呪術廻戦

呪術廻戦128話ネタバレ確定最新速報!東堂の不義遊戯が真人を翻弄?

Pocket

前回の呪術廻戦は東堂の熱い激励で立ち直った虎杖が再び真人に立ち向かうところで終わりました!

新田に連れられて釘崎は撤退。

呼吸も脈も止まっているものの、生き残る可能性はゼロではないとのこと。

どうやって?!という気はしますがここまで言ってやっぱりダメでしたという展開は恐らく無いはず…

虎杖も新田の言葉で希望を取り戻し、ひとまず一安心と言ったところでしょうか。

そこで今回は『呪術廻戦128話ネタバレ最新考察!東堂の不義遊戯が真人を翻弄?!宿敵真人を倒せるか考察!』と題して、ネタバレ最新考察をお届けしていきます!

ところで、最近では漫画を無断アップロードしているサイトを多く見かけますが、違法で危険なサイトであるのはご存じですか?

以下に違法サイト名の一覧を載せておきますが、ウイルス感染などの恐れが非常に高いので絶対に利用しないでおきましょう!

≫違法サイト一覧

もし、呪術廻戦の最新漫画を今すぐ無料で読みたい人は、公式アプリU-NEXTで読むことを強くお勧めします。

呪術廻戦 ネタバレ 速報 確定 最新話なんと、U-NEXTでは無料お試し期間が31日間とどこよりも長いため呪術廻戦を存分に楽しむことができます。

さらに、無料期間中でも600円分のポイントがもらえますので、最新刊であろうが無料で読むことができ、しかもTVアニメだって見放題!

登録してすぐにポイントがもらえて、さらに漫画の最新刊が無料で読めるサービスはなかなかありません。

安心して無料で漫画が読めるU-NEXTの無料キャンペーンを利用して、あなたもこの良さをぜひ体感してみてくださいね。

呪術廻戦 ネタバレ 速報 確定 最新話

※カンタン登録だから1分ですぐ読める!

 

呪術廻戦128話ネタバレ最新話考察!

まずは127話のおさらいから。

宿難の大量虐殺、七海の死、釘崎の敗北、度重なる悲劇に虎杖の心はポッキリと折れてしまいます。

東堂に呼びかけられても立ち上がることはできず、もう戦えないと言ってうずくまる虎杖。

そんな虎杖に東堂が力強く語りかけます。

俺達は全員で呪術師なんだ、俺達が生きている限り死んでいった仲間達が真に敗北することはない、と。

死んでいった仲間達に託されたものが何か、それが分かるまで立ち止まってはいけないと言われて虎杖は自分を取り戻しました。

更に京都高専1年の新田の術式でこれまでの傷のダメージが止まってくれるようです。

傷を癒やす力は無いものの、出血を止めて痛みも和らげてくれます。

同じ術を施した釘崎も、瀕死ではあるものの助かる可能性はゼロではないとのこと。

新田は僅かな望みに賭け、釘崎を連れて撤退。

東道と真人の戦いに虎杖が参戦し、さっそく不義遊戯で真人の隙を突いて虎杖が黒閃を叩き込みます。

虎杖に東堂がおかえりと声をかけ、おう!と返した所で127話が終わりました。

さすがブラザー東堂、一発で虎杖を絶望の淵から連れ戻してくれました。

あそこまでひどい有様ではもっと何かきっかけがなければ復活は難しいかと思っていましたが、さすが頼りになる男!

釘崎もかなり生存ルートが濃厚になってきましたね!

この所鬱展開が続いてきましたから、この辺りでスカッとする反撃の流れを見てみたいところです!

東堂と虎杖はどんな戦いぶりを見せてくれるのか!京都高専から他に助っ人は来ているのか?他の人たちは今どうなってるの?真人との決着は渋谷編でつくのでしょうか?考えていきたいと思います!

 

【最新128話】呪術廻戦ネタバレ考察|東道と虎杖の共闘!

