憂国のモリアーティ

憂国のモリアーティ56話ネタバレ最新考察!アルバートの投書内容とエリザベス女王への条件が明らかに?

憂国のモリアーティ ネタバレ 56話 最新話 確定 考察
Pocket

憂国のモリアーティはジャンプSQ掲載中で、イケメンが多発するダークヒーロー物語です!

2021年3月4日(火)発売のジャンプSQで、連載中の憂国のモリアーティ最新話56話ネタバレ考察をお届けします。

最新56話は、イケメンマンガをこよなく愛する読者様にはついに来てしまった悲しい回となることでしょう。

いつかくるとは思っていましたが、ついに憂国のモリアーティ前話でウィリアムとシャーロックが橋から川に飛び降りてしまいました。

原作では、その後二人の死体は発見されずロンドンに平和がやってきた的な結末です。

恐らく憂国のモリアーティでもそうでしょう。

ウィリアムは積年の苦しみからやっと解放されたんだと花を手向ける気持ちで次回を楽しみに待ってみてはどうでしょうか?

それでは『憂国のモリアーティ56話ネタバレ最新考察!アルバートの投書内容とエリザベス女王への条件が明らかに?』と題しまして憂国のモリアーティ前話を踏まえて最新話ネタバレ確定速報を進めていきたいと思います!

最近では漫画『憂国のモリアーティ』を無断アップロードしているサイトを多く見かけますが、違法で危険なサイトであるのはご存じですか?

以下に違法サイト名の一覧を載せておきますが、ウイルス感染などの恐れが非常に高いので絶対に利用しないでおきましょう!

≫違法サイト一覧

最近では法改正も進んでいますので、今までは大丈夫だった方もヤバいことになりますので注意が必要です。

もし、憂国のモリアーティの漫画を今すぐ読みたい人は、公式アプリU-NEXTで読むことを強くお勧めします。

憂国のモリアーティ 漫画 ネタバレ 最新話

なんと、U-NEXTでは現在31日間の無料お試しキャンペーンを実施中で、憂国のモリアーティの最新刊を無料で読むことができます!

しかも、アニメ見放題(無料)というオマケつき♪

漫画が無料で読めて、アニメまで楽しめるサービスは探してもまずありません。

憂国のモリアーティ 漫画 ネタバレ 最新話

ただ、このU-NEXTのお得な無料キャンペーンはいつ終わってしまうか分かりません。

安心して無料で漫画が読めるU-NEXTの無料キャンペーンが終わってしまう前に、あなたもぜひこの良さを体感してみてくださいね。

憂国のモリアーティ 漫画 ネタバレ 最新話

 

憂国のモリアーティ56話ネタバレ最新考察!

ついに憂国のモリアーティ「最後の事件 第8幕」まで来てしまいましたね。

前話までのおさらい

  • 建設中のタワーブリッジで、ついにウィリアムvsシャーロックの戦いが公衆の面前で始まる
  • ルイスとモランがウィリアムの最期を見届けるために屋根から二人を見守る
  • シャーロックの説得に耳を貸さず、モランに合図を送るウィリアム
  • 崩壊する橋と共に川に落ちていくウィリアムと、その腕を掴むシャーロック
  • シャーロックを生かすために手を放し一人で落ちていくウィリアムを、自ら飛び降りウィリアムを抱きしめて2人共に川に消えたのでした

コナン・ドイルの原作通り、二人は民衆の前で飛び込みロンドンから姿を消しました。

原作ではのちにシャーロックは続編が出るので、しれっと復活してシャーロックは生きていたという話になるのですが、恐らく行方不明のままこの物語は完結。

56話であの事件の夜からの後日談で、憂国のモリアーティ完結といったところでしょうか?

ワトソンが手記のように記録して終わりと予想します。

それでは泣いても笑っても、憂国のモリアーティ56話完結回のつもりでネタバレ予想していきましょう!

 

【第56話】憂国のモリアーティ最新話考察|消えたリアムとシャーロックは死亡?

タワーブリッジの崩壊と共に落ちていくウィリアムを追い、彼の体を抱きしめて共に落ちていくことを選んだシャーロック。

彼が本当に何の算段もなく死を選ぶような無謀なことをするのでしょうか?

