ワールドトリガー

ワールドトリガー204話ネタバレ最新考察!選抜一次試験で修が脱落する可能性!

Pocket

2020年12月4日(金)発売のジャンプスクエアで、連載中のワールドトリガーの最新話204話が掲載されます。

ワールドトリガーの前回までのあらすじを簡単に紹介すると

  1. 選抜試験に向けて「一緒に行きたい人アンケート」が行われた。
  2. 試験の内容は「閉鎖環境試験」と「長時間戦闘試験」であると判明。
  3. 試験では部隊員をシャッフルして行うことが判明。
  4. シャッフル部隊の編成は「隊長:1隊員:3オペレーター:1」と判明。

という感じになります!

前回は、最後のコマで忍田本部長が臨時隊長を発表するところで終わりました。

ワールドトリガー204話では、まずこの11人の臨時隊長が発表されるでしょう。

そして早ければ一次試験が開始すると予想します。

12月4日にジャンプスクエアが発売次第、確定最新速報をこちらでネタバレしていきますので楽しみにしていてくださいね!

では今後の展開を「ワールドトリガー204話ネタバレ最新考察!選抜一次試験で修が脱落する可能性!」と題しまして、最新考察をお伝えさせていただきます!

ワールドトリガー204話最新考察!

203話で明かされた遠征選抜の試験の内容!

最後に忍田本部長が言った「11人の臨時隊長」とは一体誰なのでしょうか?

また、近いうちに始まる「一次試験」で脱落する隊員はいるのでしょうか?

他にも、シャッフル部隊になったことで、本来の実力を発揮できなくなる隊員のはいるのか、なども予想して行きます!

というわけでまずは、204話で明かされるであろう「11人の臨時隊長」の考察から始めていきましょう!

 

11人の臨時隊長は誰?玉狛第二からは選ばれる?

次回の最初に必ず11人の臨時隊長が発表されるわけですが、今のところ全く見当がつきません。

ですので今回は「選ばれそうな11人」を個人的に選びました。

隊員とその理由をそれぞれご紹介いたします!

「臨時隊長に選ばれそうな11人」

木虎藍

A級嵐山隊の隊員。戦闘能力は無論高く、状況分析などもかなり冷静である。戦闘中は味方がどんな人間だろうと「戦術」に上手く組み込み利用することができる人物。

東春秋

B級東隊の隊長。「最初のスナイパー」として絶大な信頼を得ており、どんな状況でも臨機応変に対応する。シャッフルにより安定感を失うであろうチームを、確実にまとめられる人材。

空閑遊真

B級玉狛第二(三雲隊)の隊員。A級並の戦闘力を持ち、実戦経験も非常に豊富。サポートに回ることが多く、部隊のエースだが指揮をとるタイプではないので、指揮能力を試される可能性あり。

北添尋

B級影浦隊の隊員。元A級で戦闘力の欠点が少ない安定した隊員。機転が利き、コミュニケーションを取るのも上手いので、隊員同士の繋げ役としての活躍も期待できる。

水上敏志

B級生駒隊の隊員。普段、隊長に代わって戦術を練り、部隊の司令塔となっているのタイプの隊員。指揮を取るのが上手い。その実力はひそかにヒュースにも認められるほど。

堤大地

B級諏訪隊の隊員。20歳で、ボーダー最年長のただの隊員である(他の20歳隊員は隊長格)落ち着いた性格で、日頃からサポートに徹することが多く、年齢の割には指揮経験が少ないと思われる。

熊谷友子

B級那須隊の隊員。普段は隊長のガード役に回ることが多いが、捌き・返しの技術は太刀川にも認められるほど。

笹森日佐人

B級諏訪隊の隊員。大規模侵攻以降、その判断力と冷静さをぐんと伸ばし周囲から驚かれている。このまま勢いをつけて成長する見込みがあり、ここで隊長として能力を試される可能性あり。

村上鋼

B級鈴鳴第一(来馬隊)の隊員。アタッカー4位という実力を持ち、さらに大規模侵攻やガロプラ襲撃の際にも重要な任務についていたことから実戦に強い隊員だと思われる。

照屋文香

B級柿崎隊の隊員。才能に恵まれ、積極的な性格も持っている人物。今までは本来の能力をうまく発揮できていなかったが、最近変化した様子。笹森と同じく、成長を見込んで隊長を任される可能性あり。

