呪術廻戦

呪術廻戦137話最新ネタバレ確定と感想!乙骨が虎杖の処刑人!五条悟が追放される!

呪術廻戦 137話 最新話 ネタバレ 確定 考察 感想
Pocket

呪術廻戦137話のネタバレ確定速報が入りました!

こちらの記事では呪術廻戦137話のネタバレ考察として今後の展開を独自に予想していきます!

読者の期待をいい意味で裏切り続ける呪術廻戦!

呪術廻戦前話でも、獄門疆奪回の希望が膨らむかと思いきや全く逆の展開になってしまいました!

伏線の回収に派手な演出、と呪術廻戦にはこれからも胸躍る展開が待っていそうでファンを飽きさせません!

五条悟・夏油傑・九十九由貴と登場し、特級呪術師も残り1人となりましたが、様々な思惑が渦巻いていてまだまだ一波乱も二波乱もありそうですね!

獄門疆が今後どうなっていくのかも見逃せません!

この記事は「呪術廻戦137話最新ネタバレ確定と感想!乙骨が虎杖の処刑人!五条悟が追放される!」と題しまして、呪術廻戦最新137話のネタバレ確定情報をお届けしていきたいと思います!

これまでの呪術廻戦のネタバレを含んだ内容となりますのでご注意ください。

また、呪術廻戦最新137話のネタバレ確定速報は記事後半に追記してあります!

是非チェックしてみてください!

ところで、最近では漫画村の代替のような無断アップロードしているサイトを多く見かけますが、違法で危険なサイトであるのはご存じですか?

以下に違法サイト名の一覧を載せておきますが、ウイルス感染などの恐れが非常に高いので絶対に利用しないでおきましょう!

もし、呪術廻戦の最新漫画を今すぐ無料で読みたい人は、公式アプリU-NEXTで読むことを強くお勧めします。

呪術廻戦 ネタバレ 速報 確定 最新話

なんと、U-NEXTでは無料お試し期間が31日間とどこよりも長いため呪術廻戦を存分に楽しむことができます。

さらに、無料期間中でも600円分のポイントがもらえますので、最新刊であろうが無料で読むことができ、しかもTVアニメだって見放題!

登録してすぐにポイントがもらえて、さらに漫画の最新刊が無料で読めるサービスはなかなかありません。

安心して無料で漫画が読めるU-NEXTの無料キャンペーンを利用して、あなたもこの良さをぜひ体感してみてくださいね。

呪術廻戦 ネタバレ 速報 確定 最新話

※カンタン登録だから1分ですぐ読める! 

 

呪術廻戦137話ネタバレ最新話考察!


まずは呪術廻戦前話のおさらいから!

理想の世界が呪力の”最適化”だと断言し、千年という月日をかけて準備をしてきた偽夏油こと加茂憲倫の計画がついに完成してしまいました。

その幕開けとして、偽夏油は真人を取り込んで得た力で無為転変を遠隔発動し、恵の姉である伏黒津美紀が呪術師として目を覚まします。

そして手持ちの封印を解く事で大量の呪霊を解放!

脹相の毒によって裏梅の霜凪を破った虎杖達でしたが、おびただしい数の呪霊に囲まれた偽夏油には特級呪術師の九十九由貴ですらうかつに手が出せません。

獄門疆を手にした偽夏油が、呪術全盛の平安の世が始まる、と虎杖の中の宿儺に語り掛ける所で呪術廻戦136話は終了となりました!

呪術廻戦前話で特に気になるポイントは以下の通りです!

  • 呪術廻戦前話の最後で偽夏油は獄門疆を持ったままこちらに背を向けている
  • マーキング済の”2種類”の非術師に無為転変を施した
  • 寝たきりだった伏黒津美紀が呪術師として目を覚ます
  • 特級呪術師の九十九由貴も手が出せない程大量の呪霊が解放

これらを中心に呪術廻戦137話について考察していきたいと思います!

 

【最新137話】呪術廻戦ネタバレ考察|渋谷事変は偽夏油逃亡で終結?


呪術廻戦前話では、偽夏油が獄門疆を虎杖に見せつけながら、「じゃあね」と声をかけこちらに背を向けていました。

つまりこの場所からは立ち去り、渋谷事変はここで終結となると予想します!

理由としては、偽夏油の渋谷での目的は全て達成されたからです。

まずは計画の邪魔になる五条悟を上手く獄門疆に封印できた事。

そして泳がせた真人が虎杖との戦いで呪力の精度を上げ、偽夏油はそれを取り込む事が出来ました。

またそれによって無為転変を遠隔で発動出来るようになり、マーキング済の呪術師を目覚めさせた事に加え、封印していた呪霊を解き放ったのです。

その瞬間に偽夏油の計画は完成となり、渋谷での目的は達成となったと考えます。

以前偽夏油は、獄門疆での五条悟の封印の失敗の際には宿儺を代案とする、というような内容の発言をしていたので、五条悟の抵抗によってはもしかすると渋谷事変は長引いていた可能性があるはずです。

しかし偽夏油が思い描いた通りに五条悟を上手く獄門疆に閉じ込められたので、計画を早く遂行出来たと考えて良いでしょう。

従って渋谷事変は終結、帳は消えて街が解放され、闘いの舞台は別の場所へ移ると予想します!

