呪術廻戦

呪術廻戦ネタバレ148話確定&感想!パンダ姉は擬態生物?七海が死滅回游で復活?

呪術廻戦 148話 最新話 ネタバ
Pocket

呪術廻戦ネタバレ148話確定&感想!パンダ姉は擬態生物?七海が死滅回游で復活?

こちらの記事では次週は呪術廻戦が休載により5月17日掲載予定の呪術廻戦148話のネタバレ考察として今後の展開を独自に予想していきます!

呪術廻戦ではあちこちでストーリーが同時進行しているのも見どころですが、流石に前回は涙なしには語れませんでした(´Д⊂

夜蛾がいなくなってしまった今、パンダは今後戦闘で活躍しそうですね。

パンダのお姉ちゃん核は未だ謎のままですが、例えば『擬態生物』だったとしたらギミック満載のなかなか面白い戦闘シーンになると思います!

さらに死滅回游でナナミンこと七海が復活するなんて事があれば、ナナミンファン大歓喜でSNSも盛り上がりそうです(^^)丿

この記事は「呪術廻戦ネタバレ148話確定&感想!パンダ姉は擬態生物?七海が死滅回游で復活?」と題しまして、呪術廻戦最新148話のネタバレ考察をお届けしていきたいと思います!

これまでの呪術廻戦のネタバレを含んだ内容となりますのでご注意ください。

また、呪術廻戦最新148話のネタバレ確定速報は記事後半にて情報が入り次第随時更新して参ります!

是非チェックしてみてください!

ところで、最近では漫画村の代替のような無断アップロードしているサイトを多く見かけますが、違法で危険なサイトであるのはご存じですか?

以下に違法サイト名の一覧を載せておきますが、ウイルス感染などの恐れが非常に高いので絶対に利用しないでおきましょう!

もし、呪術廻戦の最新漫画を今すぐ無料で読みたい人は、公式アプリU-NEXTで読むことを強くお勧めします。

呪術廻戦 ネタバレ 速報 確定 最新話

なんと、U-NEXTでは無料お試し期間が31日間とどこよりも長いため呪術廻戦を存分に楽しむことができます。

さらに、無料期間中でも600円分のポイントがもらえますので、最新刊であろうが無料で読むことができ、しかもTVアニメだって見放題!

登録してすぐにポイントがもらえて、さらに漫画の最新刊が無料で読めるサービスはなかなかありません。

安心して無料で漫画が読めるU-NEXTの無料キャンペーンを利用して、あなたもこの良さをぜひ体感してみてくださいね。

呪術廻戦 ネタバレ 速報 確定 最新話

※カンタン登録だから1分ですぐ読める! 

 

呪術廻戦148話ネタバレ最新話考察!

呪術廻戦最新148話ネタバレ考察に入るに当たって、まずは前話のおさらいから!

牢屋で拘束される夜蛾の元に楽巌寺が現れ、パンダの造り方を問い詰めますが知らないと答える夜蛾。

しかし夜蛾は多くの自立型人工呪骸を匿っており、その内の一匹は日下部の妹の息子、タケルでした。

夜蛾に恩義を感じていた日下部は夜蛾をおびき出す為、拘束されていたパンダを秘かに解放、パンダは夜蛾の元に向かいます。

しかしパンダが着いたころには、パンダを助けに行こうとした夜蛾を待ち伏せていた楽巌寺に処刑された後でした。

夜蛾は死に際に楽巌寺にパンダの造り方を暴露し、驚く楽巌寺に『アナタへの呪い』と告げます。

パンダとの戦闘を覚悟する楽巌寺でしたが、パンダは楽巌寺が命令により仕方なく処刑した事を知っており横を素通りして夜蛾の元へ。

夜蛾の骸を抱きながら「これだけは覚えておけ、パンダだって泣くんだ」と涙を流すパンダの、深い悲しみの中で呪術廻戦前話は終了しました。

呪術廻戦前話で特に気になるポイントは以下の通りです!

  • 楽巌寺は命令により仕方なく夜蛾を処刑した
  • 日下部は夜蛾に恩義を感じていた
  • 夜蛾は自立型人工呪骸を沢山匿っていた

以上を中心に呪術廻戦148話について最新考察していきたいと思います!

 

【最新148話】呪術廻戦ネタバレ考察|七海健斗が死滅回游で敵として復活?

以前の呪術廻戦で真人の攻撃により死亡したナナミンこと七海健斗

七海の最期の瞬間はとても生存を望めない状態で、筆者は思わず声が出てしまいました( ;∀;)

人として七海の生存は確かにもう絶望的です。

しかし死の瞬間、真人は七海の魂の情報を抜き取っていたのではないでしょうか。

そしてその真人を取り込んだ偽夏油こと羂索が、七海の魂の情報を誰かの肉体に降ろすのです。

ただ降ろしただけでは七海は虎杖達の味方に付きそうなので、もちろん羂索はそこに”縛り”を加えるはず。

その”縛り”が、『七海が虎杖達の敵として死滅回游に参戦する事』だと筆者は考察!

