呪術廻戦

呪術廻戦136話ネタバレ確定と感想!津美紀の目覚め!偽夏油の望む世界は呪力の最適化!

呪術廻戦 136話 最新話 ネタバレ 確定 考察 感想
Pocket

『呪術廻戦136話ネタバレ確定と感想!津美紀の目覚め!偽夏油の望む世界は呪力の最適化!』

呪術廻戦136話ネタバレ確定第一報がでました!

呪術廻戦136話のネタバレ確定速報が分かり次第どんどんお伝えしていきます!

前話の呪術廻戦はかなり良いところで終わりましたね!

虎杖たちは思いがけず脹相という味方を得て、全員で総攻撃を仕掛けるも裏梅の氷凝呪法で返り討ちにされます。

ほとんどが氷漬けにされ、唯一動ける脹相・虎杖・西宮までも追い詰められますが、そこに九十九由貴が登場!

果たして特級術師の登場で風向きが変わるのか!?

この記事は呪術廻戦136話ネタバレ確定と感想!津美紀の目覚め!偽夏油の望む世界は呪力の最適化!と題しまして、呪術廻戦最新136話のネタバレ確定速報をお届けしていきたいと思います!

これまでの呪術廻戦のネタバレを含んだ内容となりますのでご注意ください。

また、呪術廻戦最新136話のネタバレ確定速報は記事後半に詳しくご紹介しています!

是非チェックしてみてください!

ところで、最近では漫画村の代替のような無断アップロードしているサイトを多く見かけますが、違法で危険なサイトであるのはご存じですか?

以下に違法サイト名の一覧を載せておきますが、ウイルス感染などの恐れが非常に高いので絶対に利用しないでおきましょう!

もし、呪術廻戦の最新漫画を今すぐ無料で読みたい人は、公式アプリU-NEXTで読むことを強くお勧めします。

呪術廻戦 ネタバレ 速報 確定 最新話なんと、U-NEXTでは無料お試し期間が31日間とどこよりも長いため呪術廻戦を存分に楽しむことができます。

さらに、無料期間中でも600円分のポイントがもらえますので、最新刊であろうが無料で読むことができ、しかもTVアニメだって見放題!

登録してすぐにポイントがもらえて、さらに漫画の最新刊が無料で読めるサービスはなかなかありません。

安心して無料で漫画が読めるU-NEXTの無料キャンペーンを利用して、あなたもこの良さをぜひ体感してみてくださいね。

呪術廻戦 ネタバレ 速報 確定 最新話

※カンタン登録だから1分ですぐ読める!

  

呪術廻戦136話ネタバレ最新話考察!

まずは呪術廻戦前話のおさらいから!

脹相は術式の影響によって、弟たちに異変があると分かるそうです。

虎杖を自ら殺そうとした時、その能力で異変を感じ取り、虎杖が弟だと確信した模様!

すっかりお兄ちゃんスイッチが入り、命を賭けて虎杖を守ろうとします。

虎杖たちは脹相の変化に戸惑いながらも、これをチャンスと見て総攻撃に切り替えました!

しかし裏梅の氷凝呪法霜凪によって一纏めに反撃されてしまいます。

下半身を氷付けにされ動けなくなった脹相を虎杖が助け、動けるのは空中にいた西宮を含めて3人だけ。

裏梅は3人に反撃の暇を与えずに攻撃を畳み掛け、直瀑という術で氷に閉じ込めて潰そうとしました。

次の瞬間、氷が一瞬で切り裂かれ、3人は危機を脱します!

虎杖たちを救ったのは特級術師九十九由貴

加茂憲倫が九十九の名前を呼びながら憎々しげに九十九を睨むところで呪術廻戦前話が終了。

呪術廻戦前話の中で特に気になるポイントは以下の通りです!

  • 歌姫が何か秘策を準備している
  • 加茂憲倫は伝令役のために術師を全滅させる気はない
  • 裏梅の攻撃は虎杖に効果が薄い

これらを中心に呪術廻戦136話について考察していきたいと思います!

 

【最新136話】呪術廻戦ネタバレ考察|裏梅の術式を攻略!

呪術廻戦前話で判明した裏梅の術式は氷凝呪法

氷の術式は呪術廻戦中でも初めてです。

彼女の術を見た加茂が驚いていましたね。

この術式は広範囲に一度に攻撃ができ、脹相を狙うときは個人に鋭く狙いを定めていました。

非常に多様な使い方ができる術式のようです。

氷に対抗できそうな術式は誰も持っていませんが、空中を移動する西宮、そして宿難を内に宿す虎杖は比較的有利な模様。

また、九十九が虎杖たちを救うシーンを見てみると、物理攻撃も通るようです。

今揃っているメンバーは斬撃、打撃を使えるキャラが多いので、霜凪さえ避けられれば対処ができると思います。

逆に加茂脹相赤血操術は、血液が変質すると扱えなくなるという欠点があります。

凍ると術式を封じられる恐れがあるので二人には不利かもしれません。

よって、加茂・脹相は裏梅の術が届かない遠距離から、他メンバーは近接で攻撃。

霜凪二宮・虎杖で対処すれば攻略できると思われます!