漆間恒

B級漆間隊の隊員。本編では現在1コマしか登場しておらず、セリフも無い人物。しかしながら隊員が1人の部隊にも関わらずトリガーセットを全て埋めており、戦闘能力が高いと予想されている。前回が初登場なので隊長という目立つ役割になる可能性あり。

以上が、個人的に選ぶ「11人の臨時隊長」候補です。

今回は、普段隊長を務めている隊員を少なめに選びました。

これは「隊長」を普段していない隊員の「指揮のレベル」を確認するためにという理由があります。

ただ、全部が全部そうすると安定感のかける部隊だらけになってしまいます。

ですので所々に、ぐいっとまとめあげる力のある実力者を混ぜました。

また、ポジションは選考基準にしておりません。

実戦で指揮を取ることになるのは、「絶対アタッカー」や「絶対ガンナー」などと決まっていないからです。

三門市での戦闘は多くの本部隊員の助けがあったり、ベイルアウト機能があったりと心強いです。

けれど遠征先はそういった援助は受けられないので、より一層実力を重視されるでしょう。

このことから、

  1. 実力がある
  2. 普段はサポートに徹しがち

この2つを重視しながら、11人を選びました。

 

シャッフル部隊になって弱くなりそうな隊員は?

個々の戦闘力、コミュニケーション力、顔の広さなどと照らし合わせて、以下の隊員が普段よりやや弱くなるのではないか、と予想します。

その中でも特にこの2人が気になります。

  1. 辻新之介…女性が非常に苦手。女性隊員とのコミュニケーションが難しいと思われる。
  2. 香取葉子…高飛車で気分屋な性格ゆえ、隊員の組み合わせ(主に修)によってはトラブルが起こると予測。

また、例えばスナイパーだけのチームだった荒船隊は一気に役割や戦闘スタイルが変わるので、適応するのが難しそう、という例が挙げられます。

他にも、前回の話を読み終えた読者は、修や千佳の心配をしている方が多いようです。

玉狛第二の隊員は、チームをシャッフルされても平気そうな、

  • 遊真
  • ヒュース

と、チームをシャッフルされると支障が出そうな、

  • 千佳

に別れてしまいそうだと、読者の方々は予想中です。

玉狛第二だけに限らず、エース級の隊員たちは基本どこでもやっていけそうな感じがします。

けれどエース級の隊員は一部で、その他サポートに回る隊員の数がかなり多いのが現状です。

そういった弱くなりがちなところを、菊地原や木虎といったA級隊員が補助するのかなあと思います。

 

一次試験の「閉鎖環境試験」で修が脱落する可能性は?

遠征選抜の一次試験では「閉鎖環境試験」を行います。

予想ではありますが、修や玉狛第二の隊員が脱落する可能性はほぼ無いでしょう。

他の隊員も大丈夫そうですが、1人や2人ぐらいは機械オンチだったり、閉所恐怖症だったりして脱落する隊員もいるかもしれませんね。

ちなみに内容は、

  • 遠征艇の操作を覚える
  • 1週間の期間を、遠征艇内もしくは遠征艇内と似た環境で過ごす

となっています。

 

ワールドトリガー204話ネタバレ最新確定速報!

ワールドトリガー最新204話は12月4日(金)発売のジャンプスクエアにて掲載されます。

最新のネタバレ速報は発売日の当日に追記しますので、もう少しだけお待ちくださいね。

 

ワールドトリガー204話ネタバレまとめ

ワールドトリガー204話の最新考察を「ワールドトリガー204話ネタバレ最新考察!選抜一次試験で修が脱落する可能性!」と題しましてお伝えさせていただきました!

204話で明かされるであろう11人の臨時隊長、楽しみですね!

ここで予想した人物が隊長に選ばれたら驚きです。

11人の候補のうち、1人か2人は当たってほしいところです。

そして、ようやく本編に登場した「漆間隊」も気になりますね!

BBFで原作より先に登場していた漆間隊、この2人の隊員たちの個性が明かされるのが待ち遠しいです!

12月4日発売のジャンプスクエア発売後にワールドトリガー204話を追記していきますのでネタバレ速報をを楽しみに待っていてくださいね!