東堂の術式不義遊戯は、シンプルでありながら非常に応用の効く強力な技です。

呪力のこもったものなら手を叩くだけで人でも物でも自由に入れ替えることが出来ます。

127話では真人も仕組みが分かっていても体がついて行けないようでした。

しかし次こそ対処してやると面白がっていましたね。

一対一だと入れ替える対象が限られるのである程度予測が出来ますが、虎杖が入ることで一気に入れ替えの組み合わせが増えます。

二対一というだけでも東堂の術式がより活きてきます。

併せて虎杖との息が合うかどうかも重要です。

二人は共闘はこれが初めてですが、交流戦で拳を交えたことで、お互いの戦闘スタイルはよく分かっています。

虎杖は東堂との戦闘の中でアドバイスをもらい、「黒閃」を手に入れるという経緯もありました。

東堂は虎杖をブラザーと呼んでいますが、師弟のような関係でもあります。

二人の関係はかなり良好であり、加えて二人ともフィジカルに恵まれた近接型の戦闘スタイル。

これは上手く嵌まれば真人を翻弄して一気に形勢を逆転できそうな気がします。

 

【最新128話】呪術廻戦ネタバレ考察|京都高専の助っ人は他にも?

まず今回東堂が現れたのは偶然東京に来ていたのか、増援要請を受けて駆けつけたのか。

これは増援要請で間違いないと思います。

救護に特化した1年新田を連れて来ていたことから、異常事態に対応するために動いていることが分かります。

駆けつけた時間からも渋谷事変の開始から京都を出発して東京に着くちょうどギリギリの時間帯でした。

ということは、他のメンバーも東京に着いている可能性が高くなります。

ただ、東堂は学生最強の呪術師。

彼が来ている虎杖の所にはこれ以上の増援というのは考えにくいでしょう。

ということは他の現場に当たっているということになります。

虎杖が持ち直したこのタイミングで他の出来事に視点が移るかもしれません。

 

【最新128話】呪術廻戦ネタバレ考察|他のひとたちは今どうなってるの?

しばらく描かれていない日下部・パンダは漏瑚の「隕」に巻き込まれ現在安否不明です。

夏油一派の秘書火傷の男と交戦中でしたが、この男も同じく巻き込まれてしまいました。

また渋谷駅近くの線路では冥冥と偽夏油が会敵した状態でした。

ここもしばらく話が進んでいません。

他の現場は大体決着が着いていますので、京都高専の助っ人が入るとすればこの2箇所でしょう。

128話から場面を移して虎杖・東堂VS真人と同時並行で描いていくかもしれません。

 

【最新128話】呪術廻戦ネタバレ考察|真人との決着はつくのか?

東堂との共闘で勝率はかなり上がると思います。

ただ、新田の処置を受けたとはいえ虎杖はかなり重症です。

傷がなかったことになるわけではありませんので、新たに受けるダメージは極力抑えなければなりません。

東堂の能力が最も有効に作用するのも最初だと思うので、この戦闘は短期決戦に持ち込めれば虎杖たちの勝利となるのではないでしょうか。

個人的には追い詰められた時真人があっさりと逃亡を図ることを心配していましたが、東堂の能力があればこれは簡単に防げそうですね。

よって、真人との決着はこの渋谷事変でつくと予想します!

 

呪術廻戦 128話ネタバレ確定最新速報!

10月30日現在、ネタバレ情報が届きましたので、確定速報をお送りします。

  • 京都高専の仲間がぞくぞく東京に!
  • 釘崎が残した爪痕
  • 虎杖&東堂VS真人最後の呪い合い?!

 

呪術廻戦 128話ネタバレ確定最新速報|京都高専の仲間がぞくぞく到着!

やはり東堂だけではなかった!

京都勢も東京に向かう新幹線の中にいました。

そのメンバーは歌姫先生、加茂、西宮、三輪、真依の5名です。

三輪はミニメカ丸を手に包むように持ち、最期の言葉を聞きます。

メカ丸によって生き残る可能性の高い東堂と新田だけが東京に送り込まれていました。

三輪たちは渋谷事変に巻き込まれないよう別の任務についており、そのことを三輪は自分が役立たずだからかと尋ねました。

それに対して弱いのは俺だと答えるメカ丸。

大好きな人がいたんダ

どんな世界になろうと俺が側で守ればいいと思っていタ

その人が守られたいのハ 俺じゃなかったかもしれないのニ

メカ丸は最期に三輪の幸せを祈りました。

三輪は悲痛な叫び声を上げながら、涙を流してメカ丸を胸に抱き締めます。

 