呪術廻戦最新136話では呪術師たちのチームワークが楽しみですね!

 

呪術廻戦136話ネタバレ確定速報!


呪術廻戦136話のネタバレ確定情報が入りました!

タイトルは「渋谷事変53」

  • 偽夏油の理想世界は混沌!
  • 脹相の毒に裏梅が倒れる!
  • 伏黒津美紀の目覚め!
  • 偽夏油が放つ千の虎杖!

早速見ていきましょう!

 

呪術廻戦136話ネタバレ確定最新速報|偽夏油の理想世界は混沌!

呪術開戦前話では偽夏油こと加茂憲倫と九十九由貴が対峙する所で終わりましたね。

そして呪術廻戦136話では九十九はラルゥが動く時間を稼ぐ為、偽夏油に語り掛ける所から始まります。

人類の未来は呪力からの”脱却”であると。

畳みかける様にそれを否定する偽夏油。

それは呪力の”最適化”だと断言するのです。

偽夏油は禪院甚爾が12年前に死んだ時にそのプランは捨てたと思っていた、と不敵に微笑みます。

九十九は初心に還ったと意に介せず、最適化には大きな穴があると指摘しました。

天元の結界の利用が必要不可欠であるはずの最適化プランでは、術師と成り得るのは日本の人間限定で、呪力というエネルギーをほぼ日本が独占してしまうという事。

それでは世界が黙っていない、生身の人間がエネルギー源なんだからどんな不幸が生まれるかは想像に易いだろう、と。

そんな世界は描く理想とはかけ離れているのだと、九十九は言います。

九十九の指摘を、偽夏油はそもそも目的が違う、呪霊のいない世界も平和も望んでないと笑い飛ばすのでした。

「非術師」「術師」「呪霊」は”人間”という”呪力”の形の可能性であると言い切り、まだまだこんなものではないはずだ、と意味ありげに己の手を見つめる偽夏油。

独り言の様に、自ら生み出そうとしたが自分の可能性の域を出ない、答えはいつも混沌の中にあると呟くのです。

裏梅の氷凝呪法、霜凪によって身動きの取れない虎杖達は黙って聞くしか術はありません。

おもむろに右手を広げ、術式の抽出は済ませてあると述べる偽夏油。

そこでハッと何かに気付く九十九由貴は、虎杖に向かって叫びます。

魂に干渉できる術式を持った真人という呪霊がいるだろうと。

さっき偽夏油が取り込んだと虎杖が答えると、マジか!!と焦る九十九。

その時、偽夏油が無為転変を発動!

右手をかざした地面から紋様が広がり、空に映し出されます。

天元の結界にも見えたそれは、なんと術式の遠隔発動!

虎杖との戦いで術式の精度が上がった真人を取り込んだ偽夏油。

術式を遠隔発動出来るほどの力を持っていました。

虎杖は不本意な形で偽夏油に力を与えてしまったのです。

呪術開戦136話ではそれまで命を懸けて積み上げてきたものが、簡単にひっくり返されてしまうという胸が痛い展開になってしまいました。

 

呪術廻戦136話ネタバレ確定最新速報|伏黒津美紀の目覚め!