羂索は七海を時間稼ぎや敵対する人間を減らす為の『駒』として使用するのです。

ん~羂索ならやりかねない!

という、敵でもいいからもっかいナナミンが見たい筆者の願望を形にした考察でしたw

 

【最新148話】呪術廻戦ネタバレ考察|パンダの姉の核は擬態生物?

パンダの中には3つの核がある事が以前の呪術廻戦で判明しています。

まずバランス重視の”パンダ核”、パワー重視のお兄ちゃん”ゴリラ核”、そして最後は”照れ屋なお姉ちゃん”とだけ書かれていて、詳細ははっきりしていません。

待てよ…照れ屋⇒恥ずかしがり⇒隠れたい⇒…( ゚д゚)ハッ!

パンダの中にある第三のお姉ちゃん核は、『擬態生物』に間違いありません!

枯葉や石や枝など、周囲に溶け込める擬態であれば危険が回避できます。

また、自分より強い生物に擬態して身を護る生物もいますね。(蛾が蜂に、ウナギの仲間が毒を持つウミヘビに擬態する、等々…)

敵に気付かれない擬態であれば、奇襲作戦や偵察など非常に使いやすい能力ではないでしょうか。

綺麗なお花そっくりの『ハナカマキリ』なんかはいかにも”お姉ちゃん”感ありますね^^

考えるとワクワクするので、お姉ちゃん核について早く描かれると嬉しいです!

 

【最新148話】呪術廻戦ネタバレ考察|夜蛾が完全自立型呪骸として復活?

死に間際に楽巌寺に完全自立型の呪骸の造り方を”呪い”として伝えた夜蛾正道

日下部とのやり取りを見ていると、夜蛾が完全自立型呪骸を作るのは遺族の為という事が感じ取れます。

楽巌寺は恐らく本音では夜蛾を殺したくはなかったはず。

ましてや目の前でパンダが号泣しているのを見ている楽巌寺は、何も感じないという事はないでしょう。

そこで呪骸の造り方を知った楽巌寺は夜蛾の肉体情報を使い、夜蛾を”完全自立型呪骸”として復活させるのです!

もうそれは夜蛾ではないかもしれないけど、遺された者が何かに縋りたい気持ちは、パンダや楽巌寺も一緒なんじゃないかな…と思います。

結局、夜蛾が戦っているシーンは余り見られなかったので、もし復活したら存分にバトルして欲しいですね!

 

【最新148話】呪術廻戦ネタバレ考察|禪院真希は羂索のスパイになった?

辛くも生き残った禪院真希は、実は羂索のスパイとして禪院家の内情を操作しているのではないでしょうか。

真希が重体から復活できたのはもしかしたら羂索の”縛り”なのかもしれません。

呪術廻戦前話では禪院直哉が当主を降ろされ、伏黒恵が禪院家当主となったとわかりましたよね。

もしかすると直哉が脹相に負けたことを真希がタレコミしたのではないでしょうか。

真希は呪術廻戦前話で『呪具を取りに行く』『恵が当主になったから忌庫は漁り放題』と言っていました。

伏黒を当主に据える事で呪具を手に入れ、羂索の下へ運ぶ

これこそが羂索の真希に対する”縛り”なのではないでしょうか。

完了すれば縛りは解けるとそそのかし命を救ってやる事で、真希をコマとして使うのです。

羂索ならやりかねないのでは…と筆者は思います。

 

【最新148話】呪術廻戦ネタバレ考察|直哉が伏黒を追いかけ秤とバトル?

理由はまだわかりませんが禪院家当主を降ろされた直哉。

今までの呪術廻戦で描かれてきた直哉の性格であれば、納得がいかず再び伏黒を追いかけ殺そうとすることは目に見えてますよね。

伏黒と虎杖は秤を何が何でも連れて来いと言われているので、秤に接触した時に直哉も丁度追いつくのではないでしょうか。

そして不意打ちで攻撃してきた所を、自分が攻撃されたと思った秤がカウンターで術式発動!

直哉と秤のバトルが始まるという訳です。

急に当主を降ろされ不満が溜まってる直哉なら卑怯な不意打ちとか考えてるんじゃないかな~とちょっと楽しみだったりします( *´艸`)

今後も絶対出てきますよね、直哉。

 

【最新148話】呪術廻戦ネタバレ考察|パンダと呪骸が一斉蜂起して上層部を叩く?