有利に運ぶかに見えた戦況をひっくり返され、七海を失い、五条悟まで奪われた虎杖達は渋谷事変において敗北。

再び獄門疆と五条悟を奪い返す策を練り直す事となるでしょう。

呪術廻戦137話では悲しみの中で態勢を立て直す展開になるのではと予想します。

 

【最新137話】呪術廻戦ネタバレ考察|底なしの呪力を持った乙骨憂太の登場


呪術廻戦前話では偽夏油が大量の呪霊を解き放ち、為す術なく立ち尽くす虎杖を始めとする高専メンバーが描かれていました。

かなりの数で特級術師の九十九由貴も簡単には手を出せない状況です。

五条悟は封印され七海も死亡、となると呪術廻戦137話でついに最後の特級術師、乙骨憂太の出番が来ると予想します!

獄門疆に五条悟が封印される際、自分が夏油を殺す前に誰がその体をボコボコにしたのかと問いかけ、偽夏油が乙骨憂太の名前を挙げるシーンがありました。

「底なしの呪力」と偽夏油が表現する通り、呪力で偽夏油に対抗できるのは乙骨憂太だけであり、虎杖達も期待を寄せるのではないでしょうか。

五条悟も乙骨憂太であれば偽夏油を打ち倒す事が出来ると考えている節がある為、五条悟が封印され、さらに獄門疆ごと持ち去られたこのタイミングで満を持しての登場となるはずです!

しかし乙骨憂太は0巻で術式を失っている事になっています。

呪力が底なしにあっても術式がないと偽夏油と戦うのは難しいかもしれません。

現在海外に滞在していると伏黒が話していた事があるので、任務を兼ねて実は新しい術式を探していた可能性があるのではないでしょうか。

呪術廻戦137話では新術式を手に入れた乙骨憂太が虎杖達と合流、九十九と共に偽夏油と戦う展開が待っていると考察します!

 

呪術廻戦137話ネタバレ確定速報!


早速!呪術廻戦137話ネタバレ確定速報第一報が入りました!

タイトルは「堅白」

  • 乙骨憂太と「リカ」が登場!
  • 虎杖の処刑人!乙骨が立ち上がる!
  • 五条悟が呪術界から永久追放!
  • 夜蛾・夏油の死罪が確定!

早速見ていきましょう!

 

呪術廻戦137話ネタバレ確定最新速報|乙骨憂太と「リカ」が登場!

呪術廻戦前話では五条悟が封印され、偽夏油が放った呪霊と共に偽夏油の念願であった「呪術全盛の平安期」が始まってしまいました。

渋谷から放たれた大量の呪霊によって東京23区は壊滅状態になってしまいます。

日本の中枢、政府機関も全員安否不明となり、首都は混乱状態に陥るのです。

更に呪霊が大量発生する恐れに、様々な情報が飛び交い完全に首都は機能を停止。

そんな事も気にせず、荒れ果てた銀座のコンビニの店内で女の子が弁当を貪る姿が・・・

入口に佇む怪しい人影がおいでと女の子に声を掛けました。

オウム返しで会話する人影を不審に思いつつ、飲み物を渡す為に駆け寄ろうとすると、待ち構えていた大きな呪霊が女の子を喰らおうとします。

その瞬間に現れた男が一刺しで呪霊を撃破!

現れた男とは、今は海外にいるはずの乙骨憂太でした!

乙骨憂太は助けた女の子に怪我はないか、誰かと一緒なのかと尋ねますが分からないと答えます。

ボロボロに痛んだ靴からこの辺の子ではないと判断し、沢山歩いたかどうか再び尋ねると女の子は黙ってうなずくのでした。

そっか、頑張ったねと乙骨憂太はしゃがみ込んで優しく女の子に声を掛けますが、その一瞬で再び背後からさっきの呪霊が乙骨に襲い掛かります!

と思いきや間髪入れずその呪霊が消失し、響くドチャという重たい水音。

その方向を向いた女の子の目をサッと隠して、見えてるんだっけと呟きます。

そして駄目だよリカちゃん、やりすぎはと女の子に語り掛けるのです!

呪術廻戦137話では0巻でいなくなったはずの「リカ」が登場!

本当にあの「リカ」なのか、呪術廻戦の今後が気になって仕方ありません!

