで真人を倒すのもやはり難しいと思いますので、なんとか深刻なダメージを負う前に片を付けなければなりません。

そしてもう一つ、これまでの戦闘を見ていると、ここ数話の虎杖の攻撃は東堂無しではほとんど当たっていません。

黒閃以降真人も120%の実力を出し切り、所謂ゾーンに入っており、致命傷を与えることが難しくなっています。

よって虎杖も何らかのパワーアップが必要になります。

真人は黒閃を打ち、また0.2秒の領域展開を行うなど戦闘の中で進化しているように思います。

対して虎杖はこの所あまり戦闘能力の成長を感じません。

これほど長く苦しめられてきた真人との戦いは虎杖の攻撃で終わらせなければ、完結出来ないと思います。

進化を重ねる真人に勝つには、虎杖はどこかで一段階成長しなければなりません。

それが呪術の会得なのか、黒閃を極めることなのか、はたまた予想のつかない能力を手に入れるのかは分かりませんが、絶望を乗り越えて戦いの中で成長した虎杖でなければ真人は倒せないでしょう。

よって私の予想する虎杖の勝利条件は3つです。

  • 東堂の生存
  • 虎杖の攻撃回避
  • 虎杖の戦闘能力の進化

何とか勝利条件を揃えて長い戦いに終止符を打って欲しいですね!

 

【呪術廻戦130話】ネタバレ確定速報

11月19日現在130話のネタバレ速報が入りましたので確定速報をお届けしていきます!

  • 真人・東堂・虎杖のスピード勝負!
  • 負傷した東堂!さらに真人の黒閃が迫る!
  • 東堂命懸けの術式発動!
  • 真人魂の羽化




呪術廻戦130話ネタバレ確定最新速報|真人・東堂・虎杖のスピード勝負!

真人の領域展開を察した東堂は九十九由基直伝の簡易領域の展開を行おうとしていました。

その東堂よりも早く、無為転変の解放前に真人を祓おうと虎杖が駆け出します。

しかしそれよりも更に早く、真人は術式を展開していました。

真人は生得領域の具現化と術式の発動、本来2段階ある工程を1つにまとめました。

黒閃発動直後、覚醒している状態だから出来たことです。

0.2秒の瞬間、真人は宿難と対峙しいていました。

今回の行動は宿難を怒らせるほどではなかったようで、宿難はただ不敵な笑みで真人を見ています。

真人は、宿難が既に虎杖に何か保険をかけているのだろうと言い当てました。

しかしその保険は使わせない、虎杖を殺すのは俺だと言って、真人は宿難にそこで見ていろと挑発します。

 

呪術廻戦130話ネタバレ確定最新速報|負傷した東堂!さらに真人の黒閃が迫る!

東堂は左手に無為転変を食らいました。

不気味に膨れ上がる左手を見て東堂は迷わず手首から先を切り落とします。

間一髪切り落とされて宙に浮いた左手はボコボコと膨らんで破裂しました。

しかしその時には既に領域を解いた真人が目の前に迫っていました。

領域展開直後に術式を発動することは難しく、真人は東堂の腹に真正面から黒閃を叩き込みます。

後ろに吹っ飛ばされた東堂でしたが、腹に全呪力を集中させ、ダメージを何とか最小限に抑えることが出来ました。

しかし口から大量の血を吐き、更に左手まで失った東堂はもう術式を発動できません。

真人は今度こそ無為転変で止めを刺すために、間髪入れずに東堂に迫りました。




呪術廻戦130話ネタバレ確定最新速報|東堂命懸けの術式発動!

真人が迫ったその瞬間、東堂が首にかけていたネックレスが切れて落ちました。

四角い金属のそれはロケットになっており、地面に落ちた衝撃で開いて中が見えます。

ロケットの右側には東堂の推しである長身アイドル高田ちゃん、その左側には虎杖の笑顔の写真が入っていました。

さすがの真人もこれには一瞬気を逸らされたのか、ロケットに視線を奪われます。

その隙を突いて東堂は残った左手で真人の右手を叩いて術式を発動!