呪術廻戦 128話ネタバレ確定最新速報|釘崎が残した傷痕

場面は戻って虎杖たちの戦いです。

真人の魂は残り4割程になっていました。

釘崎の共鳴りは相当ダメージを与えていたようです。

真人は雑魚のくせに爪痕はしっかり残しやがってと忌々しげに釘崎のことを思い返します。

真人は釘崎を天敵と呼んでいましたが、それも納得です。

まさかあの1撃で半分以上も魂を削っていたとは…。

しかし虎杖の魂も真人の攻撃で残りは1割程度。

まだ万全の東堂がいるとはいえ、戦況は依然として厳しい状態です。

 

呪術廻戦 128話ネタバレ確定最新速報|虎杖&東堂VS真人最後の呪い合い?!

激しい戦いが繰り広げられます。

まず真人が狙ったの東堂です。

しかし東堂はそれほど容易い相手ではありません。

攻撃を避けて改造人間と入れ替わり、真人の後ろを取ります。

そして蹴りで真人に強烈な黒閃が入りますが、魂に届かない東堂の攻撃は真人には無意味です。

東堂は自分の力が及ばないことに気付き、それでいいのかと自問しました。

そして東堂が覚醒します。

この文字通り魂を削り合う激しい攻防は虎杖、東堂、真人3者の潜在能力を120%引き出しました。

真人が「他重魂 撥体」で東堂の入れ替えを殺す全方位攻撃を繰り出します。

完全に気が高ぶった様子の真人は虎杖に投げかけます。

アゲてけよ虎杖!!!

俺とオマエ!!最後の呪い合いだ!!

真人は勝敗がどうあれこれを最後の戦いと決めたようです。

ここで128話終了です。

ネタバレ情報はまた入り次第どんどんこちらに追記していきますね!

楽しみにお待ちください!

≫呪術廻戦129話ネタバレ

 

【最新128話】呪術廻戦ネタバレまとめ

東堂と虎杖が力を合わせて真人に立ち向かう戦いが始まります。

東堂と虎杖は戦闘スタイルが似たタイプです。

二人は親友であり師弟のような間柄あり、かなり良好な関係を築いています。

息の合った共闘で真人を追い詰めてくれそうです。

東堂と新田は渋谷に帳が降りてから増援要請を受けて駆けつけたと考えられます。

二人以外にも京都高専の呪術師たちが集まっているのかもしれません。

しかし学生最強の呪術師東堂が虎杖のもとにいるということは、ここにさらなる助っ人が現れる展開はまず無いでしょう。

よって日下部・パンダ、冥冥のもとに他のメンバーが参戦するとになりそうです。

日下部・パンダは夏油一派の火傷の男と交戦中、漏瑚の「隕」に巻き込まれています。

火傷の男共々、現在安否不明の状態です。

冥冥は偽夏油と会敵した所で止まっています。

恐らく現在は戦闘中でしょう。

虎杖のところでは一応一区切りついた状態です。

よって128話では、虎杖たちの戦いと他の現場とを、同時並行的に描きながら物語が進むのではないでしょうか。

そんな虎杖の戦いに勝機があるのかと言うと、かなり勝率は高いと思われます。

ただし、虎杖のダメージや東堂の能力による有利性を考えると短期決戦で真人を追い詰めることが重要です。

東堂の能力があれば真人の逃亡は十中八九防げると思いますので、あと一歩の所で取り逃して更に強力になって帰ってくるというストーリーも無いと思います。

恐らく今回の渋谷事変の間で決着が着く!と予想します。

というより何としてもつけていただきたい!

ここまで散々虎杖を傷つけて追い詰めた真人には、虎杖のきつい一撃でとどめを刺してもらいたい!

と、祈るような気持ちで128話を待っております…。

やっと希望が見えてきた呪術廻戦128話!虎杖と東堂の怒涛の反撃は見れるのか?!ついに真人との決着がつくのか!

楽しみに待ちましょう!