シャーロックは我々の想像を超えて頭がいいはずなので、橋の高さと川の深さを瞬時に計算して、落ちても死なないと確信をもって飛んだと思います。

殺人という罪をおかしたウィリアムとシャーロックにとっては、死亡となった方が都合がいいところまで計算ずくかもしれません。

民衆という名の証人の前で飛び込み、死体は上がらず行方不明ともなると、名探偵と犯罪卿の死亡説は世論として広まるのではないでしょうか?

そこまで計算して、シャーロックとウィリアムという人物は戸籍上死亡し、二人は生きていて共に過ごしていると予想します。

シャーロック・ホームズ原作では、滝に飛び降り行方不明で終了です。

何年後かに続編が出版され、生きていたんだねという感じでしたが、飛び降りたその後の詳細は語られていないので、二人のその後は読者の想像に任せるというところでしょう。

 

【第56話】憂国のモリアーティ最新話考察|シャーロックの罪は恩赦される?

シャーロックたちによる橋からの身投げすら計算ずくではないかと予想しています。

少し振り返り、前話でこの犯罪の解決に尽力する代わりに、シャーロックはエリザベス女王に条件を出しているようでした。

それこそまさに二人の刑に対する恩赦ではないでしょうか?

その代わり、

  • 2人を死亡扱いにする
  • モリアーティ家の爵位はく奪

くらいは言われているでしょうね。

要は死んだことにして見逃してくれとお願いしたと思います。

イギリス的には国外に行ってしまえば、無関係です。

ロンドンに平和と景気が戻るのなら安い注文ではないでしょうか?

簡単に二人の捜索は打ち切られ、被疑者死亡で市民の心は落ち着いたと考えます。

 

【第56話】憂国のモリアーティ最新話考察|アルバートは屋敷で焼死した?

憂国のモリアーティ前話で、アルバートはモリアーティ邸に火を点け、ロンドン火災のきっかけの一つとなりました。

それについて、アルバートはウィリアムと共に死ぬことが自分のやるべきことだと言って火をつけましたね。

アルバートはこのまま死んだのではないかと予想します。

コナン・ドイルの原作に立ち返って見ましょう。

モリアーティ教授の兄弟というジェームス・モリアーティ大佐から、モリアーティ教授の名誉を回復しようとした投書があったことから最後の事件は語られます。

憂国のモリアーティ作中ではアルバートはイギリスの諜報機関「MI:6」の指揮官。

絶対に国を裏切る行為を行ってはいけないポジションで、犯罪卿を出してしまったことは、生きていても反逆罪は免れません。

火を点けたその前に、すでにその投書を送っていたのではないでしょうか?

その内容は、ウィリアムの思想と自分の思い。

もしかすると、自分がウィリアムの頭脳に目を付けて彼をそそのかし、実行犯にしてしまっただけで、主犯は自分であるという内容にしているかもしれません。

自分の死を持って、国を裏切った罪を償う、という内容と予想します。

ウィリアムの名誉を回復させて、ロンドン市民にウィリアムが何を望み何を夢見たかという思いを伝えることが、最後にアルバートが決めた彼のやるべきことではないでしょうか?

 

【第56話】憂国のモリアーティ最新話考察|ルイスがロンドンの未来を見届ける方法とは?

共に兄と死ぬことを最後に許してもらえなかったルイスは、最後の事件の結末とその後をしっかりと見届ける決心をしました。

本当は兄のいない人生など考えられない超ブラコンのルイスは、共に死ぬことを懇願していたのですが、兄の願いは生きてほしいということだったのです。

好きな人の願いなら聞くしかないですね。

この感じだと、彼は兄ウィリアムが成し遂げたことの行く末を見守るためにロンドンに残ると予想します。

しかも、階級制度撤廃に尽力できるように、素性を完全に隠して政治家を目指すのではないでしょうか?

兄の事件がただの火災と殺人事件として終ることのないよう、ロンドン市民たちの心に火が灯っているうちに差別のない世界を作ろうとしたと思います。

しかし、原作ではモリアーティ教授の弟はイングランド西部で駅長をしているとか。

ロンドンから離れ、彼もそこそこの頭脳を持ちながら隠居してしまうかも?