呪術開戦前話では余裕すら滲ませていた九十九由貴。

何をした、と偽夏油こと加茂憲倫を睨み付けます。

マーキング済の2種類の非術師に遠隔で無為転変を施したと淡々と語る偽夏油

その時、病院のベッドで横たわる伏黒津美紀の額に偽夏油が発動した術式の紋様が浮かび上がります。

薄暗い病室で、ゆっくりと瞼を開く津美紀。

偽夏油は、虎杖悠二の様に呪物を取り込ませた者、吉野順平の様に術式は持っているが脳の構造が非術師の者、それぞれを無為転変で術師の形に整えたと説明します。

それによって虎杖は器としての強度、吉野は術式を発揮する仕様を手に入れたのです。

そして、と固く結ばれた紐状の『何か』を、両手で勢いよく解きます。

バキッ、とおよそ紐には似つかわしくないソリッドな音を立てるその『何か』。

それは呪物達を閉じ込めた封印だったのです。

たった今、虎杖達の目の前でその封印を解いたのでした。

解いた紐状の封印を乱暴に投げ捨て、鋭い目でこちらを見つめながら、偽夏油は今後の展望を語ります。

自分の厳選した子や呪物達。

彼らにこれから呪力への理解を深める為に殺し合いをしてもらうというのです。

千人の虎杖悠二が悪意を持って放たれたとでも思ってくれと、恐ろしい事をさらっと言う偽夏油。

しかし人間の理性をナメすぎだと反論する九十九由貴。

力を与えただけで人々が殺し合いを始めるとでも思うのかと吐き捨てます。

それを聞いた偽夏油は、物事には順序があるといなします。

むしろその程度の仕込みを怠る訳がない、質問が軽くなってきていると嘲笑するのです。

張り付いた笑顔で固まる九十九。

ムカつくから皆で偽夏油をボコろうと虎杖を振り返ります。

今は動けないと困惑する虎杖。

シリアスな展開の呪術廻戦136話ですが、こうしたギャグが入るのもメリハリがあって読ませますね。

 

呪術廻戦136話ネタバレ確定最新速報|脹相の毒に裏梅が倒れる

呪術開戦前話では誰もが全く歯が立たなかった裏梅の霜凪。

突然、虎杖を覆っていた氷がバシャッと解け、その他の仲間を拘束していた氷も大きな音を立てて砕け散ります。

と同時に膝から崩れ落ち、ハァハァと肩で息をする裏梅。

横に佇む偽夏油にどうしたと問いかけられ、裏梅は戸惑いつつ思考を巡らせます。

反転術式で肉体を再生させたはずと動揺する裏梅が思い至った結論、それは…脹相の毒!

穿血で混じった脹相の血液が、裏梅の体をじわじわと侵していたのです。

その間によろよろと力なく体を起こす西宮。

真衣の援護がない事で、あっちにも仲間がいるかもしれないと心配します。

葵と銃の子、スーツの子は場違いだから私の仲間が保護していると答える九十九。

裏梅の霜凪が解かれた高専の仲間達も動き始めます。

溜息を吐きながら、まだ話の途中だと呆れる偽夏油。

裏梅が倒れ、拘束した者たちが解放されても動じる気配はありません。

呪術開戦136話では、不利になったかに見える状況にも屈しない偽夏油の圧倒的な精神の強さを見せつけられます。

 

呪術廻戦136話ネタバレ確定最新速報|偽夏油が放つ千の虎杖!

呪術開戦前話では九十九登場の際にだけ感情を見せたように思えた偽夏油ですが、今回は終始落ち着いた語り口です。

配った呪物は千年前からコツコツ契約した術師たちの成れの果てであると、遥か昔から準備を進めてきた偽夏油は、滔々と語ります。

契約を交わしたのは術師だけではない、と。

まさかと九十九由貴は叫ぶのです。

その瞬間、これがこれからの世界だとがなり立てる偽夏油。

目を見開き不気味に笑う偽夏油の足元から、おびただしい数の呪霊が飛び出します

千人の虎杖とは、このおぞましい呪霊の数々なのでしょうか。

溢れ出た呪霊は、虎杖と高専メンバーの前に立ちはだかります。

じゃあね、と獄門疆を見せびらかすように虎杖の目の前に取り出し、呪霊の群れに囲まれる偽夏油。

虎杖の悲痛な呼びかけも、封印された五条悟には届きません。

逆に、偽夏油が虎杖の中の宿儺に向かって呼びかけるのです。

再び呪術全盛の平安の世が始まる、と。

真っ暗なコマに響く偽夏油の声。

ここで、呪術開戦136話は終了します!

希望が見えたかに思えた呪術開戦前話でしたが、ここへ来て一気に息の詰まる展開となりました!

また来週が待ち遠しいです!

 

【最新136話】呪術廻戦ネタバレまとめ


呪術廻戦136話ネタバレ確定と感想!津美紀の目覚めと偽夏油の望む世界は呪力の最適化!』と題し、最新話の呪術開戦136話の内容をご紹介して参りました。

いかがでしたでしょうか。

九十九の登場と、裏梅が毒に倒れた事で見えた獄門疆奪回の希望が一瞬にして打ち砕かれてしまいました。

目覚めた伏黒津美紀はどう動くのか。

変わり果てた姉を見た伏黒は、一体どういう行動を取るのか。

一気に不利になってしまった虎杖達は、この状況をどう乗り切っていくのでしょう。

獄門疆に封印された五条悟の状態も気がかりですね。

今後の展開も気になって仕方ありません!

『呪術廻戦136話ネタバレ確定と感想!津美紀の目覚めと偽夏油の望む世界は呪力の最適化!』以上ここまでとさせて頂きます。

次回の呪術廻戦もお楽しみに!