大事な存在を失ってしまったパンダと、タケルを含めた沢山の呪骸たち。

夜蛾の弔い合戦と言わんばかりに、一斉蜂起して上層部を叩くのではないでしょうか。

上層部は夜蛾がもし呪骸の造り方を知っていたら監禁、知らなかったら処刑、とどちらにせよ夜蛾を道具の様に扱っていたのは間違いありません。

パンダは楽巌寺には憎しみをぶつけませんでしたが、勝手な決定ばかり押し付ける上層部は絶対に許せないはずですよね。

最初単独で上層部のいる場所(がどこかはまだわかりませんが…)に乗り込もうとするのですが、それをそっとタケル達、呪骸が取り囲むワケです。

「行くんでしょ?僕らも連れてってよ」「ガキはおうちでお留守番してな」みたいなやり取りがあって(妄想)、結局みんなで乗り込もうって事になるんです…きっとそう。

彼らは兄弟みたいなものなので、やっぱり夜蛾への想いは強いんじゃないでしょうか。

一致団結でちょっと上層部をかき乱してくれたら、虎杖達も動きやすくなるのかなーなんて思います。

 

【最新148話】呪術廻戦ネタバレ考察|乙骨が津美紀と交戦?

情報収集の為に単独で先に死滅回游への参戦を選んだ乙骨。

以前の呪術廻戦で乙骨は『津美紀に何かあった時の為に近場のコロニーは避ける』と言っていました。

つまり北の端、もしくは南の端へ向かうでしょう。

しかし津美紀も実は遠くのコロニーに向かっていて、偶然にも鉢合わせるのではないでしょうか。

そして乙骨は津美紀と交戦し手こずるのです。(倒すわけにいかないし…)

結界で電波が絶たれ連絡が取れなくなるかもと言っていたので、誰かに報せる事も出来ずなかなか厳しい状況に追い込まれるのではないでしょうか。

更に強敵も現れたら乙骨でもヤバいかもしれません( ;∀;)

 

【最新148話】呪術廻戦ネタバレ考察|楽巌寺が死滅回游参戦?

上の命令により恐らく仕方なく夜蛾をその手にかけた楽巌寺。

仕方なく、とはいえやはり上層部からの命令には逆らえなかったという事です。

死滅回游の事は上層部も恐らく把握しているでしょう。

呪術に関する日本の有事となれば上層部も何かしら策を講じてくると思います。

そこで楽巌寺に死滅回游参戦を命じるのです。

楽巌寺は夜蛾の処刑に関しては本意ではなかったはずなので(パンダ泣いてるの見ちゃってるし…)、多少なりとも複雑な想いを感じているはず。

もちろん上層部もそんな楽巌寺の心の揺れは想定していると思います。

万が一にも裏切らない様に死滅回游で命かけて戦って来い、なんなら死んで来い、みたいな感じなんじゃないでしょうか…やりそう上層部。





 

【最新148話】呪術廻戦ネタバレ考察|日下部が虎杖の味方になる?

夜蛾と呪骸タケル、そして日下部との繋がりが明らかとなった呪術廻戦前話。

日下部は今度は虎杖の味方になるのではないでしょうか。

以前の呪術廻戦で日下部は『虎杖の死刑には賛成』と言っていました

戦って死にたくない、とまで言っていた日下部は本来『長い物には巻かれろ』といった人物だと思います。

普段なら上の命令や組織の規律なんかはのらりくらりとしながらも、破ったり違反したり目立つような事はしないはずです。

しかし恩のある夜蛾の為に危険を侵してパンダを助けた日下部。

さらに夜蛾が死んだ事を知れば流石に気持ちが変わっていくのではないでしょうか。

上層部に反発する為に虎杖の味方に付く事も十分考えられるでしょう。

術式なしでも一級になれる程の実力を持っているはずなので、味方になってくれたら心強いですよね!

 

呪術廻戦148話ネタバレ確定最新話速報!

次週の少年ジャンプは休刊、さらに次週の呪術廻戦は休載の為、呪術廻戦148話ネタバレ確定速報は発売日(5/17予定)前週の木曜~土曜辺りに入る予定です。

情報は入手次第、随時ネタバレ確定速報を更新します!

日々チェックしてください!

※呪術廻戦【最新148話】発売日の最新情報は週刊少年ジャンプ公式ホームページ、または公式ツイッターにて告知がありますのでそちらをご確認ください。

 

【最新148話】呪術廻戦ネタバレまとめ


『呪術廻戦ネタバレ148話確定&感想!パンダ姉は擬態生物?七海が死滅回游で復活?』と題し、最新話の呪術廻戦148話の内容をご紹介して参りました。

いかがでしたでしょうか?

今後パンダが戦闘の中心になる事があれば、お姉ちゃん核についても明らかになりそうですね。

もしパンダ姉が擬態生物だったら、今までとは一味違う展開が見れるんじゃないかなと期待しています^^

後はやっぱり未だにあれだけ人気の七海が本編にいないのは寂しいので、ぜひ死滅回游で復活して欲しいなと神様(芥見先生)に念を送る筆者でしたw

次の週は呪術廻戦が休載なので再開は5月17日とちょっと間が空いてしまうのが残念です。

でも複雑な死滅回游の情報整理にはもってこいかもしれませんねw

『呪術廻戦ネタバレ148話確定&感想!パンダ姉は擬態生物?七海が死滅回游で復活?』以上ここまでとさせて頂きます。

今後の呪術廻戦確定速報もお楽しみに!