東堂と虎杖が入れ替わり、真人の目の前に拳を構えた虎杖が飛び込みました。

真人の顔面に虎杖の渾身の黒閃が叩き込まれます。

無為転変を行おうとしていた真人の手の平に一瞬とはいえ触れてしまった東堂は、地面に仰向けに倒れていました。

意識はしっかりしており、叩いた右手が焼けたように音を立てて爛れているのを眺めて鼻で笑います。

 

呪術廻戦130話ネタバレ確定最新速報|真人魂の羽化

虎杖の黒閃を食らい、真人は倒れながらも再び「幾魂異性体」を出して虎杖に仕掛けます。

幾魂異性体と虎杖の激しい打ち合い、その間に真人は蝶のサナギのように姿を変えてしまいました。

虎杖は何とか改造人間を下して真人に向き直りますが、時既に遅く、真人はサナギを破って出てきた所でした。

真人の姿は顔面に膜のようなものが張り、口のみになり、トカゲのようなしっぽも生えています。

それは真人の魂が羽化した姿「遍殺即霊体」でした。

ハッピーバースデーってやつさ 虎杖

真人が虎杖にそう言って130話は終わります。

≫呪術廻戦131話ネタバレ確定最新速報!

 

【最新130話】呪術廻戦ネタバレまとめ

【最新130話】呪術廻戦ネタバレまとめ
呪術廻戦129話では、真人が東堂と虎杖の連携を何とか崩すために東堂の命を狙いました。

そのために行った一か八かの賭けが、0.2秒の領域展開です。

「無為転変」が必中になる真人の領域展開「自閉円頓裹」

以前真人が虎杖に「無為転変」を使った際、たまたま宿難に見逃してもらえましたが、次は許さないとはっきりと警告されています。

宿難は虎杖を助けることは避けるはずなのでこれで真人が殺されることは無いと思いますが、だからといって無条件で見逃すとは思えません。

よって真人は0.2秒分の報いを受けるものの、命を落とすほどではないという結果になると思います。

さてそれではこの0.2秒を東堂は耐えることが出来るのでしょうか。

「無為転変」を防ぐには最低でも一級以上の呪術師であり、そしてその中でも限られた人のみが自分の魂の輪郭を捉えて呪力で防御することが出来ます。

東堂は一級呪術師ですので、この条件はクリアしています。

魂の防御については五分五分と言った所でしょうか。

また、東堂は仲間の中で唯一「存在しない記憶」を持つ人物です。

まだ謎の多い伏線ですが、何らかの虎杖の能力ではないかと思われています。

この「存在しない記憶」が、仮に脳でなく魂に刻まれるものであった場合、東堂の魂は既に虎杖によって介入されたものということになります。

もし無意識に虎杖が東堂の魂に触れたことがあるのだとしたら、東堂の窮地を救うために魂の防御を行うことも出来るかもしれません。

真人が今回賭けに出てまで領域展開を行ったのは、それだけ東堂の存在がこの戦いを左右するからです。

逆に言えば虎杖が勝利するためには東堂が必要不可欠ということになります。

今の虎杖は折れかけた精神を東堂の鼓舞と釘崎生存の僅かな可能性によって必死に保っているギリギリの状態です。

この上で助けに来た東堂が死亡または戦闘不能に陥ってはもう今度こそ立て直すことは出来ないでしょう。

つまり、東堂の生存は虎杖の勝利に必要な条件ということになります。

ではその他に必要なことは何でしょうか。

まずは虎杖自身の攻撃回避です。

虎杖の魂はもう1割程とダメージに耐える余裕は残されていません。

共倒れになっては意味がないので、真人から徹底的なダメージを負わずにこの戦いを終えなければなりません。

次に必要なのが虎杖自身の成長です。

真人は戦いを通じてこれまで成長しているように思います。

ここ数話の間、虎杖は東堂なしには真人にまともに攻撃を出来ていません。

これを最後の呪い合いだと覚悟を決めて戦う真人に勝つためには、虎杖も何かしらの進化を遂げなければなりません。

以上の条件が揃えば、虎杖はようやくこの真人との戦いに終止符を打つことが出来ると予想します!

「呪術廻戦130話ネタバレ確定最新速報!真人の領域展開が東堂を襲う!」と題してお届けしました。

東堂の安否が気になる呪術廻戦130話、一体どうなってしまうのか?!

楽しみに待ちましょう!