 

呪術廻戦137話ネタバレ確定最新速報|虎杖の処刑人!乙骨が立ち上がる!

呪術廻戦前話では、虎杖の中にいる宿儺を唯一倒せる最強の呪術師である五条悟が獄門疆と共に連れ去られてしまいました。

そして呪術廻戦137話では最後の特級術師、乙骨憂太がついに登場します。

舞台は変わって、薄暗い中にたくさんのろうそくが灯された室内。

六芒星の様に置かれた障子のようなドアに乙骨憂太が囲まれています。

その真ん中に立つ乙骨に、ご苦労と何者かが語り掛け、それに素っ気なく返す乙骨。

これで貴方達の命令に従うことが分かっただろうと言う乙骨を見る限り、無理に呼び出された感じが伝わります。

呪霊をいくら殺してもその証明にはならないと笑うお偉方に、縛りでも何でも結んだらいいとなげやりに答える乙骨。

新しい乙骨憂太の任務はなんと虎杖悠二の処刑!

五条先生の教え子だからというのは関係なく、虎杖は狗巻の腕を落としたから。

虎杖悠二は僕が殺します、と乙骨憂太はハッキリと宣言するのでした。

呪術廻戦137話では虎杖の処刑人、つまり敵として乙骨憂太が登場する事になってしまいました!

今後の呪術廻戦は、そして虎杖はどうなってしまうのでしょうか!

 

呪術廻戦137話ネタバレ確定最新速報|五条悟が呪術界から永久追放!

最強の呪術師、五条悟を取り戻せずに終わった呪術廻戦前話。

それだけではなくとんでもない通達が呪術総監部より出されます。

通達の2つ目には、五条悟が渋谷事変を引き起こした原因、犯人として呪術界から永久追放すると書かれていました!

封印された挙句、呪術界から永久に通報されるとあっては、御三家のパワーバランスも崩れてしまうでしょう。

さらに恐ろしい事には五条悟の封印を解くのも罪となるという事です!

これで虎杖達高専メンバーが表立って救出作戦を行う事が出来なくなってしまいました。

そして通達の中には五条悟によって与えられていた虎杖の死刑執行猶予を取り消し、すぐに死刑にする事が書かれていたのです。

これで虎杖すらまともに動けず、むしろ逃亡しなければならない羽目に。

渋谷事変で仲間を失い、この通達でより苦しい状況に追い込まれた虎杖達。

乙骨も処刑人として立ち上がり、呪術廻戦137話はこれからの希望を完全に打ち砕く展開となりました。

 

呪術廻戦137話ネタバレ確定最新速報|夜蛾・夏油の死罪が確定!

呪術廻戦前話、最後に偽夏油が逃亡する所で終わりましたが、渋谷事変により総監部は「夏油傑が生きている」と事実確認したようです。

夏油の中身は加茂憲倫であるという事実を総監部は把握しているのかどうか。

これにより夏油は再び死刑を宣告される事となりました。

また、なんと呪術高専の学長である夜蛾正道まで通達により死罪が確定!

渋谷事変を起こした夏油傑と五条悟を扇動唆したとして、濡れ衣を着せられる格好となります

五条悟は封印され、それを解く事を禁ずる。

そして虎杖の処刑人として底なしの呪力を持つ乙骨を任命。

さらに虎杖の死刑に反対する、夜蛾正道をも処分。

五条悟の不在を待っていたかのような一方的な通達が上層部から出された事になりますね。

上層部にとって非常に都合の良い状況を作り出した所で呪術廻戦137話は終了となりました。

>>呪術開戦138話ネタバレ考察はコチラ!

 

【最新137話】呪術廻戦ネタバレまとめ


『呪術廻戦137話最新ネタバレ確定と感想!乙骨が虎杖の処刑人!五条悟が追放される!』と題し、最新話の呪術開戦137話のネタバレ確定情報をご紹介して参りました。

いかがでしたでしょうか?

毎回ハラハラドキドキの展開を見せる呪術廻戦ですが、ここへ来てまた大きな山場を迎えているのではないかと思います。

単行本でシリーズ累計2500万部突破しアニメも好調、本誌も益々盛り上がりを見せている呪術廻戦!

正に今の呪術廻戦は飛ぶ鳥を落とす勢いと言って良いでしょう!

これから徐々に呪胎九相図についても明らかになれば、呪術廻戦はさらに大きく話が動く可能性もあります!

五条悟は果たして解放されるのか!虎杖の生死の行方は!夜蛾の今後の動向も注目ですね!

今後の展開も気になって仕方ありません!

『呪術廻戦137話最新ネタバレ確定と感想!乙骨が虎杖の処刑人!五条悟が追放される!』以上ここまでとさせて頂きます。

次回の呪術廻戦もお楽しみに!