ウィリアムのことが好きすぎて、彼のいないロンドンにはもう居られないと傷心してしまうことも考えられます。

願わくば、ウィリアムの思いをちゃんと引きついでほしいですね!

 

【第56話】憂国のモリアーティ最新話考察|モランは軍人に戻る?

狙撃の名手であるモランについては、コナン・ドイルの原作でも彼のその後は語られていません。

もともとアフガンから帰還後退役してギャンブルのイカサマで生活していたところ、モリアーティに拾われました。

シャーロックに対して、最後まで恨みを持ちながら殺すチャンスをうかがっているという設定。

憂国のモリアーティのモランは、シャーロックに対して恨みどころか何の執着も無さそうです。

ウィリアムに対して忠誠心は大きく、彼が自分の命を賭けて世界を変えようとしているところに大きく共感しています。

敬愛するウィリアムを失った今、彼はまた自分の命を賭けて何かを成し遂げるために戦場に戻るのではないでしょうか?

モラン自身は戦死したことになっているので、今までの経歴は無くなるでしょう。

実力主義の傭兵になるか、または単独で動ける暗殺者になるかもしれません。

どちらにしろ、彼は自らの手で人を殺す手法で世界を変えることを続けると予想します。

 

【第56話】憂国のモリアーティ最新話考察|アイリーンはMI6入りし本格的007に?

死亡すると予想しているアルバートの置き土産として、アイリーンはジェームス・ボンドのままMI:6に本格的に所属。

のちの007として世界の裏側で活躍するのではないでしょうか?

007は裏の人間のわりに有名過ぎますが、あの美貌と頭脳なので仕方ありません。

そして、ウィリアム兄弟に対する忠誠と敬意を持って、生涯「ジェームス」の呼び名を捨てなかったとしたら、カッコいいですね。

または、モランに付いていき、生涯モランと共に過ごした説もありそうです。

この場合、婚姻関係よりも、世界の裏側の仕事を担う会社を立ち上げ、よきビジネスパートナーの方が合いそうです。

 

【第56話】憂国のモリアーティ最新話考察|憂国のモリアーティ完結シーンはにおわせ?

恐らく最終話は、ワトソンの手記のような語られ方で終わると思います。

ロンドンのその後と、彼らに関わったその後をそれぞれ書き綴り、親友シャーロックのことを一生忘れない的な結びで終わると予想します。

そのワトソンの声の中で、ロンドンのオープンカフェでお茶を楽しみながら議論を交わす声と、2つのティーカップくらいのシーンで終わるのではないでしょうか?

ウィリアムとシャーロックは生きていた?という匂わせで完結すると思います。

残されたワトソンがその後どう一人で生きるのかは気になりますが、シャーロックよりは常識人だと思うので、医者に戻るでしょう。

モリアーティ兄弟や彼らの思いが少しでも届くなら、エリザベス女王が階級制度に対して、何か改革を進める宣言をしてくれることを願います。

 

憂国のモリアーティ56話ネタバレ最新確定速報!

憂国のモリアーティ56話のネタバレ確定情報が入り次第、こちらでお届けしていきますので、随時こちらのサイトをチェックしてください!

それでは56話最新確定速報を楽しみにお待ちください!

 

憂国のモリアーティ56話ネタバレまとめ

『憂国のモリアーティ56話ネタバレ最新考察!アルバートの投書内容とエリザベス女王への条件が明らかに?』題してお届けしてきました。

原作と同じく、ウィリアムとシャーロックは河に飛び込み消えてしまいました。

ついにこの時が来てしまいましたね。

きっと56話が最終回となるでしょう。

モリアーティの思いは、イギリスに届くのでしょうか?

ロンドンの階級制度が少しでも改善され、それぞれのキャラがそれぞれの未来を目指す平和な結末を期待します。

原作のモリアーティは青白い爬虫類のような男と表現されていましたが、イケメン3兄弟にしてくれたことだけは、作者様に感謝いたします!

最後の事件結末がとても楽しみですね!

※憂国のモリアーティ最新話のネタバレ確定速報は分かり次第更新していきます。

憂国のモリアーティ56話の発売が待ち遠しい!

『憂国のモリアーティ56話ネタバレ最新考察!アルバートの投書内容とエリザベス女王への条件が明らかに?』はここまで!